339件中 121 - 130件表示
  • 松井昭憲

    松井昭憲から見た小林旭小林旭

    毎日放送のアナウンサー時代から、ニュース以外の番組へ出演する場合には、先輩の角と同じく大阪弁主体のトークを展開。また、十八番である長嶋茂雄や小林旭の声真似を、折に触れて披露していた。松井昭憲 フレッシュアイペディアより)

  • 真咲乱

    真咲乱から見た小林旭小林旭

    なお、”AVブーム”に圧倒されて売上が激減した日活ロマンポルノは、1985年からAVに対抗して、”自社の女優たち(の一部)に本番セックスをさせて”映画撮影を行ったが、1988年、ついに力尽きてピンク映画の制作を終了した。ここにかつて岡田嘉子・大河内傳次郎・坂東妻三郎・片岡千恵蔵・嵐寛寿郎・月岡夢路・三國連太郎・森繁久彌・三橋達也・南田洋子・小林桂樹・北原三枝・芦川いずみ・新珠三千代・宍戸錠・長門裕之・石原裕次郎・小林旭・浅丘ルリ子・赤木圭一郎・二谷英明・岡田真澄・和田浩二・吉永小百合ら数々の大スターを輩出した名門映画会社・日活は事実上倒産した。真咲乱 フレッシュアイペディアより)

  • やくざ絶唱

    やくざ絶唱から見た小林旭小林旭

    脚本:中西隆三 / 監督:小沢啓一 / 主演:小林旭 / 日活作品(ダイニチ映配配給)やくざ絶唱 フレッシュアイペディアより)

  • ぶるうたす

    ぶるうたすから見た小林旭小林旭

    「筋肉漫談」だけでなく、「ものまね芸」も行い、レパートリーは「森進一」「前川清」「小林旭」など、営業の舞台で培ったオーソドックスな人物が得意である。ぶるうたす フレッシュアイペディアより)

  • 叶弦大

    叶弦大から見た小林旭小林旭

    小林旭「自動車ショー歌」「昔の名前で出ています」「北へ」「仙台発かなしみ行・東京わくらば通り・終着駅のない女」叶弦大 フレッシュアイペディアより)

  • ジオブリーダーズ

    ジオブリーダーズから見た小林旭小林旭

    別名「紅の流れ星」。赤木圭一郎、小林旭などのファンで日活映画の拳銃使い(殺し屋)を気取ったトリガー・ハッピーでやたらと撃ちまくるが、「生きている標的」にはまず命中した事がない(本人も人を殺した事はない)。以前はルガーP08を愛用していたが後にモーゼルミリタリーM712に代えている(失くした)。機関銃から対戦車ライフルまで様々な武器を使用するが、分解整備は苦手でモーゼルでも一度ばらすと組み立てに三時間かかる(ばらすだけなら15秒)。化け猫が武装化するに従って圧倒されるようになり、「戦闘は火力」が座右の銘になりつつある。ジオブリーダーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大平まさひこ

    大平まさひこから見た小林旭小林旭

    また物真似タレントとしても活動、レパートリーは五木ひろし、桑田佳祐、小林旭、沢田研二、谷村新司、松山千春、美川憲一、吉幾三、和田アキ子などの歌手を中心に多数。大平まさひこ フレッシュアイペディアより)

  • 実録飛車角 狼どもの仁義

    実録飛車角 狼どもの仁義から見た小林旭小林旭

    村岡健次(モデル=岡村吾一):小林旭実録飛車角 狼どもの仁義 フレッシュアイペディアより)

  • ダイニチ映配

    ダイニチ映配から見た小林旭小林旭

    一方で、日活では石原裕次郎、小林旭を中心としたアクション路線のマンネリ化、それに代わる吉永小百合、和泉雅子、浜田光夫、高橋英樹などの青春路線も全盛期は数年で退潮を食い止めることはできなかった。また社長・堀久作のワンマン体質から来る放漫経営もあり、1963年に石原プロモーションを設立していた石原裕次郎が1969年に風林火山を皮切りに他社の映画にも出演するようになるなど、1960年代末には所属俳優の流出と、経営不安が表面化する。1969年には撮影所を、翌1970年には日比谷の本社ビルをも明け渡すことになった。ダイニチ映配 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本真人

    杉本真人から見た小林旭小林旭

    小林旭 「惚れた女が死んだ夜は」「水たまり」「遠き昭和の…」(作曲)杉本真人 フレッシュアイペディアより)

339件中 121 - 130件表示

「小林旭」のニューストピックワード