339件中 31 - 40件表示
  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た小林旭小林旭

    第一部の大ヒットで第三部『仁義なき戦い 代理戦争』の製作が決定(第二作の公開前)。決死の取材で広島事件をまとめて、第四部『仁義なき戦い 頂上作戦』と合わせて物語を終結させ笠原もようやく安堵した。ところが、笠原が岡田と深作、日下部五朗の四人で夜の京都に繰り出したおり、四条大橋の上で岡田が笠原の肩に手を掛け「お前なァ、悪いけど『仁義なき戦い』をもう一本書いてくれないか」と囁いた。笠原は「あれはもう文太との別れも書いて、二人とも刑務所に入れたし、もう書きようがない」と断った。バーに入って岡田に聞こえないように笠原が深作に相談すると、深作は「笠原さんがホン書くならやるよ」と言う。笠原は「よし。なんぼなんでもギャラが安すぎるから(一本120万円だった)ギャラを上げるなら受けることにしよう。おれが交渉するから、それまでお前は引き受けるな」「わかった。おれのぶんの交渉もよろしくな」と深作と打ち合わせをしていたが、正月に東映本社に挨拶に行った深作は、岡田から「今年はまず第五部だな、君、頼むよ」「はいっ」と二つ返事で引き受けてしまった。第五部『仁義なき戦い 完結篇』以降、笠原が脚本を降り、深作が監督を続けたのはこうした経緯から。『完結篇』以降もさらに三本が製作されたのは勿論、岡田の指令によるもの。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 内館牧子

    内館牧子から見た小林旭小林旭

    『徹夜対談・いつもロンリーだった』小林旭 講談社文庫 1995内館牧子 フレッシュアイペディアより)

  • 青山京子

    青山京子から見た小林旭小林旭

    青山 京子(あおやま きょうこ、1935年11月23日 - )は、日本の元女優。本名は小林 みどり。東京府東京市世田谷区(現東京都世田谷区)出身。夫は俳優・歌手の小林旭青山京子 フレッシュアイペディアより)

  • 米山正夫

    米山正夫から見た小林旭小林旭

    1963年、クラウンレコード創設と共に同社の専属になり、西郷輝彦「涙をありがとう」、美樹克彦「花はおそかった」、水前寺清子『三百六十五歩のマーチ』、小林旭『赤いトラクター』、同じくヤンマーの『ヤン坊マー坊天気予報』のテーマ曲としてお馴染みの『ヤン坊マー坊の唄』など多くのヒット作品を残した。米山正夫 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬恒彦

    渡瀬恒彦から見た小林旭小林旭

    「現代やくざ 血桜三兄弟」(1971年)、高田宏治に「あんなハチャメチャなヒロポン中毒の殺人鬼は彼しかできない」と言わしめた「実録・私設銀座警察」(1973年)、小林旭と壮絶で悲劇的な兄弟の殺し合いを繰り広げた『唐獅子警察』(1974年)、梶芽衣子と日本版ボニー&クライドを演じた「ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派」(1974年)などデビュー以来渡瀬は底辺でもがくアウトローを演じ続けてきた。しかし、1977年「北陸代理戦争」の撮影中渡瀬が運転ミスでオープンジープから投げ出されて、ジープに足を潰され生死の淵をさまよう大怪我を負い降板(代役は伊吹吾郎)。監督・深作欣二と脚本家・高田宏治は責任を感じ、渡瀬の病室を見舞った。麻酔が効いて眠り目が覚めるとその度に枕元に深作がいた。「こうなっちゃ仕方ないよ」と逆に深作と高田を慰めた という。自分の人生を考えるというよりも、振り返る感覚もなく、ただ「久しぶりに何もない時間があった」 この時の大怪我が元でアクション俳優から性格俳優へと転向する。渡瀬自身も後年「結果的には役の幅が広かった」と述懐した。渡瀬恒彦 フレッシュアイペディアより)

  • 赤木圭一郎

    赤木圭一郎から見た小林旭小林旭

    1959年(昭和34年)、鈴木清順監督の『素っ裸の年令』で初主演を果たす。その後、『拳銃無頼帖』シリーズなど20本以上の無国籍アクション映画に主演し、日活のアクション俳優として「タフガイ=石原裕次郎」「マイトガイ=小林旭」に続く「第三の男」と呼ばれた。その風貌から「和製ジェームズ・ディーン」とも云われた。赤木圭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 勇者特急マイトガイン

    勇者特急マイトガインから見た小林旭小林旭

    主人公側におけるキャラクターネームの由来は、昭和30年代(1955年 - 1964年)に一世を風靡した各種青春映画(『渡り鳥』『旋風児』などの各種シリーズ)の出演者及び周辺人物がモチーフになっている。番組タイトルであり、主役ロボの名前も、日活のスターだった小林旭の主演映画『銀座旋風児』シリーズおよび小林の愛称であるマイトガイから来ている。登場するメカやロボットのシルエットのみが映し出される本作のパイロット版は、特撮作品『ウルトラセブン』のパロディそのものであったという。勇者特急マイトガイン フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た小林旭小林旭

    森繁久彌のように「初期はコメディアンであったが、年齢とともにシリアスな俳優になる」路線をとりたがるコメディアンが多いことに批判的で、『日本の喜劇人』の中で「森繁病」と命名した。また『日本の喜劇人』では小林旭のことを「無意識過剰」と評すなど、名フレーズが多い。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • ゲームセンターCX

    ゲームセンターCXから見た小林旭小林旭

    小林旭「恋の山手線」(#94『電車でGO!』挑戦時)ゲームセンターCX フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木清順

    鈴木清順から見た小林旭小林旭

    日活の専属監督として名を馳せ、小林旭、高橋英樹、宍戸錠らを主演に迎えた。『殺しの烙印』は一般映画のみならずカルト映画としても世界的な評価が高い。『ツィゴイネルワイゼン』、『陽炎座』、『夢二』の三部作では幽遠な映像美を見せた。その独特の映像表現は「清順美学」と呼ばれた。鈴木清順 フレッシュアイペディアより)

339件中 31 - 40件表示

「小林旭」のニューストピックワード