339件中 41 - 50件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た小林旭小林旭

    しかし、第17回からは、井上陽水(第17回)布施明、小林旭、ジーニー(いずれも第19回)クリス松村(第20回、第3回紅白)、北斗晶(第20回)武田鉄矢(第20回、第21回、第3回紅白)川島永嗣、冠二郎、おすぎ(いずれも第21回)。加藤茶、忌野清志郎(いずれも第22回)西田敏行(第22回、第3回紅白)和田アキ子(第3回紅白)などと矢野顕子以外のモノマネを披露した。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 江木俊夫

    江木俊夫から見た小林旭小林旭

    3歳の時から子役活動を開始。1959年頃からは日活映画を中心に活動し、石原裕次郎や小林旭を始めとする数多くの日活スターと共演。1963年には黒澤明監督の大作映画『天国と地獄』に出演。更に特撮ドラマ『マグマ大使』(1966年 - 1967年)にマモル少年役で主演するなど、愛らしい容貌と卓越した演技力をもって、宮脇康之登場以前の1960年代前半から中盤を代表する名子役として活躍した。江木俊夫 フレッシュアイペディアより)

  • 石原裕次郎

    石原裕次郎から見た小林旭小林旭

    父が亡くなった頃にショックから自暴自棄になった裕次郎は、家から金目の物を持ち出しては換金し、その金で銀座などへ繰り出す遊行三昧の日々を送り、兄・石原慎太郎から心配された。そんな頃に兄は水の江瀧子より『太陽の季節』の映画化を促されたため、「裕次郎って弟がいるんだけど、遊び人でどうしょうもない奴で…弟を出してくれるんなら」という条件を提示した。瀧子はその条件を呑み、裕次郎は同作品で俳優デビューし、脇役ではあったが主演格に匹敵するダイナミックな存在感で注目されることとなる。裕次郎本人は「太陽の季節」への出演は至って遊び感覚で、迎えの車に乗り初めて日活撮影所へ降り立った時は素肌にヨット・パーカーを羽織り、海水パンツにゴム草履履きといったいでたちに、その場に居合わせた宍戸錠と小林旭は「何だ!ありゃあ?!?」と仰天したという(テレビでの小林旭談)。石原裕次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た小林旭小林旭

    惜別の歌(1963年)(小林旭主演)仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • ニッカウヰスキー

    ニッカウヰスキーから見た小林旭小林旭

    (ハイニッカ) 1982年 BGM:泣いた数だけ幸せに(小林旭)ニッカウヰスキー フレッシュアイペディアより)

  • マイトガイ

    マイトガイから見た小林旭小林旭

    マイトガイ フレッシュアイペディアより)

  • 坂東正男

    坂東正男から見た小林旭小林旭

    昭和27年(1952年)、成瀬巳喜男監督・高峰秀子主演の『稲妻』で、スチルの撮影チームのリーダーに抜擢され、その後、日活に引き抜かれて移籍し、石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』、小林旭主演の「渡り鳥」シリーズ、「あいつ」シリーズなどを担当。その他、宍戸錠主演の『殺しの烙印』(鈴木清順監督)といった話題作や、吉永小百合主演の『青春の風』なども担当し、優秀な撮影チームを率いて活躍した。とくに、小林旭、宍戸錠の作品が多く、中平康、西村昭五郎、鈴木清順監督の作品を多く手がける。また、『キネマ旬報』や『サンデー毎日』などのコンテストの受賞歴も多数に及ぶ。日活の衰退とともに昭和45年(1970年)引退。坂東正男 フレッシュアイペディアより)

  • 夢ん中

    夢ん中から見た小林旭小林旭

    「夢ん中」(ゆめんなか)は、小林旭のシングル。1978年2月25日発売。夢ん中 フレッシュアイペディアより)

  • 津田秀水

    津田秀水から見た小林旭小林旭

    東京の暴れん坊 1960年 出演 監督斎藤武市、主演小林旭 ※日活、「上院議員B」役津田秀水 フレッシュアイペディアより)

  • 俺にさわると危ないぜ

    俺にさわると危ないぜから見た小林旭小林旭

    『俺にさわると危ないぜ』(おれにさわるとあぶないぜ)は長谷部安春監督、小林旭主演の1966年2月12日公開の日本映画。俺にさわると危ないぜ フレッシュアイペディアより)

339件中 41 - 50件表示

「小林旭」のニューストピックワード