339件中 51 - 60件表示
  • ガールズトーク〜十人のシスターたち〜

    ガールズトーク〜十人のシスターたち〜から見た小林旭小林旭

    好きな歌手は「三代目J Soul Brothersではなく小林旭」だと話す謎の老女。聖杯に手を伸ばそうとした取材班を制止し、「呪いが起きなければ良いが」と意味深な言葉を残す。ガールズトーク〜十人のシスターたち〜 フレッシュアイペディアより)

  • けんずろう

    けんずろうから見た小林旭小林旭

    物まねを特技としており、小林旭・沢田研二・長嶋茂雄・武田鉄矢らをレパートリーとしている。芸名も沢田研二からきているという(元々の芸名は「沢田 研二郎(さわだ けんじろう)」だったが、その後「けんじろう」を訛らせて「けんずろう」となった)。けんずろう フレッシュアイペディアより)

  • 小泉洋子

    小泉洋子から見た小林旭小林旭

    1974年、東映京都入り。75年の『激突! 合気道』では悲劇のヒロインに、「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」では小林旭の恋人役を演じ、同年の「資金源強奪」では短い出番ながら重要なヒロイン的役割を務めた。小泉洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 野口晴康

    野口晴康から見た小林旭小林旭

    1954年には製作再開した日活へと戻り、助監督を数本務めたのち、同年製作の『俺の拳銃は素早い』で監督として再デビューする。それ以降は小林旭主演の『銀座旋風児シリーズ』や赤木圭一郎主演の『拳銃無頼帖シリーズ』をはじめとするアクション映画や仁侠映画などのプログラムピクチャーを多数手掛ける。野口晴康 フレッシュアイペディアより)

  • まっくろけ節

    まっくろけ節から見た小林旭小林旭

    小林旭 - 『アキラのまっくろけ節』(1961年4月30日、SA-626)まっくろけ節 フレッシュアイペディアより)

  • 哀愁列島 十二人の女たち

    哀愁列島 十二人の女たちから見た小林旭小林旭

    『哀愁列島 十二人の女たち』(あいしゅうれっとう じゅうににんのおんなたち)は、1979年2月にリリースされた小林旭のアルバム。全12曲が収録されている。そのうち「哀愁列島」「終着駅のない女」は同年3月にシングル盤として発売されている。哀愁列島 十二人の女たち フレッシュアイペディアより)

  • ヒロノツトム

    ヒロノツトムから見た小林旭小林旭

    特技:小林旭のモノマネヒロノツトム フレッシュアイペディアより)

  • 高美アリサ

    高美アリサから見た小林旭小林旭

    映画にも、小林旭主演の渡り鳥シリーズを中心に出演したが、1967年 に結婚を機に引退した。高美アリサ フレッシュアイペディアより)

  • 任侠花一輪

    任侠花一輪から見た小林旭小林旭

    1974年4月に発売された藤竜也の"語りだけ"のシングルレコード「花一輪」を東映が『任侠花一輪』のタイトルで、当時フリーの藤を招き映画化。原案としてクレジットされている「小谷夏」は久世光彦のペンネームの一つで、久世は「花一輪」の作詞者である。映画の内容も「螢の子と書いてケイコと申します。妹の名前です....。もう間もなく身寄りのない不憫な娘になるはずです」などの「花一輪」の詞を基に脚本が書かれている。出所したヤクザの藤が、小さいころ別れたきりの不憫な妹の行方を捜して歩くというニュータイプの現代任侠映画で、後の"ネオやくざ映画"を先取りしているといえるかも知れない。藤は1973年にTBSの大人気ドラマ『時間ですよ』に出演し、ほとんど喋らない謎の男・風間役で人気に出て、本作もこの風間のイメージで主役を演じる。藤は1961年に日活に入社して以来、石原裕次郎、小林旭、渡哲也、高橋英樹らスターの陰で、もっぱら脇役ばかりであったが、本作で「夢にまで見た初めての主役」を演じた。東映はこの時期まだヤクザ映画を量産していたが、藤のヤクザ映画出演はこれ1本のみである。藤は2015年『龍三と七人の子分たち』でヤクザの親分役を演じたが、この『任侠花一輪』以降はヤクザ役はほとんどやらなかった。またこの年『聖獣学園』でデビューした多岐川裕美が、藤の妹と、妹と瓜二つの女を二役で演じる。任侠花一輪 フレッシュアイペディアより)

  • 藤口透吾

    藤口透吾から見た小林旭小林旭

    1958年(昭和33年)6月29日に日活が製作・配給して公開された、鈴木清順監督の『踏みはずした春』(主演左幸子・小林旭)は、藤口が書いた『BBSの女』を原作に映画化したものであった。藤口透吾 フレッシュアイペディアより)

339件中 51 - 60件表示

「小林旭」のニューストピックワード