144件中 21 - 30件表示
  • 小林旭

    小林旭から見たフジテレビジョン

    1980年(昭和55年)、『旅がらす事件帖』(関西テレビ・フジテレビ系)でテレビ時代劇初主演を飾ると同時に、主題歌「みだれ雲」を歌い、話題となった。翌年の1981年(昭和56年)には、『旅がらす事件帖』と同じスタッフによる『幻之介世直し帖』(日本テレビ系)に主演。主題歌「思いやり」を歌うと同時に、最終回(第24話)では、乾幻之介役の小林自ら監督も手掛けた。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た日本コロムビア

    1958年(昭和33年)、日本コロムビアより「女を忘れろ」で歌手デビューした。映画の『ギターを持った渡り鳥』、映画『銀座旋風児(ぎんざマイトガイ)』などの主題歌、挿入歌を歌い、ヒットさせる。また、「自動車ショー歌」(2005年(平成17年)に放送されたアサヒビールの「カクテルパートナー」のCMソングはこの「自動車ショー歌」をアレンジした「カクパーショー歌」である)、「恋の山手線」などのコミックソング、「昔の名前で出ています」などの演歌も歌っている。これらの楽曲を独特の歌唱で歌いこなす姿から、総称して「アキラ節」と呼ばれることが多い。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た2009年

    ジダンダ!/福岡帰行(2009年7月) (テンプラミュージック、たちばな出版)小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た川谷拓三

    東映に移籍した当初、既にスターであった小林をボコボコにしようと、志賀勝、川谷拓三、岩尾正隆らピラニア軍団が殺気立っていた。それを感じた梅宮辰夫は彼らの間に立ち、撮影の間はかち合わせないように苦労したという。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た清川虹子

    美空ひばりと結婚していたころ、一緒に清川虹子の自宅へ遊びに行き、そこには田岡一雄や江利チエミ・高倉健夫妻もいた。酔った小林は高倉に自分の腕時計をプレゼントしようとしたが断られ、当時の小林は映画スターとして高倉より格上だったこともあり、出した以上は引けないから受け取ってくれと迫り、高倉を困らせてしまう。「健さん、もらっとき。気にせんでええ。旭にはワイのをやるよってな」とその場にいた田岡が助け舟を出し、険悪になりかかった雰囲気を丸く収めてもらった。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た岩尾正隆

    東映に移籍した当初、既にスターであった小林をボコボコにしようと、志賀勝、川谷拓三、岩尾正隆らピラニア軍団が殺気立っていた。それを感じた梅宮辰夫は彼らの間に立ち、撮影の間はかち合わせないように苦労したという。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た青山京子

    1964年(昭和39年)、クラウンレコードへ移籍し、1967年(昭和42年)には女優の青山京子と再婚。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た江利チエミ

    美空ひばりと結婚していたころ、一緒に清川虹子の自宅へ遊びに行き、そこには田岡一雄や江利チエミ・高倉健夫妻もいた。酔った小林は高倉に自分の腕時計をプレゼントしようとしたが断られ、当時の小林は映画スターとして高倉より格上だったこともあり、出した以上は引けないから受け取ってくれと迫り、高倉を困らせてしまう。「健さん、もらっとき。気にせんでええ。旭にはワイのをやるよってな」とその場にいた田岡が助け舟を出し、険悪になりかかった雰囲気を丸く収めてもらった。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た志賀勝

    東映に移籍した当初、既にスターであった小林をボコボコにしようと、志賀勝、川谷拓三、岩尾正隆らピラニア軍団が殺気立っていた。それを感じた梅宮辰夫は彼らの間に立ち、撮影の間はかち合わせないように苦労したという。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た日本クラウン

    1964年(昭和39年)、クラウンレコードへ移籍し、1967年(昭和42年)には女優の青山京子と再婚。小林旭 フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「小林旭」のニューストピックワード