144件中 31 - 40件表示
  • 小林旭

    小林旭から見たたちばな出版

    ジダンダ!/福岡帰行(2009年7月) (テンプラミュージック、たちばな出版小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た日活

    東京市世田谷区出身。子役を経て第3期日活ニューフェイスに合格。母は音楽教室を開いていた。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見たコロムビア・ローズ

    真夜中の街角(1958年12月10日) B面はコロムビア・ローズ「すれちがいのブルース」小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た羽佐間正雄

    2007年(平成19年)2月23日、日本プロゴルフ協会(PGA)から、川上哲治、羽佐間正雄らとともにPGA名誉会員(2006年に制定)に認定される。名誉という肩書きではあるが、実際にプロの試合に出て賞金を稼ぐことも可能である。プロとしてシニアツアーに2007年に1試合、2008年(平成20年)は4試合に出場したが、暴力団のゴルフコンペに参加したため、同年にPGA名誉会員の資格を辞退した。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た織田信長

    2014年(平成26年)3月19日から開幕した主演の舞台「熱き心で突っ走れ」にて、「座長の小林さんから数々の暴言やいじめまがいの演技指導を受け、初日の4日前に一方的に降板させられた。人権無視だ」と小林演じる織田信長の母親役で出演予定だった東てる美にフェイスブックで明かされた。東は15日夜に制作側から降板を告げられ、「小林さんからの謝罪はありません」「今までの女優人生で最悪の出来事。クビなら補償しなければならないが、私の都合で降りたならその必要もない。小林さんのやり方はあまりにも汚い」と取材してきた各マスコミに答えている。同作のために東は4か月間スケジュールを押さえており、補償などについて主催者側と交渉。小林の所属事務所は「その件についてはコメントできません」としている。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た新田たつお

     新田たつお著『静かなるドン』の主人公・近藤静也を総長とする新鮮組の最大にして最弱組織「生倉会」戦闘隊長・小林秋奈(こばやし あきな、小林旭がモデル)が登場し、戦闘能力は著しく低いが銃弾をもよける人間離れをした反射神経だけで生き残ってきた事を自負する。相手が弾切れの時は強いが、銃口を向けられれば例え親分であろうとも人を盾にする事を得意とする。 「ヤクザサミット」の挿話では、生倉が「怒るなよ。小林、小林秋奈」と言われた事に「オヤッさん。わしゃ、その秋奈ちゅう自分の名前を呼ばれるのが一番イヤなんですよ!!」と怒る小林に対し、生倉が「そうだったな、小林旭」と言った事に「ヘイ」と嬉しそうに答える小林の姿が描かれている。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た西河克己

    歌手デビューのきっかけは、映画『孤獨の人』撮影時に、現場で西河克己監督が歌を歌える生徒役がいないかと声をかけたところ、小林が「木曽節」を歌い、そのあまりのうまさに現場が静まりかえったことがあり、たまたまそこにいたディレクターが目を付け、翌年にコロムビアからデビューが決まった。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た梅宮辰夫

    東映に移籍した当初、既にスターであった小林をボコボコにしようと、志賀勝、川谷拓三、岩尾正隆らピラニア軍団が殺気立っていた。それを感じた梅宮辰夫は彼らの間に立ち、撮影の間はかち合わせないように苦労したという。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見たこまどり姉妹

    ダンチョネ節/おけさ数え唄(1960年3月1日) B面はこまどり姉妹とのデュエット 日活「海から来た流れ者」、「渡り鳥いつ帰る」主題歌小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た徹子の部屋

    その後、美空ひばりと雑誌での対談をきっかけに交際を始めるが、結婚などはまだ考えていなかったにも関わらず、ひばりの意を汲んだ父親代わりの山口組三代目・田岡一雄から強引に頼まれ拒めず、1962年(昭和37年)に結婚。「(結婚生活では)ひばりは懸命によき妻を演じようとし、女としては最高だった」と『徹子の部屋』で述懐している。小林とひばりは、ひばりの母の反対で戸籍上は入籍していない事実婚で、戸籍上はひばりは生涯独身であった。1964年(昭和39年)に事実婚を解消。会見の2日前にひばり親子から頼まれた田岡が小林に「おまえと一緒にいることが、ひばりにとって解放されていないことになるんだから、別れてやれや」と引導を渡され、逆らうことは出来なかったと自著で述べている。記者会見は別々に開かれ、小林の会見には田岡と菱和プロ社長・嘉山登一郎が同席した。小林は「本人同士が話し合わないで別れるのは心残りだが、和枝(ひばりの本名)が僕と結婚しているより、芸術と結婚したほうが幸せになれるのなら、と思って、理解離婚に踏み切った」と説明。この「理解離婚」という言葉は当時流行語となった。また「未練はいっぱいある。皆さんの前で泣きたいくらいだ」と自身の本意でなかったと語っている。小林旭 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「小林旭」のニューストピックワード