96件中 41 - 50件表示
  • 小林旭

    小林旭から見た児玉誉士夫

    あゝ決戦航空隊(1974年、東映) - 児玉誉士夫小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見たガウスエンタテインメント

    ガウスエンタテインメント(現:徳間ジャパン)時代小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た日本放送協会

    2007年(平成19年)4月、自身のニックネームを冠したマイトガイレーベルという芸能制作会社を設立した。マイトガイレーベル第1弾CDとなる、本人の作詞・作曲による新曲「折紙人生」が、NHK『ラジオ深夜便』の7月から9月の「深夜便の歌」として採用される。また、同7月には大阪新歌舞伎座で舞台『無法松の一生』にて20年ぶりの座長公演を務めた。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見たたちばな出版

    ジダンダ!/福岡帰行(2009年) (インディーズメーカー、たちばな出版小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見たニッカウヰスキー

    泣いた数だけ幸せに/時雨坂(1982年)※ニッカウヰスキー「ハイニッカ」CMソング小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た大映

    1970年(昭和45年)から1971年(昭和46年)に、すっかり客足の鈍った日活と大映はダイニチ映配を発足させ、次々に作品を製作するも、両社ともども迷走し、多大なる赤字を被る。自らが主宰するアロー・エンタープライズが製作、そして主演し、得意のアクションを披露したテレビドラマ『ターゲットメン』などを含めた事業の失敗により、小林は14億円もの債務を背負う。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見たポリドール

    1981年(昭和56年)ポリドールへ移籍し、1985年(昭和60年)に小林の大ファンでもあった大瀧詠一が小林のために書き下ろした(作詞は阿久悠)「熱き心に」がAGFのCMソングとしてヒットし、1986年(昭和61年)の『第37回NHK紅白歌合戦』に2回目の出場を果たす。2002年(平成14年)には大瀧の企画・監修による4枚組CDが発売された。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た昔の名前で出ています

    1958年(昭和33年)、日本コロムビアより『女を忘れろ』で歌手デビューした。映画の『ギターを持った渡り鳥』、映画『銀座旋風児(ぎんざマイトガイ)』などの主題歌、挿入歌を歌い、ヒットさせる。また、「自動車ショー歌」(2005年(平成17年)に放送されたアサヒビールの「カクテルパートナー」のCMソングはこの「自動車ショー歌」をアレンジした「カクパーショー歌」である)、「恋の山手線」などのコミックソング、「昔の名前で出ています」などの演歌も歌っている。これらの楽曲を独特の歌唱で歌いこなす姿から、総称して『アキラ節』と呼ばれることが多い。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た自動車ショー歌

    1958年(昭和33年)、日本コロムビアより『女を忘れろ』で歌手デビューした。映画の『ギターを持った渡り鳥』、映画『銀座旋風児(ぎんざマイトガイ)』などの主題歌、挿入歌を歌い、ヒットさせる。また、「自動車ショー歌」(2005年(平成17年)に放送されたアサヒビールの「カクテルパートナー」のCMソングはこの「自動車ショー歌」をアレンジした「カクパーショー歌」である)、「恋の山手線」などのコミックソング、「昔の名前で出ています」などの演歌も歌っている。これらの楽曲を独特の歌唱で歌いこなす姿から、総称して『アキラ節』と呼ばれることが多い。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た熱き心に

    1981年(昭和56年)ポリドールへ移籍し、1985年(昭和60年)に小林の大ファンでもあった大瀧詠一が小林のために書き下ろした(作詞は阿久悠)「熱き心に」がAGFのCMソングとしてヒットし、1986年(昭和61年)の『第37回NHK紅白歌合戦』に2回目の出場を果たす。2002年(平成14年)には大瀧の企画・監修による4枚組CDが発売された。小林旭 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「小林旭」のニューストピックワード