1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • 秋田県立花輪高等学校

    秋田県立花輪高等学校から見た小林範仁小林範仁

    小林範仁 - ノルディック複合選手秋田県立花輪高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小林潤志郎

    小林潤志郎から見た小林範仁小林範仁

    高校時代はノルディック複合の選手として活躍し、3年時にはノルディックスキージュニア世界選手権の複合・個人スプリントで優勝、小林範仁以来日本人2人目となる金メダルを獲得した。小林潤志郎 フレッシュアイペディアより)

  • ノルディックスキー・コンバインド

    ノルディックスキー・コンバインドから見た小林範仁小林範仁

    その後、FIS(国際スキー連盟)はルールの改正を提案、前半のジャンプの本数を3本から2本に減らし、ジャンプのポイントの比重を下げ後半クロスカントリーの比重を上げるなど、距離重視のルール改正が複数回行われる。そして、日本は長野からバンクーバーまでのオリンピックでメダルを逃す。この間は個人では、ジャンプが得意な高橋大斗が2004年3月のワールドカップラハティ大会で優勝し、距離が強い小林範仁が2006年のW杯で4位となる。また団体では、2009年2月のノルディックスキー世界選手権( リベレツ)で、小林範仁、湊祐介、加藤大平、渡部暁斗のメンバーで優勝する。ノルディックスキー・コンバインド フレッシュアイペディアより)

  • 鹿角市

    鹿角市から見た小林範仁小林範仁

    小林範仁(スキー複合、ユニバーシアード・タルビジオ大会3冠:花輪高校出)鹿角市 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部暁斗

    渡部暁斗から見た小林範仁小林範仁

    早稲田大学スポーツ科学部進学後は2009年世界選手権の団体戦(湊祐介、加藤大平、渡部暁斗、小林範仁)で、日本の14年ぶり金メダル獲得に貢献した。渡部暁斗 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本

    1982年の日本から見た小林範仁小林範仁

    5月4日 - 小林範仁、ノルディック複合選手1982年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 北秋田市

    北秋田市から見た小林範仁小林範仁

    小林範仁 - ノルディック複合、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバーオリンピック出場、世界選手権団体優勝、ユニバーシアード3冠(阿仁地区)北秋田市 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示