24件中 11 - 20件表示
  • 小林範仁

    小林範仁から見たノルディック複合

    小林 範仁(こばやし のりひと、1982年5月4日 - )は、秋田県北秋田市出身のノルディック複合選手。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックノルディック複合日本代表。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見たクロスカントリースキー

    秋田県阿仁町 (現在の北秋田市) に生まれ、父親の影響を受けてノルディック競技を始めた。ジュニア時代から頭角を現し、2001年ノルディックスキージュニア世界選手権で優勝。2003年ユニバーシアードではノルディック複合個人、スプリント、団体の3種目で優勝した。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと2大会連続でオリンピックに出場。クロスカントリーを得意とし、ジャンプの実力上昇と共にW杯での上位進出回数が増加。2009年世界選手権では個人戦で5位入賞、そして湊祐介、加藤大平、渡部暁斗とともに出場した団体戦では前半5位から距離で抜き返し金メダルを獲得、小林は距離に強い「新しい複合ニッポン」の象徴的存在となっている。2010年、バンクーバーオリンピックに出場。個人(ノーマルヒル)では後半距離の終盤で一時トップに立つ健闘を見せ7位入賞。。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見たスキージャンプ

    秋田県阿仁町 (現在の北秋田市) に生まれ、父親の影響を受けてノルディック競技を始めた。ジュニア時代から頭角を現し、2001年ノルディックスキージュニア世界選手権で優勝。2003年ユニバーシアードではノルディック複合個人、スプリント、団体の3種目で優勝した。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと2大会連続でオリンピックに出場。クロスカントリーを得意とし、ジャンプの実力上昇と共にW杯での上位進出回数が増加。2009年世界選手権では個人戦で5位入賞、そして湊祐介、加藤大平、渡部暁斗とともに出場した団体戦では前半5位から距離で抜き返し金メダルを獲得、小林は距離に強い「新しい複合ニッポン」の象徴的存在となっている。2010年、バンクーバーオリンピックに出場。個人(ノーマルヒル)では後半距離の終盤で一時トップに立つ健闘を見せ7位入賞。。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見たトリノオリンピックにおけるノルディック複合競技

    小林 範仁(こばやし のりひと、1982年5月4日 - )は、秋田県北秋田市出身のノルディック複合選手。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックノルディック複合日本代表。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見た北秋田市

    小林 範仁(こばやし のりひと、1982年5月4日 - )は、秋田県北秋田市出身のノルディック複合選手。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックノルディック複合日本代表。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見た経済学科

    秋田県立花輪高等学校、日本大学経済学部経済学科卒業。東京美装興業所属。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見た秋田県立花輪高等学校

    秋田県立花輪高等学校、日本大学経済学部経済学科卒業。東京美装興業所属。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見たトリノオリンピック

    秋田県阿仁町 (現在の北秋田市) に生まれ、父親の影響を受けてノルディック競技を始めた。ジュニア時代から頭角を現し、2001年ノルディックスキージュニア世界選手権で優勝。2003年ユニバーシアードではノルディック複合個人、スプリント、団体の3種目で優勝した。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと2大会連続でオリンピックに出場。クロスカントリーを得意とし、ジャンプの実力上昇と共にW杯での上位進出回数が増加。2009年世界選手権では個人戦で5位入賞、そして湊祐介、加藤大平、渡部暁斗とともに出場した団体戦では前半5位から距離で抜き返し金メダルを獲得、小林は距離に強い「新しい複合ニッポン」の象徴的存在となっている。2010年、バンクーバーオリンピックに出場。個人(ノーマルヒル)では後半距離の終盤で一時トップに立つ健闘を見せ7位入賞。。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見たソルトレイクシティオリンピックにおけるノルディック複合競技

    小林 範仁(こばやし のりひと、1982年5月4日 - )は、秋田県北秋田市出身のノルディック複合選手。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックノルディック複合日本代表。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見た2009年ノルディックスキー世界選手権

    秋田県阿仁町 (現在の北秋田市) に生まれ、父親の影響を受けてノルディック競技を始めた。ジュニア時代から頭角を現し、2001年ノルディックスキージュニア世界選手権で優勝。2003年ユニバーシアードではノルディック複合個人、スプリント、団体の3種目で優勝した。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと2大会連続でオリンピックに出場。クロスカントリーを得意とし、ジャンプの実力上昇と共にW杯での上位進出回数が増加。2009年世界選手権では個人戦で5位入賞、そして湊祐介、加藤大平、渡部暁斗とともに出場した団体戦では前半5位から距離で抜き返し金メダルを獲得、小林は距離に強い「新しい複合ニッポン」の象徴的存在となっている。2010年、バンクーバーオリンピックに出場。個人(ノーマルヒル)では後半距離の終盤で一時トップに立つ健闘を見せ7位入賞。。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示