275件中 51 - 60件表示
  • 小林製薬

    小林製薬から見たメディパルホールディングス

    2008年(平成20年)1月 - 卸売子会社のコバショウが、株式交換によってメディセオ・パルタックホールディングス(現・メディパルホールディングス)の完全子会社となる(コバショウは同年4月にパルタックと統合し、パルタックKS(現・Paltac)となる)。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見たグラクソ・スミスクライン

    オーラルケア分野はかつてポリデント、ポリグリップ、シュミテクトなどがあったが、1996年7月に小林ブロックからブロックドラッグジャパン(現・グラクソ・スミスクライン)に社名変更を機に販売権をアース製薬に譲渡した。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た中部日本放送

    ドラマ30(中部日本放送・毎日放送)小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た三菱商事

    2011年(平成23年)4月 - 医療機器商社・小林メディカル株式会社の当社保有株式の過半数を三菱商事へ売却と発表。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見たニッセンホールディングス

    小林脳行のブランドが残る商品として防虫剤「モスノー」・衣装ケース「モスボックス」があるが、これらについては、アイリスオーヤマやニッセンの商品となり、当初は通販限定で小売されていなかった。2009年1月現在「モスボックス」は一部地域のホームセンターでアイリスオーヤマの商品が販売された例がある。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見たPaltac

    2008年(平成20年)1月 - 卸売子会社のコバショウが、株式交換によってメディセオ・パルタックホールディングス(現・メディパルホールディングス)の完全子会社となる(コバショウは同年4月にパルタックと統合し、パルタックKS(現・Paltac)となる)。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た塩野義製薬

    武田薬品工業・塩野義製薬等、医薬品製造企業の本社が集まることで有名な、大阪・道修町に本社を置いているが、在阪医薬品メーカーでは珍しく、事業としては医薬品よりも、衛生雑貨関係の印象が強い。2001年(平成13年)には使い捨てカイロで有名な桐灰化学を買収し、ますますその印象が強くなっている。また株式の上場は1999年(大証2部)と比較的最近であり、現在は東証・大証1部に上場している。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た名古屋市

    創業者の小林忠兵衛が1886年(明治19年)に名古屋市で「小林盛大堂」を開き、雑貨・化粧品・洋酒の販売を始める。2年後には薬品卸部門を設立し、タムシチンキなどの薬品の販売を開始。1919年(大正8年)には、大阪に進出し、本社を設置。その後1956年(昭和31年)に改組し、のちに「アンメルツ」「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」「サラサーティ」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」「消臭元」「イージーファイバー」「ケシミン」「ナイシトール」「消臭シャボン」などの製品を開発、テレビCMの放映も相まって、ヒット商品となる。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た桐灰化学

    武田薬品工業・塩野義製薬等、医薬品製造企業の本社が集まることで有名な、大阪・道修町に本社を置いているが、在阪医薬品メーカーでは珍しく、事業としては医薬品よりも、衛生雑貨関係の印象が強い。2001年(平成13年)には使い捨てカイロで有名な桐灰化学を買収し、ますますその印象が強くなっている。また株式の上場は1999年(大証2部)と比較的最近であり、現在は東証・大証1部に上場している。小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た神農幸神農 幸

    神農幸「ブレスケア」、「噛むブレスケア」小林製薬 フレッシュアイペディアより)

275件中 51 - 60件表示

「小林製薬」のニューストピックワード