1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • 木村昇吾

    木村昇吾から見た小林雅英小林雅英

    初盗塁:2006年5月17日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(横浜スタジアム)、9回裏に二盗(投手:小林雅英、捕手:橋本将)木村昇吾 フレッシュアイペディアより)

  • モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

    モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくんから見た小林雅英小林雅英

    コバヤシマサ(小林雅英モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん フレッシュアイペディアより)

  • 大月市

    大月市から見た小林雅英小林雅英

    小林雅英 - プロ野球選手、オリックス・バファローズ所属大月市 フレッシュアイペディアより)

  • 7月2日

    7月2日から見た小林雅英小林雅英

    2000年 - 小林雅英(当時・千葉ロッテマリーンズ)がプロ野球史上初の打者0人で勝利投手となる。7月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た小林雅英小林雅英

    交流戦史上初サヨナラ適時打:2005年5月6日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(横浜スタジアム)、9回裏に小林雅英から左前適時打村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た小林雅英小林雅英

    ロッテでは小林雅英に次ぐ球団史上2位(2010年現在)の通算93セーブを記録し、もう一度プロ野球選手になってもリリーフをやりたいと語っている。リリーフで重要なのはコンディション調整と集中を高めることで、打たれてもすぐに切替が必要だが、抑えて当然と言われて結果を出すのが醍醐味だったという。なお指名打者制のパ・リーグに長く所属し、かつリリーフのため打席にはほとんど立たなかったが、ロッテ時代は必ず打撃練習に参加し本塁打を連発していた。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 大島洋平

    大島洋平から見た小林雅英小林雅英

    初盗塁:2010年4月28日、対読売ジャイアンツ5回戦(ナゴヤドーム)、7回裏に二盗(投手:小林雅英、捕手:阿部慎之助)大島洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 増井浩俊

    増井浩俊から見た小林雅英小林雅英

    2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出された。シーズン開幕当初は抑えとして活躍するが、3勝2敗10セーブ、防御率6.30と大きく悪化し、6月20日に一軍登録を抹消された。その後の抑えはクリス・マーティンに譲り、7月9日に栗山英樹監督は増井を先発に転向することを明言した。8月4日の千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)で2010年以来先発として登板し、5回を投げて無失点に抑えた。同月25日のロッテ戦(QVC)ではプロ入り初めて完投を記録し、9月1日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(東京ドーム)で初めての完封勝利を成し遂げた。先発8登板のうち6勝をあげ、シーズン最終試合の9月30日の千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)では引退登板の武田勝のあとを受けて登板し、1失点ながらも救援勝利をあげて自身初の2桁勝利を達成し、10勝10セーブをマークした。10勝10セーブをマークするのは、2000年に小林雅英が達成して以来の快挙となった。結局9月は5試合に登板して5勝0敗、防御率1.10、1完封を記録し、9月度の猛烈な追い上げによるチームのリーグ優勝に大いに貢献、自身初の月間MVPに選出された。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された。増井浩俊 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス

    東京ガスから見た小林雅英小林雅英

    野球 - 社会人野球では都市対抗野球へ出場する強豪で、小林雅英が千葉ロッテマリーンズから、また内海哲也が読売ジャイアンツからドラフト会議での自由枠指名を受けて入団した。詳しくは東京ガス硬式野球部の項を参照。東京ガス フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た小林雅英小林雅英

    3月24日の開幕戦(千葉マリンの対北海道日本ハムファイターズ戦)が降雨コールドで引き分け。翌日も延長12回で引き分け。投手陣は、中継ぎ陣が藤田宗一の防御率10点台を超える乱調や、小林雅英の度重なる救援失敗により、事実上YFKは崩壊したが、38HPで最優秀中継ぎ投手賞を獲得した薮田安彦が、シーズン終盤に抑えに回り、2年目の川崎雄介と新人の荻野忠寛が活躍し、強固な中継ぎを維持できた。先発陣はエース清水直行が6勝どまりだったものの、渡辺俊介が不振から脱却し、援護が無いものの安定した防御率を残し、小林宏之が自己最多の13勝。そして成瀬善久が16勝1敗、防御率1.817で、最優秀防御率と最優秀投手の2冠を獲得する大活躍を見せた。この3人が柱となり、前年を上回る成績を残した。一方野手陣は福浦和也、今江敏晃、フリオ・ズレータの故障による離脱・不振などでシーズン通して安定した攻撃力を維持できず、早川大輔の台頭もあり得点はリーグトップだったが、首位日本ハムとは2ゲーム差の2位に終わった。クライマックスシリーズ1stステージではソフトバンクを2勝1敗で勝利したが、2ndステージでは日本ハムに2勝3敗で敗退した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示

「小林雅英」のニューストピックワード