37件中 11 - 20件表示
  • 小林雅英

    小林雅英から見た山本功児

    の後半戦から先発として起用され、5勝5敗の成績を残した。前半戦などでのリリーフ起用を含めれば46試合に登板している。も序盤で3試合に先発したがいずれも敗戦投手になったため、山本功児によって中継ぎに配置転換され、4月25日の対日本ハムファイターズ戦に無死満塁で登板し、そこを無失点で抑え自信をつけた。シーズンで11勝6敗14セーブの好成績を挙げる。7月2日の対オリックス・ブルーウェーブ14回戦で、小林の2球目が暴投となり、三塁を狙った一塁走者のイチローがアウトになった。その直後にチームが勝ち越したため、プロ野球史上初となる「打者0人」での勝利投手となった。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た中日ドラゴンズ

    6月7日の対中日ドラゴンズ戦で登板し、日本プロ野球初の6年連続20セーブを達成。セ・パ交流戦でも3勝0敗13Sの成績で交流戦MVPを獲得。8月18日の対北海道日本ハムファイターズ戦では史上3人目の通算200セーブを達成するが、この試合以降は一度もセーブを挙げられなかった。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た日本体育大学

    山梨県立都留高等学校から将来は高校野球の指導者になろうと日本体育大学へ進学。卒業時にプロへ進む同級生を見て、自分も目指そうと東京ガスへ入社。2年のうちに声がかからなければ野球をやめるつもりだったが、2年目にスカウトの水谷則博に見出されて1998年度のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けた。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た12球団合同トライアウト

    は経験豊富なリリーフとして期待されながら、12試合の登板で1セーブ・防御率5.14と不振で、中盤以降の優勝争いには加わることはなかった。10月29日に戦力外通告を受け、11月10日の12球団合同トライアウトを受験した。ここで最速145km/hを計測し、打者5人を無安打に抑える好内容を見せたことからオリックス・バファローズが獲得に動き、11月19日に契約した。背番号は34。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た読売ジャイアンツ

    12月1日、年俸5000万円プラス出来高1億円の1年契約で読売ジャイアンツへの入団が決定。背番号も30となった。スコアボードの表記は「雅」のない「小林」となった。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たクリーブランド・インディアンス

    8月26日の対福岡ソフトバンクホークス戦でセーブを記録し、自己記録を更新する7年連続20セーブを達成。しかし、8度の救援失敗から守護神転向後初となる降格を経験した。同年11月2日、周囲から動向を聞かれるわずらわしさを避けようとFA権行使を宣言し、11月20日にクリーブランド・インディアンスと2年契約を交わす。契約内容は2008年と2009年各300万ドル、契約破棄の場合は25万ドルの、2年計625万ドルで、3年目については球団側が325万ドルの選択権を持つものだった。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たニューヨーク・ヤンキース

    4月26日の対ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初登板を果たし、チームのサヨナラ勝ちによってメジャー初登板・初勝利を挙げた。1年間を通じて降格することなく在籍し、主に中継ぎとして57試合に登板して4勝5敗6セーブ・防御率4.53を記録。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た千葉ロッテマリーンズ

    山梨県立都留高等学校から将来は高校野球の指導者になろうと日本体育大学へ進学。卒業時にプロへ進む同級生を見て、自分も目指そうと東京ガスへ入社。2年のうちに声がかからなければ野球をやめるつもりだったが、2年目にスカウトの水谷則博に見出されて1998年度のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けた。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た福岡ドーム

    5月18日の対広島東洋カープ戦において、プロ野球史上4人目の通算150セーブを達成(通算312試合登板)し、最多セーブ投手を獲得。第4戦で4点リードを追いつかれるが、10月16日のプレーオフ第2ステージ第5戦・対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo!ドーム)で胴上げ投手となる。そのまま日本シリーズ(対阪神タイガース戦)でも第4戦に登板し、胴上げ投手となった。11月13日のアジアシリーズ(対三星ライオンズ戦)でも最後の打者を三振に打ち取って3度目の胴上げ投手となった。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た1998年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    山梨県立都留高等学校から将来は高校野球の指導者になろうと日本体育大学へ進学。卒業時にプロへ進む同級生を見て、自分も目指そうと東京ガスへ入社。2年のうちに声がかからなければ野球をやめるつもりだったが、2年目にスカウトの水谷則博に見出されて1998年度のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けた。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示