55件中 41 - 50件表示
  • 小林雅英

    小林雅英から見たパシフィック・リーグ

    5月21日の対日本ハムファイターズ戦から、8月5日の福岡ダイエーホークス戦まで17試合連続セーブのパシフィック・リーグ新記録、さらに10月17日の対大阪近鉄バファローズ戦まで、33試合連続セーブポイントのプロ野球新記録を樹立するなど、44試合で37セーブ・防御率0.83の好成績を残した。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た三星ライオンズ

    5月18日の対広島東洋カープ戦において、プロ野球史上4人目の通算150セーブを達成(通算312試合登板)した。同年は安定感を取り戻し、薮田安彦、藤田宗一との勝利の方程式は「YFK」と称された。2勝2敗29セーブ防御率2.58の成績を残し、最多セーブ投手を獲得。第4戦で4点リードを追いつかれるが、10月16日のプレーオフ第2ステージ第5戦・対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo!ドーム)で胴上げ投手となる。そのまま日本シリーズ(対阪神タイガース戦)でも第4戦に登板して胴上げ投手となり、11月13日のアジアシリーズ(対三星ライオンズ戦)でも最後の打者を三振に打ち取って3度目の胴上げ投手となった。オフシーズンに球団の日本人歴代最高年俸となる2億5000万円で契約更改した。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た投手

    小林 雅英(こばやし まさひで、1974年5月24日 - )は、元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。山梨県大月市出身。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た東京ガス硬式野球部

    山梨県立都留高等学校から将来は高校野球の指導者になろうと日本体育大学へ進学。首都大学リーグ通算29試合登板し16勝7敗、防御率2.40。最優秀投手1回、ベストナイン2回受賞。卒業時にプロへ進む同級生を見て、自分も目指そうと東京ガスへ入社。2年のうちに声がかからなければ野球をやめるつもりだったが、2年目にスカウトの水谷則博に見出されて1998年度のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けた。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たプロ野球選手

    小林 雅英(こばやし まさひで、1974年5月24日 - )は、元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。山梨県大月市出身。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た福岡ドーム

    5月18日の対広島東洋カープ戦において、プロ野球史上4人目の通算150セーブを達成(通算312試合登板)した。同年は安定感を取り戻し、薮田安彦、藤田宗一との勝利の方程式は「YFK」と称された。2勝2敗29セーブ防御率2.58の成績を残し、最多セーブ投手を獲得。第4戦で4点リードを追いつかれるが、10月16日のプレーオフ第2ステージ第5戦・対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo!ドーム)で胴上げ投手となる。そのまま日本シリーズ(対阪神タイガース戦)でも第4戦に登板して胴上げ投手となり、11月13日のアジアシリーズ(対三星ライオンズ戦)でも最後の打者を三振に打ち取って3度目の胴上げ投手となった。オフシーズンに球団の日本人歴代最高年俸となる2億5000万円で契約更改した。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たコロンバス・クリッパーズ

    は前年の活躍から一転して10試合の登板・防御率8.38と不振に陥り、5月16日に降格した。その後、インディアンス傘下3Aのコロンバス・クリッパーズに合流してメジャー復帰に向けて調整していたが、7月18日にインディアンスから契約を解除された。メジャーの他球団からのオファーを待つが、動きがなかったため帰国している。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:2回 (救援賞:2000年7月、2002年7月)小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た山梨県立都留高等学校

    山梨県立都留高等学校から将来は高校野球の指導者になろうと日本体育大学へ進学。首都大学リーグ通算29試合登板し16勝7敗、防御率2.40。最優秀投手1回、ベストナイン2回受賞。卒業時にプロへ進む同級生を見て、自分も目指そうと東京ガスへ入社。2年のうちに声がかからなければ野球をやめるつもりだったが、2年目にスカウトの水谷則博に見出されて1998年度のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けた。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

  • 小林雅英

    小林雅英から見た2005年のアジアシリーズ

    5月18日の対広島東洋カープ戦において、プロ野球史上4人目の通算150セーブを達成(通算312試合登板)した。同年は安定感を取り戻し、薮田安彦、藤田宗一との勝利の方程式は「YFK」と称された。2勝2敗29セーブ防御率2.58の成績を残し、最多セーブ投手を獲得。第4戦で4点リードを追いつかれるが、10月16日のプレーオフ第2ステージ第5戦・対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo!ドーム)で胴上げ投手となる。そのまま日本シリーズ(対阪神タイガース戦)でも第4戦に登板して胴上げ投手となり、11月13日のアジアシリーズ(対三星ライオンズ戦)でも最後の打者を三振に打ち取って3度目の胴上げ投手となった。オフシーズンに球団の日本人歴代最高年俸となる2億5000万円で契約更改した。小林雅英 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「小林雅英」のニューストピックワード