289件中 111 - 120件表示
  • わたしの城下町

    わたしの城下町から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「わたしの城下町」(わたしのじょうかまち)は、1971年4月25日にワーナー・ブラザース・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)から発売された小柳ルミ子のデビュー・シングルである。わたしの城下町 フレッシュアイペディアより)

  • TBC夏まつり

    TBC夏まつりから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1974年(昭和49年)8月16日から開催された「第2回みやぎふるさと祭り」ではコミュニケーターに井上順を迎え、由利徹、うつみ宮土理、小柳ルミ子、金田たつえなどが出演した。TBC夏まつり フレッシュアイペディアより)

  • 下田逸郎

    下田逸郎から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子「冷たい水」(作詞)下田逸郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東 千晃

    東千晃から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1970年、56期生として宝塚歌劇団に入団。同期には麻実れい、夏川るみ(現小柳ルミ子)がいる。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は70人中10位。東千晃 フレッシュアイペディアより)

  • 七海さら

    七海さらから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    2002年6月21日、rumico(小柳ルミ子)マキシシングル「TEN ZILLION」カップリング曲「again」七海さら フレッシュアイペディアより)

  • スパーク3人娘

    スパーク3人娘から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    元々、正式な音楽ユニットとして活動していたわけではない為「○○年に解散した」という概念があるわけではないが、2005年に発売されたCD-BOXの監修を務めた鈴木啓之は、1970年に伊東ゆかりが渡辺プロダクションを離れて独立した点と、1971年には同じ渡辺プロダクションから小柳ルミ子と天地真理が、小柳と天地の狭間に沖縄県出身の南沙織がデビューし次世代の "新三人娘" が事実上誕生した点を挙げ、この頃にユニットとしての役割は終えたのではないか、と想定している。スパーク3人娘 フレッシュアイペディアより)

  • お久しぶりね

    お久しぶりねから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「お久しぶりね」(おひさしぶりね)は、1983年7月に発売された小柳ルミ子の37枚目のシングルである。お久しぶりね フレッシュアイペディアより)

  • 二重裁判

    二重裁判から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    2001年10月31日、『骨壺を抱く二人の女』というタイトルでテレビ東京「女と愛とミステリー」にて藤田朋子と小柳ルミ子のダブル主演で放映された。監督は長谷和夫、脚本は仲倉重郎・影二郎。物語のキーとなる焼き物が滋賀県の信楽焼から石川県の九谷焼へと変更されている。二重裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 新三人娘

    新三人娘から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    新三人娘(しん さんにんむすめ)とは、1971年の同時期にレコード・デビューをした女性アイドル歌手、小柳ルミ子・南沙織・天地真理(歌手デビュー曲発売順)の三人を指す総称である。新三人娘 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤アキラ

    伊藤アキラから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    金鳥渦巻音頭 (金鳥かとりせんこう、歌: 小柳ルミ子伊藤アキラ フレッシュアイペディアより)

289件中 111 - 120件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード