289件中 11 - 20件表示
  • 渡辺プロダクション

    渡辺プロダクションから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    最初期にはミッキー・カーチス、ハナ肇とクレージーキャッツ、浜村淳、ザ・ピーナッツらが所属し、その後は中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり、ザ・ドリフターズ、沢田研二、布施明、森進一、小柳ルミ子、天地真理、キャンディーズ等の大スターを多数抱え、番組も多数制作した。渡辺プロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    藤圭子ブームの翌年、1971年に小柳ルミ子が「わたしの城下町」でデビュー。小柳の歌は音の運びは明らかに演歌であったが、その内容は絵葉書のような「日本情緒」であり、暗さやアウトローなどとは無縁であった。また、1973年には「艶歌」ジャンル確立以前から活動している春日八郎が自身のヒット曲と過去のカバー曲を交えたリサイタル「演歌とはなんだろう」で文化庁芸術芸能部門大賞を受賞する。演歌の歴史の「古さ」が公に認められるとともに、当初究極のアウトローから始まった演歌が早くも国民の文化財という主流派の立ち位置を得て、その先鋭性を奪われてしまう。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の音楽

    1972年の音楽から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    天地真理・南沙織・小柳ルミ子の「三人娘」(のち「新三人娘」と称された)など、女性アイドル歌手達が大人気となる。1972年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本除虫菊

    大日本除虫菊から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    金鳥の夏・日本の夏(金鳥蚊取り線香、1967年 - 現在/美空ひばり、小柳ルミ子ほか)大日本除虫菊 フレッシュアイペディアより)

  • 大野裕之

    大野裕之から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    2009年 博品館劇場と大阪OBPホールで上演されたミュージカル「ミュージカル・スターは夢を見る・・・」(主演・小柳ルミ子)の作曲・脚本・演出を担当。大野裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 浜圭介

    浜圭介から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    折鶴 (歌: 千葉紘子、小柳ルミ子ほか、作詞:安井かずみ) 1973年浜圭介 フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1971年デビューの新三人娘(小柳ルミ子・南沙織・天地真理)らがアイドル歌手の源流とされるが、それ以前にも西野バレエ団から派生したガールズユニット「レ・ガールズ」(金井克子、原田糸子、由美かおる、奈美悦子、江美早苗が所属)が1967年に結成され、若者を中心に熱狂的な人気を博すといった事例もあった。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • ワーナーミュージック・ジャパン

    ワーナーミュージック・ジャパンから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1971年 - 渡辺プロダクションの小柳ルミ子がデビュー。シングル部門の売り上げトップとなる。ナベプロ在籍歌手を中心に、邦楽部門も軒並み好調な売り上げを見せる。ワーナーミュージック・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 関口 宏

    関口宏から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    一方、1977年、小柳ルミ子の『星の砂』の作詞(作曲は出門英)で日本作詞大賞作品賞を受賞。関口宏 フレッシュアイペディアより)

  • 麻実 れい

    麻実れいから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1968年3月、東京家政学院高等学校卒業。同年4月、宝塚音楽学校入学。1970年、56期生として宝塚歌劇団に入団。同期には萬あきら、条はるき、東千晃(元星組トップ娘役)、小柳ルミ子(当時は夏川るみ)らがいる。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ』で初舞台を踏み、翌年3月8日、星組に配属。入団時の成績は70人中35位。麻実れい フレッシュアイペディアより)

289件中 11 - 20件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード