250件中 11 - 20件表示
  • アイドル

    アイドルから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1971年デビュー……天地真理・小柳ルミ子・南沙織など。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • 世れんか

    世れんかから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1970年、56期生として宝塚歌劇団に入団。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー! タカラヅカ』で初舞台を踏む。同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃、城月美穂、歌手の小柳ルミ子(当時は夏川るみ)らがいる。当初雪組に配属されていたが1974年に月組に組替。世れんか フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    その他、楽曲提供は小柳ルミ子「赤い燈台」、シュリークス「クジラのスーさん空をゆく」など。また杉田二郎が「今日までそして明日から」をカバーした。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • ドリフ大爆笑

    ドリフ大爆笑から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    研・堀のほか、小柳ルミ子・松田聖子・松本伊代と志村のコンビでもこの夫婦コントシリーズが行われている。ドリフ大爆笑 フレッシュアイペディアより)

  • 大澄 賢也

    大澄賢也から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    大澄 賢也(おおすみ けんや、1965年10月26日-)は、静岡県浜松市出身の俳優、タレント、ダンサー。歌手の小柳ルミ子は元妻。大澄賢也 フレッシュアイペディアより)

  • ワーナーミュージック・ジャパン

    ワーナーミュージック・ジャパンから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1971年 渡辺プロダクションの小柳ルミ子がデビュー。シングル部門の売り上げトップとなる。ナベプロ在籍歌手を中心に、邦楽部門も軒並み好調な売り上げを見せる。ワーナーミュージック・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の音楽

    1972年の音楽から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    天地真理、南沙織、小柳ルミ子などの女性歌手が大人気となる。1972年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 家なき子 (1994年のテレビドラマ)

    家なき子 (1994年のテレビドラマ)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    園田京子(そのだ きょうこ) - 小柳ルミ子家なき子 (1994年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺プロダクション

    渡辺プロダクションから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    いまも斯業では国内有数の規模を誇る同社だが、1960年代から1970年代にかけて「渡辺プロなくしては歌番組やバラエティ番組は作れない」と言われるほどの「一人勝ち」状態を誇っていた。ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツ、ザ・ドリフターズ(これら3グループを総称し「渡辺プロ3大タレント」と呼ぶこともあるが、ザ・ドリフターズはナペプロ創成期から在籍していた前者二組の後輩にあたり、さらに1979年に系列事務所「イザワオフィス」に移籍しているため、クレージーキャッツとザ・ピーナッツで2大タレントではないかという声やザ・タイガースやキャンディーズも入れるべきだという評論家の声も根強い)、園まり、沢田研二、布施明、森進一、小柳ルミ子、天地真理、キャンディーズ等の大スターを多数抱え、番組も多数制作した。渡辺プロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 天地真理

    天地真理から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    同年10月1日にアイドル歌手として「水色の恋」でデビューし大ヒットした。以後、1974年までにかけて「ちいさな恋」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」「ふたりの日曜日」「若葉のささやき」「恋する夏の日」「空いっぱいの幸せ」「恋人たちの港」「恋と海とTシャツと」「想い出のセレナーデ」からなる一連の大ヒット曲を発表する。相前後してデビューした南沙織、小柳ルミ子とともに『三人娘』と呼ばれた。ヒット曲は主に『森田公一とトップギャラン』で知られる森田公一が手掛けていたことは有名。オリコンシングルチャートでは5曲が1位を取っており、この記録は、後に松田聖子に破られるまで女性ソロシンガーでの最多記録であった。70年代初期における天地真理ブームは老若男女を問わず厚い層に波及し、正に国民的スーパー・アイドルとなった。天地真理 フレッシュアイペディアより)

250件中 11 - 20件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード