250件中 31 - 40件表示
  • たそがれラブコール

    たそがれラブコールから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「たそがれラブコール」は、1981年8月に発売された小柳ルミ子の34枚目のシングルである。たそがれラブコール フレッシュアイペディアより)

  • 石橋正高

    石橋正高から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    趣味はサーフィン、野球など、さわやかなイメージの物が多いが、出演作品は複雑になった人間関係をベースにした作品が多い。2007年7月に小柳ルミ子との婚約を発表したが、「いつまでも甘えられて疲れた。」と11月に同居を解消し、婚約も解消したことを小柳が告白した。実際には、交際発覚する1ヶ月前には破局していたとのこと。石橋正高 フレッシュアイペディアより)

  • 花のステージ

    花のステージから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1978年4月?1978年12月 伊東四朗、小柳ルミ子 (小柳がコンサート等で出演できない場合はゲスト歌手が代理司会)花のステージ フレッシュアイペディアより)

  • 愛の狩人 (曲)

    愛の狩人 (曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「10万枚を超えるヒット」というこの数字は、1976年当時、トップアイドルだった岡田奈々の『青春の坂道』(1976年3月10日、10.5万枚)、小柳ルミ子の『桜前線』(1976年1月10日、10.0万枚)、あるいは敏いとうとハッピー&ブルーの『星降る街角』(1977年5月25日発売、10.4万枚)、ウォルター・マーフィー&ザ・ビッグ・アップル・バンドの『運命'76』(1976年8月20日、10.1万枚)に匹敵するものであった。愛の狩人 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 石田ゆり

    石田ゆりから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1968年、梅花高校1年修了で宝塚音楽学校に入学。1970年、同校を卒業。同期には小柳ルミ子や麻実れい等がいた。「名月ゆり」の芸名も決まっていたが、宝塚歌劇団への入団辞退をし、上京し。芸映に所属。同年9月、なかにし礼作詞・筒美京平作曲の「悲しみのアリア」で東芝レコードから歌手デビュー。石田ゆり フレッシュアイペディアより)

  • 恋にゆれて

    恋にゆれてから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「恋にゆれて」(こいにゆれて)は、1973年5月に発売された小柳ルミ子の8枚目のシングルである。恋にゆれて フレッシュアイペディアより)

  • 冬の駅

    冬の駅から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「冬の駅」(ふゆのえき)は、1974年10月に発売された小柳ルミ子の13枚目のシングルである。オリコンでは1972年の「京のにわか雨」以来の1位を獲得した。冬の駅 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーク (小柳ルミ子の曲)

    ジョーク (小柳ルミ子の曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「ジョーク」は、1980年10月に発売された小柳ルミ子の32枚目のシングルである。ジョーク (小柳ルミ子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 完熟娘。

    完熟娘。から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    今さらジロー(小柳ルミ子)完熟娘。 フレッシュアイペディアより)

  • 純潔 (南沙織の曲)

    純潔 (南沙織の曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    本楽曲で『第23回NHK紅白歌合戦』に出場をした(通算2回目)。その映像は、2006年6月14日発売の35周年CD-BOX『Cynthia Premium』に収められたDVDでも見ることが出来る。その紅白の舞台では、南が歌うバックで歌手デビュー前のキャンディーズがパンダの着ぐるみたちと踊っている。その南が歌うシーンのほんの一部分と、3匹のパンダが着ぐるみの頭部分をとるシーンが、2002年年末の NHK BS2特番『あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白』内で放送された。パンダ役は向かって左から天地真理・小柳ルミ子・谷啓である。また、トップバッターで天地が歌う際も手拍子をする南や小柳が頻繁に映されるなど、新時代の "三人娘" を意識した演出が繰り広げられた。純潔 (南沙織の曲) フレッシュアイペディアより)

250件中 31 - 40件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード