250件中 61 - 70件表示
  • 佐瀬寿一

    佐瀬寿一から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「思い出にだかれて」(歌:小柳ルミ子、作詞:橋本淳)佐瀬寿一 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬邦彦

    加瀬邦彦から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1974年 『冬の駅』(作詞:なかにし礼、歌:小柳ルミ子加瀬邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 江木俊夫

    江木俊夫から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子ショウ(1979年、あさくさ国際劇場)江木俊夫 フレッシュアイペディアより)

  • 白と黒 (テレビドラマ)

    白と黒 (テレビドラマ)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    橘(大貫)彩乃 - 小柳ルミ子白と黒 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 天然の美

    天然の美から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    作曲には、近田が尊敬する作曲家の筒美京平、元ザ・ワイルドワンズで沢田研二の第4回日本歌謡大賞受賞曲『危険なふたり』(1973年)の作曲家・加瀬邦彦、元ジャッキー吉川とブルーコメッツで、近田がハルヲフォン時代にカヴァーした『ブルー・シャトウ』(1967年)や、フィンガー5の『学園天国』(1974年)を手がけた井上忠夫(のちの井上大輔)、山口百恵の『横須賀ストーリー』(1976年)以降の楽曲を手がけるヒットメーカーでダウン・タウン・ブギウギ・バンド在籍時の宇崎竜童、「響わたる」名義で安西マリアの『サヨナラ・ハーバーライト』(1976年)や『センチメンタル・グループ・サウンズ』(同年)に楽曲を提供、のちに小柳ルミ子に『お久しぶりね』(1983年)のヒットをもたらす杉本真人を起用している。天然の美 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回日本レコード大賞

    第14回日本レコード大賞から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    第14回の大賞は、ちあきなおみの「喝采」に決定した。ちあきなおみは初の受賞。この年は、上半期の大ヒット曲で日本歌謡大賞を受賞した小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」が大賞の最有力候補だったが、9月に発売されヒットチャートを急上昇し始めた、ちあきなおみの「喝采」が大賞候補に急浮上し、両曲が歌唱賞を受賞。2曲がデッドヒートを繰り広げる形となり、大逆転で「喝采」が大賞を受賞した。第14回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田真弥

    岸田真弥から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    第37回NHK紅白歌合戦(1986年、NHK)小柳ルミ子のバックダンサー岸田真弥 フレッシュアイペディアより)

  • あなたが選ぶ今週のベスト1

    あなたが選ぶ今週のベスト1から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    第1回目のゲスト歌手は、岩崎宏美・片平なぎさ・森進一・山口百恵・小柳ルミ子・西城秀樹・太田裕美の7人。特別ゲストは、『トラック野郎シリーズ』でお馴染みの菅原文太と愛川欽也だった。あなたが選ぶ今週のベスト1 フレッシュアイペディアより)

  • 証城寺の狸囃子

    証城寺の狸囃子から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    歌手・小柳ルミ子がライヴで歌った際の歌唱が音源化されている。「小柳ルミ子 CD-BOX」(2002年(平成14年)5月21日)に収録。証城寺の狸囃子 フレッシュアイペディアより)

  • ひとり囃子

    ひとり囃子から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「ひとり囃子」(ひとりばやし)は、1974年6月に発売された小柳ルミ子の12枚目のシングルである。ひとり囃子 フレッシュアイペディアより)

250件中 61 - 70件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード