289件中 61 - 70件表示
  • 天然の美

    天然の美から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    作曲には、近田が尊敬する作曲家の筒美京平、元ザ・ワイルドワンズで沢田研二の第4回日本歌謡大賞受賞曲『危険なふたり』(1973年)の作曲家・加瀬邦彦、元ジャッキー吉川とブルーコメッツで、近田がハルヲフォン時代にカヴァーした『ブルー・シャトウ』(1967年)や、フィンガー5の『学園天国』(1974年)を手がけた井上忠夫(のちの井上大輔)、山口百恵の『横須賀ストーリー』(1976年)以降の楽曲を手がけるヒットメーカーでダウン・タウン・ブギウギ・バンド在籍時の宇崎竜童、「響わたる」名義で安西マリアの『サヨナラ・ハーバーライト』(1976年)や『センチメンタル・グループ・サウンズ』(同年)に楽曲を提供、のちに小柳ルミ子に『お久しぶりね』(1983年)のヒットをもたらす杉本真人を起用している。天然の美 フレッシュアイペディアより)

  • 京のにわか雨

    京のにわか雨から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「京のにわか雨」(きょうのにわかあめ)は、1972年8月に発売された小柳ルミ子の5枚目のシングルである。京のにわか雨 フレッシュアイペディアより)

  • 冬の駅

    冬の駅から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「冬の駅」(ふゆのえき)は、1974年10月に発売された小柳ルミ子の13枚目のシングルである。冬の駅 フレッシュアイペディアより)

  • サム・テイラー

    サム・テイラーから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    わたしの城下町/火の女(1971年11月10日) / 小柳ルミ子「わたしの城下町」・森進一『火の女』サム・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • ダンナ小柳

    ダンナ小柳から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    ミュージカル養成所に入るものの、自分の才能に限界を感じ中退。その後南部虎弾と知り合い、電撃ネットワーク(以下「電撃」)を結成。芸名の由来は、当時小柳ルミ子の夫であった大澄賢也に似ている事から。ダンナ小柳 フレッシュアイペディアより)

  • バーナード・スレード

    バーナード・スレードから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    TV界で成功を収めたものの、1975年には演劇の世界に戻り、それぞれ夫や妻のある身でありながら年に一度だけ会って関係を持つカップルを描いた『セイムタイム、ネクストイヤー』Same Time, Next Year を書いた。この作品はチャールズ・グローディンとエレン・バースティンの主演で大成功を収め、公演は1453回に及んだ。スレードはこの作品でドラマ・デスク賞を受賞し、トニー賞 演劇作品賞にもノミネートされた。日本では鴨下信一演出、小柳ルミ子、角野卓造で上演され、小柳はその後も度々演じている。バーナード・スレード フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団56期生

    宝塚歌劇団56期生から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    入学時は72人がいたが中退1人、入団辞退者1人(石田ゆり、元歌手でなかにし礼夫人)であった。元雪組トップスターで現在は女優の麻実れい、元雪組・星組トップ娘役で現在は女優の東千晃、元花組組長の宝純子、元雪組組長の真咲佳子、元専科男役(元星組副組長)の萬あきら、元月組男役スターで在団中のまま逝去した世れんか、元月組娘役スターの条はるき、元雪組娘役スターの城月美穂、 夏川るみ(歌手の小柳ルミ子)、七海水帆子(歌手の疋田愛子)、畠亜里紗(占星術師の水原ゆう紀)、蘭ひでき(羽田健太郎夫人で、羽田紋子(在団時は風吹あゆ)の母)才玉蓮(元星組娘役の仙堂花歩の母)、美樹ひろみ(元花組男役の真輝いづみの母)が入団。宝塚歌劇団56期生 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団56期生

    宝塚歌劇団56期生から見た夏川るみ小柳ルミ子

    入学時は72人がいたが中退1人、入団辞退者1人(石田ゆり、元歌手でなかにし礼夫人)であった。元雪組トップスターで現在は女優の麻実れい、元雪組・星組トップ娘役で現在は女優の東千晃、元花組組長の宝純子、元雪組組長の真咲佳子、元専科男役(元星組副組長)の萬あきら、元月組男役スターで在団中のまま逝去した世れんか、元月組娘役スターの条はるき、元雪組娘役スターの城月美穂、 夏川るみ(歌手の小柳ルミ子)、七海水帆子(歌手の疋田愛子)、畠亜里紗(占星術師の水原ゆう紀)、蘭ひでき(羽田健太郎夫人で、羽田紋子(在団時は風吹あゆ)の母)才玉蓮(元星組娘役の仙堂花歩の母)、美樹ひろみ(元花組男役の真輝いづみの母)が入団。宝塚歌劇団56期生 フレッシュアイペディアより)

  • 博多っ子純情

    博多っ子純情から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    料亭「こやなぎ」の三女で、中学時代からの六平のガールフレンド。中学時代は学級委員長であった。六平のことを一途に思っているが、その分やきもちも激しい。山笠と同様に、福岡市を代表する祭りの一つである博多どんたくに参加している場面も、作品内で描かれている。石堂高校卒業後に地元の大学に進学し、郷土の古代史と遺跡発掘に興味をもつ。六平との関係で何度もぐらつく事があったが、五郎が脳溢血で倒れたときに「私には最初から郷君しかおらん(いない)」と結婚を決意する。名前の由来は福岡市出身の小柳ルミ子(歌手・女優)に因んだもの。博多っ子純情 フレッシュアイペディアより)

  • 心の旅 (チューリップの曲)

    心の旅 (チューリップの曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子 『あたらしい友達』(1974年)心の旅 (チューリップの曲) フレッシュアイペディアより)

289件中 61 - 70件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード