250件中 71 - 80件表示
  • 黄昏の街

    黄昏の街から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「黄昏の街」(たそがれのまち)は、1975年2月に発売された小柳ルミ子の14枚目のシングルである。黄昏の街 フレッシュアイペディアより)

  • 恋岬

    恋岬から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「恋岬」(こいみさき)は、1976年5月に発売された小柳ルミ子の18枚目のシングルである。恋岬 フレッシュアイペディアより)

  • 17才 (南沙織の曲)

    17才 (南沙織の曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    デビュー曲ながら、本楽曲はオリコンの上位にランクインするヒットとなった。また、この曲のヒットは、歌い手と同世代のファンが感情移入できる、新しいタイプのアイドル・ポップス誕生の瞬間であったと語られることがある。いわゆる "女性ヤングアイドル" の基礎を築いたのが南沙織や同期歌手の小柳ルミ子・天地真理であったと語られる機会も多い。17才 (南沙織の曲) フレッシュアイペディアより)

  • Again (研ナオコのアルバム)

    Again (研ナオコのアルバム)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    オリジナルは小柳ルミ子への提供曲。Again (研ナオコのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 明日を抱きしめて

    明日を抱きしめてから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    高宮洋子:三田佳子→小柳ルミ子 - 亮介の前妻で、達也の母。画廊を経営している。明日を抱きしめて フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫女学園中学校・高等学校

    筑紫女学園中学校・高等学校から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子(歌手、中等部)筑紫女学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 萬あきら

    萬あきらから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1970年、56期生として宝塚歌劇団に入団。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー・タカラヅカ!』で初舞台。同期に麻実れい、東千晃、夏川るみ(現・小柳ルミ子)らがいる。萬あきら フレッシュアイペディアより)

  • 大野裕之

    大野裕之から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    2009年 博品館劇場と大阪OBPホールで上演されたミュージカル「ミュージカル・スターは夢を見る・・・」(主演・小柳ルミ子)の作曲・脚本・演出を担当。大野裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 心もよう

    心もようから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「心もよう」の作詞・作曲は井上陽水である。1974年の南沙織(アルバム『夏の感情』)や小柳ルミ子(アルバム『あたらしい友達』)、2004年の平原綾香(アルバム『The Voice』)や2009年の中森明菜(アルバム『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌』)など、多くのアーティストによりカバーされている。心もよう フレッシュアイペディアより)

  • 杏真理子

    杏真理子から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    父親はアメリカ人、母は日本人のハーフ。仕事先の札幌のクラブで歌っていたところをスカウトされ、1971年に日本コロムビアから『さだめのように川は流れる』でデビュー。NTV紅白歌のベストテンで選ばれるなど評論家の支持を集めたものの、同時期にデビューした小柳ルミ子のヒットに埋もれ、売上は2.8万枚にとどまった。その後数枚のシングルをリリースするもヒットすることはなかった。1973年に歌手活動を休止して音楽の勉強のため渡米。杏真理子 フレッシュアイペディアより)

250件中 71 - 80件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード