250件中 81 - 90件表示
  • ビッグショー (テレビ番組)

    ビッグショー (テレビ番組)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1974年4月7日に番組開始。森繁久彌、三波春夫、三橋美智也など大物達が続々と登場。また歌手に限らず、後に人間国宝となる柳家小さん・桂米朝などの落語家や、後に国民栄誉賞を受賞する古賀政男、服部良一、吉田正といった作曲家や勝新太郎も出演した。また大御所だけでなく、沢田研二、天地真理、小柳ルミ子や花の中三トリオ・新御三家といった若者に人気のある歌手も出演した。ビッグショー (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 城月美穂

    城月美穂から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    同期に麻実れい、東千晃、萬あきら、夏川るみ(現・小柳ルミ子)らがいる。城月美穂 フレッシュアイペディアより)

  • ひびき美都

    ひびき美都から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    梓みちよ、小柳ルミ子らを輩出したツルタバレエで小学校3年の終わりから研鑽を積む。途中2年間病気のため、中断するがやはり踊ることが好きで再開し、宝塚を目指す。ひびき美都 フレッシュアイペディアより)

  • 出門英

    出門英から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1968年に、後に妻となるイタリア出身のロザンナ・ザンボンと「ヒデとロザンナ」を結成。デビュー曲の『愛の奇跡』が大ヒットして、一躍売れっ子歌手の仲間入りを果たす。以降も『愛は傷つきやすく』などヒット曲を連発。また作曲家としても小柳ルミ子に『星の砂』(1977年、作詞は関口宏)、森昌子に『彼岸花』(1978年)を提供、ヒットさせている。出門英 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 尾崎亜美

    GOLDEN☆BEST 尾崎亜美から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    読みは『らいむらいと』。尾崎本人制作の楽曲であるが、同名異曲が存在する。筒美京平が作曲した小柳ルミ子の楽曲(「来夢来人」参照)、大友裕子が作曲してあみんがカバーした楽曲(『メモリアル』収録、1983年12月20日)など。GOLDEN☆BEST 尾崎亜美 フレッシュアイペディアより)

  • 外科医有森冴子

    外科医有森冴子から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    ゲスト・・・小柳ルミ子、かとうかずこ、高知東生、志田未来、内藤武敏、織本順吉、渡辺いっけい、梨本謙次郎、河西健司、菅田俊、桐本琢也、舟木幸、市川千恵子外科医有森冴子 フレッシュアイペディアより)

  • 恋 (石川ひとみの曲)

    恋 (石川ひとみの曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1986年にシングルが発売された小柳ルミ子の「乱」は、この曲に別の歌詞をつけた曲である。恋 (石川ひとみの曲) フレッシュアイペディアより)

  • わたしの城下町

    わたしの城下町から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    「わたしの城下町」(わたしのじょうかまち)は、1971年4月に発売された小柳ルミ子のデビュー・シングルである。デビュー・シングルながら130万枚を超すセールスを記録し、1971年の年間第1位に輝いた。わたしの城下町 フレッシュアイペディアより)

  • CR小柳ルミ子

    CR小柳ルミ子から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    CR小柳ルミ子(-こやなぎルミこ、機種名「小柳ルミ子CYBER SPACEルミチャンネル」)は、2006年9月にソフィアが開発し、西陣が発売したCR機デジパチ。歌手、小柳ルミ子とのタイアップ機。CR小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 花の中三トリオ

    花の中三トリオから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    若い女性3人をくくる発想は、かつての「三人娘」(1950?60年代、美空ひばり、雪村いづみ、江利チエミ)や「スパーク3人娘」(中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり)、「新三人娘」(小柳ルミ子、南沙織、天地真理)と同系統といえよう。花の中三トリオ フレッシュアイペディアより)

250件中 81 - 90件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード