171件中 91 - 100件表示
  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た京のにわか雨

    その後も、翌1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」で同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 なども大ヒットし、天地真理・南沙織らとともに当時『三人娘』と呼ばれ(後年には『新三人娘』とも言われる)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た日本一のショック男

    日本一のショック男(1971年・東宝) - 八木沢恵美子 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た筑紫女学園中学校

    筑紫女学園中学校卒業後、宝塚音楽学校に入学。以後の2年間は朝9時より夜10時過ぎまで学び、寮の門限である11時擦れ擦れに帰宅する多忙な年月を過ごす。友人が宝塚音楽学校の先輩にあたる梓みちよの知り合いでその口利きで在学中に渡辺プロダクションに歌手になりたいと願い出る。渡辺プロは、「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」と回答。言葉通り見事、1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を首席で卒業。同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃らがいる。歌手デビューが約束されていたが、初舞台だけは踏みなさいと言われ、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2か月で退団した。歌手デビューを当初から念頭においており、小柳にとって宝塚は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けであった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た日本歌謡大賞

    その後も、翌1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」で同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 なども大ヒットし、天地真理・南沙織らとともに当時『三人娘』と呼ばれ(後年には『新三人娘』とも言われる)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た塀の中のプレイ・ボール

    塀の中のプレイ・ボール(1987年・松竹) - 栗田夏代 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た冬の駅

    その後はアイドルというジャンルを卒業。1970年代後半?1980年代前半に入ってからは、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」など、数々のヒット曲を飛ばした。その軌跡として、デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残している。さらに女優としても活躍し、1983年に日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど高く評価を受ける(詳しくは後述 「女優として」)。8時だョ!全員集合の最多出演ゲストである。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たサッカー

    アルゼンチン代表メッシに魅了されて以来、筋金入りのサッカーファンとなり、年間2000試合を超える観戦を行い、書き留めた観戦ノートは100冊以上に上る。日本代表槙野智章との対談では「スカウティング担当としてきて欲しい」と言わしめた。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たキネマ旬報賞

    1982年『誘拐報道』でキネマ旬報賞助演女優賞、第6回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、1983年に公開の『白蛇抄』で見せた迫真の演技により、第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たおさな妻

    おさな妻 第35話(1971年6月4日 東京12チャンネル)小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た梅田芸術劇場

    小柳ルミ子 いつまでもこんな日が 大阪梅田コマ・ライヴ録音(ワーナー・パイオニア L-10020R) (1975.10.25)小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

171件中 91 - 100件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード