171件中 11 - 20件表示
  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た涼風真世

    1990年代後半から2000年代前半にかけて、土曜ワイド劇場枠で『京都の芸者弁護士事件簿』シリーズとして制作された。主演は小柳と同様に宝塚出身の涼風真世小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た安達祐実

    1994年(平成6年)、日本テレビ系連続ドラマ『家なき子』に安達祐実演じる主人公・相沢すずを執拗に苛める伯母・園田京子役で出演(ドラマでは序盤の3週のみ出演。その後、映画版にも登場)、小柳本人にとっては初の苛め役であった。インタビューでは「絶対に弱みを見せないで頑張りましたね」と安達を評価したこともある。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た長門裕之

    麻雀を得意にしており、フジテレビ系の番組『THEわれめDEポン』で、風間杜夫、阿藤快、長門裕之という実力派相手に小四喜を自摸和したことがある。「東」・「南」・「西」は小柳が副露して「北」の単騎待ち状態だったが、その前に「北」が既に2枚捨てられて残り1枚という厳しい状況だった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たビートたけし

    ビートたけしのTVタックル(1995年1月16日、テレビ朝日) - バイク事故で休養していたビートたけしの代理司会小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た平尾昌晃

    翌1971年(昭和46年)4月25日にはワーナー・ブラザース・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽部門初の歌手として契約。作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなる。同曲は1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第1位を記録し、また第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得した。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たメッシ

    アルゼンチン代表メッシに魅了されて以来、筋金入りのサッカーファンとなり、年間2000試合を超える観戦を行い、書き留めた観戦ノートは100冊以上に上る。日本代表槙野智章との対談では「スカウティング担当としてきて欲しい」と言わしめた。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た槙野智章

    アルゼンチン代表メッシに魅了されて以来、筋金入りのサッカーファンとなり、年間2000試合を超える観戦を行い、書き留めた観戦ノートは100冊以上に上る。日本代表槙野智章との対談では「スカウティング担当としてきて欲しい」と言わしめた。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た天地真理

    その後も、翌1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」で同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 なども大ヒットし、天地真理・南沙織らとともに当時『三人娘』と呼ばれ(後年には『新三人娘』とも言われる)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た新三人娘

    その後も、翌1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」で同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 なども大ヒットし、天地真理・南沙織らとともに当時『三人娘』と呼ばれ(後年には『新三人娘』とも言われる)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たサムスン電子

    サムスン電子 (1990年代後半) 夫(当時)の大澄賢也と共演。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード