111件中 41 - 50件表示
  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た渡辺プロダクション

    筑紫女学園中学校卒業後、宝塚音楽学校に入学。以後の2年間は朝9時より夜10時過ぎまで学び、寮の門限である11時擦れ擦れに帰宅する多忙な年月を過ごす。友人が宝塚音楽学校の先輩にあたる梓みちよの知り合いでその口利きで在学中に渡辺プロダクションに歌手になりたいと願い出る。渡辺プロは、「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」と回答。言葉通り見事、1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を首席で卒業。同期には現専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃らがいる。歌手デビューが約束されていたが、初舞台だけは踏みなさいと言われ、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2ヶ月で退団した。歌手デビューを当初から念頭においており、小柳にとって宝塚は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けであった。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た日本放送協会

    退団した同年の1970年、歌手デビューの前に顔を売るためにNHK連続テレビ小説『虹』で女優としてデビュー。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たABCテレビ

    火曜スーパーワイド 和久峻三の京都ドラマ うちは祇園のゲイシャ弁護士え(1988年6月28日、朝日放送) - 主演。弁護士 藤波静香 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た東海テレビ放送

    白と黒(2008年、東海テレビ) - 会員制サロン「青の館」主宰 大貫彩乃 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た金曜エンタテイメント

    ザ・ドラマチックナイト 松本清張の地方紙を買う女(1987年10月23日、フジテレビ) - 主演。潮田芳子 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た家なき子 (1994年のテレビドラマ)

    1994年(平成6年)、日本テレビ系連続ドラマ『家なき子』に安達祐実演じる主人公・相沢すずを執拗に苛める伯母・園田京子役で出演(ドラマでは序盤の3週のみ出演。その後、映画版にも登場)、小柳本人にとっては初の苛め役であった。インタビューでは「絶対に弱みを見せないで頑張りましたね」と安達を評価したこともある。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た土曜ワイド劇場

    1990年代後半から2000年代前半にかけて、土曜ワイド劇場枠で『京都の芸者弁護士事件簿』シリーズとして制作された。主演は小柳と同様に宝塚出身の涼風真世。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た明日を抱きしめて

    2000年(平成12年)、日本テレビ系列にて松本幸四郎主演で放送されていたドラマ『明日を抱きしめて』にて、主要キャストとして出演していた三田佳子が息子の不祥事の心労から降板。急遽、三田とも親しい小柳に白羽の矢が立てられた。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た金田一少年の事件簿 (テレビドラマ)

    金田一少年の事件簿(第3シリーズ) 黒死蝶殺人事件(2001年8月4日・8月11日 日本テレビ) - 斑目紫紋の妻 緑 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た白蛇抄

    1982年『誘拐報道』でキネマ旬報賞助演女優賞、第6回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、1983年に公開の『白蛇抄』で見せた迫真の演技により、第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

111件中 41 - 50件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード