111件中 51 - 60件表示
  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た火曜スーパーワイド

    火曜スーパーワイド 和久峻三の京都ドラマ うちは祇園のゲイシャ弁護士え(1988年6月28日、朝日放送) - 主演。弁護士 藤波静香 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た魂萌え!

    土曜ドラマ 魂萌え!(2006年、NHK総合)小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た来夢来人 (小柳ルミ子の曲)

    その後アイドルというジャンルを卒業し、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」などのヒット曲を飛ばした。その軌跡として、デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残している。さらに女優としても活躍し、1983年に日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど高く評価を受ける(詳しくは後述 「女優として」)。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た日本アカデミー賞

    その後アイドルというジャンルを卒業し、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」などのヒット曲を飛ばした。その軌跡として、デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残している。さらに女優としても活躍し、1983年に日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど高く評価を受ける(詳しくは後述 「女優として」)。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た霊感

    霊感も強く、旅先でのホテルなどで体験した心霊体験は『ごきげんよう』などのテレビ番組で度々、披露している。さらに涙もろい性格でもあり、『NHK歌謡コンサート』など歌番組での歌唱時に、感極まって思わず涙ぐむシーンをよく見せている。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たダンサー

    1989年(平成元年)に、13歳年下の無名のダンサーであった大澄賢也と電撃結婚するが、2000年(平成12年)に離婚となる(詳しくは後述 「結婚について」) 。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見たカラオケ★バトル

    カラオケ★バトル(2011年 - 、テレビ東京)小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た第13回日本レコード大賞

    翌1971年(昭和46年)4月25日にはワーナーブラザーズパイオニアの邦楽部門初の歌手として契約。作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなる。同曲は1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第1位を記録し、また第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も受賞した。小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た大江戸捜査網

    大江戸捜査網 第172話「盗まれた花嫁」(1975年 テレビ東京)小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ルミ子

    小柳ルミ子から見た復讐のダイヤモンド

    復讐のダイヤモンド(2006年3月18日、テレビ朝日) - 池田美佐子 役小柳ルミ子 フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード