1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • 東海大学付属第三高等学校

    東海大学付属第三高等学校から見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    塩川健司(陸上選手) - 箱根駅伝出場(亜細亜大学)、元小森コーポレーション所属東海大学付属第三高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 流通経済大学付属柏高等学校

    流通経済大学付属柏高等学校から見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    17期生:ジョセファト・ダビリ - 陸上競技選手(流通経済大学→小森コーポレーション)、2007年世界陸上選手権ケニア代表流通経済大学付属柏高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    優勝:ジョセファト・ダビリ(/小森コーポレーション)2時間7分36秒(初マラソンで大会初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 墨田区

    墨田区から見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    小森コーポレーション - 吾妻橋に本社がある。墨田区 フレッシュアイペディアより)

  • 大八木弘明

    大八木弘明から見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    陸上競技にのめり込むようになったのは会津高田一中(現 会津美里町)2年の時。校内マラソンで優勝したのがきっかけだった。中学校入学当初は、体重も100kg近くあり「ドラムカン」とあだ名されていたが、福島県駅伝常勝の陸上部で練習を積み重ね、中学3年時には通信陸上全国5位の実績を築いた。福島県立会津工業高等学校在籍時にはインターハイへの出場を夢見るも、走りすぎによる故障(疲労骨折)と貧血に苦しめられる3年間を過ごすこととなった。また、家庭の事情により大学進学も諦めざるを得なかった。高校卒業後、小森印刷(現・小森コーポレーション)に就職。早朝や昼休みを利用して練習に明け暮れる日々を送った。理由は「箱根を走りたかったこと、(陸上選手として)上を目指したかったから」であった。大八木弘明 フレッシュアイペディアより)

  • セカンドウィンドAC

    セカンドウィンドACから見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    内野雅貴(神奈川大卒・元小森コーポレーション選手、2010年4月 - 2013年2月・SWACビル担当)セカンドウィンドAC フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見た小森コーポレーション小森コーポレーション

    優勝:アルン・ジョロゲ(/小森コーポレーション) 2時間9分38秒(大会初優勝)2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「小森コーポレーション」のニューストピックワード