前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
701件中 1 - 10件表示
  • 民主党 (日本 1998-)

    民主党 (日本 1998-)から見た小沢一郎小沢一郎

    1998年4月、院内会派「民主友愛太陽国民連合」(民友連)に参加していた旧民主党・民政党・新党友愛・民主改革連合が合流して結成された。法規上では、1998年に旧民主党が各党を吸収したという形をとっており、1996年結成の旧民主党が存続ということになっている。2003年9月には小沢一郎率いる自由党が合流(民由合併)したが、2012年7月には小沢は民主党を除籍され、支持する議員とともに新党である「国民の生活が第一」を立ち上げた。民主党 (日本 1998-) フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た小沢一郎小沢一郎

    2005年9月11日投開票の第44回衆議院議員総選挙7期目当選。しかしこの総選挙で民主党が敗北したことを受けての代表選挙では、小沢一郎、菅直人らと後継代表の一本化を図るが、中堅・若手の代表格である前原誠司が立候補を表明したため水泡に帰した。17日発足の前原執行部で幹事長に就任。2005年、同志社大学客員教授。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た小沢一郎小沢一郎

    その後は、羽田孜や小沢一郎に従って新生党結党に参加した。翌年の1994年(平成6年)に新進党に合流した。1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙に敗北した後の新進党内の抗争激化を受けて、翌年の1997年(平成9年)に小沢一郎が新進党解党を宣言する。議員総会で「新進党解党を了承するように」と発言した小沢一郎に対して「有権者を裏切る行為だ」として岡田は解党に強く反対するが、決定は覆らなかった。以後、小沢とは民主党と自由党の合併(民由合併)まで袂を分かつこととなる。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た小沢一郎小沢一郎

    韓国の金大中大統領は1999年から2000年にかけて、韓国の外国人参政権との「相互主義」を掲げて、自民党政権に実現を迫っていた。当時の小渕内閣と森内閣は、自民党単独政権から自自連立政権・自自公政権・自公保政権と連立の道を歩んでおり、連立与党であった自由党や公明党は、韓国の意向を受けて以来、現在まで付与に積極的な姿勢を示している。自由党党首であった小沢一郎(現生活の党)も付与に賛成していた。自自公政権の際には、連立政権合意書に「付与法案を議員提案し成立させる」との合意までなされた(3党での法案提出をできずに自自公政権は終焉を迎えた。)日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た小沢一郎小沢一郎

    1998年の金融国会では、「我々の要求が受け入れられれば政府の退陣は求めない」と発言し、政策新人類と呼ばれた自民党若手議員らとともに、金融関連再生法案の策定に励み実際に丸呑みと揶揄されるほど、菅らの主張が受け入れられたが、小沢一郎らは「参院選で大勝した直後に政局にしないとは弱腰極まりない」と批判するなど、この言動に対する評価は分かれた。菅の金融問題への対応は素早く、経済学者金子勝は朝まで生テレビにて菅を、政治家としては最も早く金融に着目・解決のためのスキームをまとめさせたとして、菅の功績を評価する発言をしている。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た小沢一郎小沢一郎

    1983年に中川が死去すると、第37回衆議院議員総選挙で中川が生前に立候補していた中選挙区時代の北海道5区(定数5)から、自民党の公認を得られず保守系無所属で出馬。中川の長男である昭一と骨肉の争いを演じ、激戦の末共に初当選(当選同期には田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・甘利明など)。期間中、支持者に対して車窓から箱乗りして手を振る姿は有名である。初当選後田中角栄派の幹部だった金丸信に掛け合い、当時の中曽根康弘総裁から追加公認された。鈴木の事前公認に反対したのは党総務局長だった小沢一郎で、鈴木はそれを知ると後々まで恨んだというが、現在は和解している。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井静香

    亀井静香から見た小沢一郎小沢一郎

    2012年11月28日、嘉田由紀子滋賀県知事が結成した日本未来の党に減税日本・反TPP・脱原発を実現する党が合流して日本未来の党所属となるが、嘉田代表と小沢一郎の党内対立の影響で同年12月27日に離党。翌12月28日にみどりの風に参加。亀井静香 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本龍太郎

    橋本龍太郎から見た小沢一郎小沢一郎

    橋本は小沢一郎や羽田孜、小渕恵三ら、かつての田中派・竹下派の幹部の1人であり、1990年代の日本の政界を代表する政治家である。「ポマード頭」と呼ばれる整髪料で丹念に整えた髪形(ただし実際はポマードではなく、ヘアクリームやムースでヘアスタイルを整えていた)が特徴。剣道教士六段の段位を持つ。橋本龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た小沢一郎小沢一郎

    小沢一郎幹事長のもと自民党政権が(竹下登と金丸信を中心とする竹下派)の経世会支配で政界が安定する。自民党の最大派閥であった竹下派は、1992年(平成4年)に経世会の会長の金丸信が東京佐川急便事件で逮捕された事をきっかけに小渕派と小沢一郎を中心とする羽田派に分裂した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党 (日本)

    自由民主党 (日本)から見た小沢一郎小沢一郎

    菅直人・鳩山由紀夫が結党した旧民主党や小沢一郎の作った自由党が登場した後は、党の正式名称である「自由民主党」を使うと混同される恐れがあるため、略称の「自民党」または「自民」を使う頻度が増えている。機関紙も、それまでの『自由新報』から『自由民主』に改題した。なお、野党となった2009年(平成21年)9月、党の政権構想会議で「自由民主党」に「世論の拒否反応がある」との理由で党名変更論が出た。「和魂党」「自由新党」などの新党名が提案されたが、批判が相次いだため結果として改名はされなかった。自由民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
701件中 1 - 10件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード