前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
837件中 1 - 10件表示
  • 岡田克也

    岡田克也から見た小沢一郎小沢一郎

    その後は、羽田孜や小沢一郎に従って新生党結党に参加した。翌年の1994年(平成6年)に新進党に合流した。1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙に敗北した後の新進党内の抗争激化を受けて、翌年の1997年(平成9年)に小沢一郎が新進党解党を宣言する。議員総会で「新進党解党を了承するように」と発言した小沢一郎に対して「新進党と書いてくださった有権者に対する裏切りだ」として岡田は解党に強く反対するが、決定は覆らなかった。以後、小沢とは民主党と自由党の合併(民由合併)まで袂を分かつこととなる。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た小沢一郎小沢一郎

    2005年9月11日投開票の第44回衆議院議員総選挙7期目当選。しかしこの総選挙で民主党が敗北したことを受け岡田克也が代表を辞任すると、後継を争う代表選挙では、小沢一郎、菅直人らと後継代表の一本化を図るが、中堅・若手の代表格である前原誠司が立候補を表明したため水泡に帰した。17日発足の前原執行部で幹事長に就任。2005年、同志社大学客員教授。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (日本 1998-2016)

    民主党 (日本 1998-2016)から見た小沢一郎小沢一郎

    1980年代の後半からリクルート事件などを契機として政治とカネのあり方が問われ始めると、小沢一郎・後藤田正晴らを中心に自民党内の一部で小選挙区制と政党交付金の導入を主張する政治改革の機運が高まっていった。これには政権交代可能な二大政党制を実現させ、中選挙区制によって馴れ合いに陥っていた(小沢談)55年体制を打破するという目的があった。民主党 (日本 1998-2016) フレッシュアイペディアより)

  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た小沢一郎小沢一郎

    自民党内では佐藤派→田中派→竹下派→小渕派と一貫して保守本流を歩き、渡部恒三・小沢一郎・橋本龍太郎らと共にいわゆる「竹下派七奉行」に列せられた。また、竹下登に一貫して師事し、竹下直系として力を握った。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た小沢一郎小沢一郎

    2003年9月26日に小沢一郎が党首を務める自由党との合同を実現した(民由合併)。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た小沢一郎小沢一郎

    小沢一郎幹事長の下自民党政権が(竹下登と金丸信を中心とする竹下派)の経世会支配で政界が安定する。自民党の最大派閥であった竹下派は、1992年(平成4年)に経世会の会長の金丸信が東京佐川急便事件で逮捕されたことをきっかけに小渕派と小沢一郎を中心とする羽田派に分裂した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た小沢一郎小沢一郎

    1983年に中川が死去すると、第37回衆議院議員総選挙で中川が生前に立候補していた中選挙区時代の北海道5区(定数5)から、自民党の公認を得られず保守系無所属で出馬。中川の長男である昭一と骨肉の争いを演じ、激戦の末共に初当選(当選同期には田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・金子原二郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・甘利明など)。期間中、支持者に対して車窓から箱乗りして手を振る姿は有名である。初当選後、自民党の中曽根康弘総裁から追加公認され、自民党に入党した。鈴木の事前公認に反対したのは党総務局長だった小沢一郎で、鈴木はそれを知ると後々まで恨んだというが、現在は和解している。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 東京佐川急便事件

    東京佐川急便事件から見た小沢一郎小沢一郎

    1987年、自民党次期首相最有力候補の竹下登は、右翼団体日本皇民党(稲川会系)による執拗なほめ殺し攻撃を受けていた。これは、恩義のある田中角栄を、竹下が裏切ったことが原因であったとされる。竹下は、これに対処するため、腹心の金丸信に相談。金丸は、佐川急便の渡辺広康社長(当時)に、暴力団稲川会会長石井隆匡との仲介を依頼。東京都内のホテルで竹下、金丸、渡辺、小沢一郎が善後策を協議。その結果、竹下は田中邸を訪れ、謝罪することになった。この訪問は門前払いとなったが、事件は沈静化した。魚住汎英は、この件で稲川聖城(稲川会総裁)に会いに行ったと話している。東京の高級料亭で金丸信が石井に面会し、「私が彼(石井)と会ったのは感謝の気持ちからです。もちろん、よくないとはわかっていましたが、ともかくそうしたのです。」と言ったという。数週間後の1987年11月、竹下登は、首相に就任。この成功により渡辺広康は、政界に強いコネクションができた事を、おおいに喜んだ。その後、東京佐川急便は、石井隆匡が経営権を保有していた岩間カントリークラブ(旧平和相互銀行グループ)をはじめ、石井と関係のある会社に対して、次々と融資や巨額の債務保証を、行う様になる。東京佐川急便が債務保証を行った融資。その総額は、約4395億円に上り、40企業(うち稲川会のフロント企業は6社、総額1000億円)と1個人(石井本人)に及んだ。東京佐川急便事件 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た小沢一郎小沢一郎

    小沢一郎幹事長の下自民党政権が(竹下登と金丸信を中心とする竹下派)の経世会支配で政界が安定する。自民党の最大派閥であった竹下派は、1992年(平成4年)に経世会の会長の金丸信が東京佐川急便事件で逮捕されたことをきっかけに小渕派と小沢一郎を中心とする羽田派に分裂した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た小沢一郎小沢一郎

    村山は、社会党党内では自治労右派、政権構想研究会、水曜会に所属しており、一貫して社会党右派として活動してきた。ただし村山内閣成立後、小沢一郎らと連携を目指し自社さ連立政権に批判的な勢力を「社会党右派」、自社さ連立政権を支持する勢力を「社会党左派」とマスコミが便宜的に呼称したため、村山が社会党左派であるかのような誤解が生じた。なお、村山内閣で入閣した浜本万三、大出俊、山口鶴男らはいずれも社会党右派に属している。村山富市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
837件中 1 - 10件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード