701件中 11 - 20件表示
  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た小沢一郎小沢一郎

    小沢一郎とは新生党時代から政治行動を共にし、小沢と自民党など他党の幹部との連絡役を務めた。自由党時代、小沢側近の中で自自連立に最後まで反対した。小沢の最側近議員言われている。活字文化議員連盟、日英議員連盟、スポーツゴルフ確立の為の議員連盟等の会長を務める。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 票田のトラクター

    票田のトラクターから見た小沢一郎小沢一郎

    作者ケニー鍋島は小沢一郎に近い政治ジャーナリスト渡辺乾介であり、彼が政界で見聞きしたことをフィクションの形で残すために作られた政治漫画。第1部は『ビッグコミックオリジナル』、以後は『週刊ポスト』掲載。票田のトラクター フレッシュアイペディアより)

  • 山岸章

    山岸章から見た小沢一郎小沢一郎

    1991年の東京都知事選では、自民党が推す磯村尚徳に社公民三党が相乗りすることで、社公民の関係を強化しようと考えた。しかし、社会党の土井たか子委員長は「(磯村擁立を進めたのが自民党の小沢一郎なので)反小沢」を理由に自民との相乗りを拒み、このもくろみも失敗した。山岸章 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た小沢一郎小沢一郎

    2009年11月20日、中国外相楊潔篪が小沢一郎民主党幹事長に国会議事堂内で国家副主席の訪日成功のための協力を求める。楊潔篪外相と鳩山由紀夫首相が首相官邸で会談。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 保守本流

    保守本流から見た小沢一郎小沢一郎

    1990年代は長期的な経済不況に見舞われ累次の「総合経済対策」により公共事業を実施するが、すでに経済構造の変化により有効的な政策にはならず国・地方の財政赤字が増大。その一方で、金丸信ら竹下派を舞台とする東京佐川急便事件、宏池会の議員が関与した共和汚職事件など疑獄事件が繰り返され、政官財トライアングルの癒着、公共事業における談合、腐敗が明らかになり、利益誘導政治が批判された。また最大派閥竹下派による「数の支配」は厳しい批判の対象となり、とくに竹下、金丸、小沢一郎の三者による政治指導は金竹小と呼ばれた。この経世会支配は、党内においても反発を呼び、加藤紘一(宮沢派)、山崎拓(中曽根派)、小泉純一郎(三塚派)らが派閥横断的な提携関係により経世会支配に対抗しようとした(YKK)。こうして政治改革が最大の課題となり、これをめぐる混乱のなかで保守本流の流れを汲む2派閥は、経世会は政治改革をめぐって小沢一郎、羽田孜らが離脱、改革フォーラム21を結成(羽田派)、ついで離党した後、小渕恵三を会長とする平成研究会となり、橋本龍太郎、小渕恵三の2代の総理大臣を出した。また宏池会は宮沢喜一の後継会長をめぐって、河野洋平、麻生太郎らが離脱、ついで派閥会長加藤紘一が支持率の低迷する森喜朗内閣の倒閣を狙ったいわゆる加藤の乱で、古賀誠を中心とする古賀派と加藤に従った小里貞利ら小里派(のちに谷垣派)に3分裂した。また森喜朗の後継首相、小泉純一郎は旧経世会の支持基盤である郵政事業の解体、道路などの公共事業の削減を進めると同時に、派閥最高幹部である野中広務、青木幹雄のうち参議院議員を掌握する青木と提携することで平成研の分断をはかり、さらに日歯連闇献金事件をきっかけに橋本が政界引退を余儀なくされ、有力な総裁候補がいないこともあり平成研(津島派)は弱体化した。保守本流 フレッシュアイペディアより)

  • 高木義明

    高木義明から見た小沢一郎小沢一郎

    1994年、民社党解党に伴い、新進党の結党に参加した。新進党では副幹事長や国会対策副委員長を務める。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、比例九州ブロック単独で出馬し、3選。1997年末、小沢一郎党首が突如、新進党の解党を宣言したため、新進党解党後は旧民社党系議員で結成された新党友愛に参加。その後、民主党に合流した。高木義明 フレッシュアイペディアより)

  • 北出美翔

    北出美翔から見た小沢一郎小沢一郎

    2008年秋、大学3年に在学中に小沢一郎の事務所に勤務、2009年大学卒業後は、小沢一郎の秘書として、主に、経理関係を担当。北出美翔 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た小沢一郎小沢一郎

    常任幹事会代表=小沢一郎、代表代行=菅直人、常任幹事会副代表=岡田克也/川端達夫/赤松広隆/北澤俊美/円より子、常任幹事会幹事長=鳩山由紀夫、政策調査会長=松本剛明、国会対策委員長=高木義明、参議院議員会長=輿石東第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 青木愛 (政治家)

    青木愛 (政治家)から見た小沢一郎小沢一郎

    衆院選落選後は社会福祉法人理事や自身の政治の師である小沢一郎の秘書を務めていたが、2007年の第21回参議院議員通常選挙では比例代表区に立候補、得票数297,034票(民主党内第3位)を得て当選し政界復帰。青木愛 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木克昌

    鈴木克昌から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年9月、菅第1次改造内閣で総務副大臣に任命され、2011年1月発足の菅第2次改造内閣でも再任された。同年6月1日、衆議院に提出された内閣不信任決議案への対応をめぐり、辞表を提出して賛成票を投じる意向を表明(東祥三内閣府副大臣・三井辨雄国土交通副大臣・樋高剛環境大臣政務官・内山晃総務大臣政務官も同調)。したこの事態を受け、菅は東日本大震災への対応に目処がついた時点で退陣する考えを表明した。菅の退陣表明を受け、鈴木らは翌2日の内閣不信任決議案には反対票を投じ、一旦提出した辞表を撤回した。ただし、採決に先立って行われた菅と鳩山由紀夫による会談で菅は前提付きの退陣を表明したが、この内容に疑問を持った小沢一郎の意を受けた鈴木は、退陣期日と小沢の処遇を文書で回答するよう要求する質問状を菅に手渡している。鈴木克昌 フレッシュアイペディアより)

701件中 11 - 20件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード