701件中 21 - 30件表示
  • 赤松広隆

    赤松広隆から見た小沢一郎小沢一郎

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、愛知5区で自民党の木村隆秀に初めて敗北を喫したが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、5選。総選挙後、辞任した岡田克也に代わり民主党代表に選出された前原誠司の下で、党副代表に就任した。2006年、小沢一郎代表の下でも副代表に留任。2007年8月には再び党選挙対策委員長に就任し、小沢代表の下、第45回衆議院議員総選挙の候補者の選定を取り仕切った。赤松広隆 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た小沢一郎小沢一郎

    農林水産大臣退任後は党副幹事長や党内の政治改革本部の委員として政策提言を行う。このことから、1992年の東京佐川急便事件に端を発する政治改革の動きを受けて組閣された宮澤改造内閣で総務庁長官に任命され、2度目の入閣を果たした。総務庁長官在任中は、主に許認可権の削減や規制改革に取り組み、政治改革を推進する立場から、海部俊樹前首相が会長を務める政治改革推進議員連盟のメンバーにも名を連ねていた。しかし、首相の宮澤喜一は政治改革の法制化にあまり積極的でなく、結局宮澤内閣の不信任決議案が羽田派の羽田孜、小沢一郎らの造反により可決されたため、宮澤は衆議院を解散(嘘つき解散)。自民党を離党した羽田派は新生党を結成。第40回衆議院議員総選挙では新生党に加え、不信任案には反対したものの自民党を離党した武村正義、田中秀征、鳩山由紀夫らの新党さきがけ、細川護煕が前年に結成し支持を伸ばしていた日本新党が大勝し、宮澤自民党は過半数を割り込む。総選挙後、宮澤内閣は退陣した。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た小沢一郎小沢一郎

    このときのメンバーだった橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、小沢一郎、羽田孜、そして田中側近の小沢辰男に近いことから当初参加せず後から参加した奥田敬和、口が軽いとみられ早稲田の後輩ながら誘われなかった渡部恒三は後に竹下派七奉行と呼ばれた。後の幹部に野中広務、綿貫民輔、村岡兼造らがいた。また、のちに民主党代表となる鳩山由紀夫、岡田克也も若手として所属していた。竹下登 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣

    鳩山由紀夫内閣から見た小沢一郎小沢一郎

    脱官僚・政治主導を掲げ、国家戦略室と行政刷新会議を設置した。衆議院選挙で民主党は、子ども手当、高速道路の無料化などを政権公約に掲げていたが、財源の問題もあり不完全にしか実施されなかった。ほかに、事業仕分け、高等学校授業料無償化などが実施された。政策の決定には小沢一郎民主党幹事長が強い影響力を行使していたとみられている。鳩山由紀夫内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た小沢一郎小沢一郎

    自民党を中心とする野党は、鳩山内閣のアキレス腱とも言われる、鳩山由紀夫内閣総理大臣や民主党小沢一郎幹事長の政治資金収支報告書虚偽記載問題の追及などで攻勢を図る。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 森裕子

    森裕子から見た小沢一郎小沢一郎

    2013年1月25日、生活の党代表を辞任、新しい代表には小沢一郎が就任した。森裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 増田寛也

    増田寛也から見た小沢一郎小沢一郎

    岩手県知事工藤巌の病気再選不出馬を受けた選挙で、当時新進党幹事長の小沢一郎に見出され、官僚を辞して立候補。自民党推薦の前副知事佐々木浩や前代議士で後の釜石市長たる日本社会党県本部長小野信一を破って初当選を果たした。当選後は反小沢のスタンスに転じた。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た小沢一郎小沢一郎

    吉田茂の側近の一人。新進党、民主党の党代表などを歴任した小沢一郎は息子にあたる。小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年6月に首相に就任した菅直人は7月に第22回参議院議員通常選挙敗北を喫した後に9月に施行された民主党代表選挙にて小沢一郎民主党元代表を下して代表に再選されたことを受けて内閣改造を断行し、第176臨時国会にのぞんだ。しかし、参議院選挙の結果で生じた衆参両院のねじれ状態により審議が進まず、尖閣諸島中国漁船衝突事件への対応や小沢の「政治とカネ」を巡る問題について野党の激しい追及を受け、11月には仙谷由人内閣官房長官と馬淵澄夫国土交通大臣に対して参議院で問責決議が可決され、野党は両名が所轄する議案の審議を拒否した。また、仙谷や柳田稔法務大臣(当時)の失言により審議が空転し、政府が提出した法案の成立率が過去10年で最低の37.8%までに追い込まれた。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 嘉田由紀子

    嘉田由紀子から見た小沢一郎小沢一郎

    真に県民のための県政を目指すという「超政党」という立場から全政党に対して推薦依頼を提出する。自民党と民主党は別々に、國松知事と嘉田の双方から主張を聞く会を催した。民主党内には嘉田を推す声が強かったが、新幹線の新駅に対する立場を変えることができず、結果的に自民、民主両党は現職に相乗りした(民主党県連の決定直後に小沢一郎代表の相乗り禁止指令が出た)。共産党は当初嘉田支援のために動いたが、途中で推薦から支持に切り替えた嘉田に対する反発と、新駅及びダム建設推進に含みを残す自民党近江八幡支部との対立から支援を見送り、対立候補(無所属の推薦候補)を立てた。嘉田側は、共産党から他党の関係者を入れないように申し入れを受け、「政党の違いは小異であり、県民党の立場で支持を求めた」が、受け入れられなかったと言っている。公明党は嘉田・國松での調整がつかず自主投票とした。嘉田は社民党に対する要請でも、途中で推薦から支持に切り替え、社民は不快感を表明したが、最終的に受け入れた。嘉田由紀子 フレッシュアイペディアより)

701件中 21 - 30件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード