701件中 31 - 40件表示
  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た小沢一郎小沢一郎

    4月7日 - 民主党新代表に、小沢一郎が就任。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 小池百合子

    小池百合子から見た小沢一郎小沢一郎

    細川護熙、小沢一郎、二階俊博、小泉純一郎、安倍晋三、中川秀直と時の権力者・実力者の近くを渡り歩いてきた。また、日本新党、新進党、自由党、保守党、自民党と5つの政党を渡り歩いていたため、「政界渡り鳥」と揶揄されることもあるが、日本新党、新進党、保守党は党そのものが解党し、自由党を離党したのも自自公連立政権からの離脱に反対したためで、自発的に離党したのは自由党離党の時のみである。小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 三井辨雄

    三井辨雄から見た小沢一郎小沢一郎

    同年6月1日、小沢一郎が菅内閣に対する不信任決議案への賛成を示唆し、これに同調して国土交通副大臣を辞任する意向を固める。同日の不信任案提出後、三井、東祥三、鈴木克昌、内山晃、樋高剛の5人が辞表を提出し、菅内閣不信任決議案に賛成する意向を示した。この事態を受け、菅は東日本大震災への対応に目処がついた時点で退陣する考えを表明。これを受け、三井ら5人は翌2日の採決では反対票を投じた。翌3日、菅の慰留を受け辞意を撤回した。三井辨雄 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た小沢一郎小沢一郎

    2007年9月25日に開かれた内閣総理大臣指名選挙(首班指名選挙)において、与党が過半数を占める衆議院では圧倒的多数で指名されるが、逆に野党が過半数を占める参議院では、民主党の小沢一郎が指名されるという“ねじれ国会”(逆転国会)の象徴的現象が起きた。両院協議会が開催されるが議論はまとまらず、法規に則り衆議院の議決が国会の議決となり、福田が内閣総理大臣に指名された。内閣の組閣に当たり、記者会見で福田は、「一歩でも違えば、自民党が政権を失う可能性もある」と指摘した上で、「背水の陣内閣」と自身の内閣を命名した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た小沢一郎小沢一郎

    党結成に関して、新生党の代表幹事であった小沢一郎(当時:新党準備委員会委員長)は「保守党」と名付けることを希望したが、周囲の反発により断念した。初代党首選挙は、自由改革連合代表の海部俊樹元首相、新生党党首の羽田孜元首相、民社党委員長の米沢隆の3名で争われ、海部が勝利した。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小沢一郎小沢一郎

    2012年6月26日の消費税増税法案には、小沢一郎や鳩山由紀夫らが反対票を投じ、小沢は自身のグループに所属する議員の大半を率いて離党、国民の生活が第一を結党したのに対し、田中は賛成票を投じ、造反の動きに同調しなかった。以前から田中は「反・野田」のスタンスに軸足を置いていたが、2012年9月民主党代表選挙では一転して野田首相の再選を支持し、野田陣営に参加している。同年10月、野田第3次改造内閣で文部科学大臣に任命され、2001年に発足した第1次小泉内閣以来、約11年ぶりに3度目の入閣を果たした。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た小沢一郎小沢一郎

    自民党内では佐藤派→田中派→竹下派→小渕派と一貫して保守本流を歩き、渡部恒三・小沢一郎・橋本龍太郎らとともにいわゆる「竹下派七奉行」に列せられた。また、竹下登に一貫して師事し、竹下直系として力を握った。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た小沢一郎小沢一郎

    宮澤内閣の下で政治腐敗防止のために政治資金規正や政権交代を容易にする小選挙区制度導入といった政治改革実現の目途は立たず、1993年5月、ついに宮澤喜一首相がテレビの特別番組で「政治改革を必ず実現する」「どうしてもこの国会でやる」と断言し、決意を示したものの党内の根強い反対論を覆せず、再び断念に追い込まれた。その結果、宮澤内閣に対する不信任決議案が政治改革を推進する羽田派の賛成により衆議院で可決され、宮澤は解散総選挙を決断。羽田孜、小沢一郎らは自民党を離党し、新生党を結党。また不信任決議案には反対票を投じた武村正義、鳩山由紀夫らも離党し、新党さきがけを結成した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 海江田万里

    海江田万里から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年9月民主党代表選挙に一旦は出馬する意向を表明し、小沢一郎にも出馬の意向を伝えた。しかし、当の小沢が出馬の意向を示したため自身の出馬表明を撤回、代表選挙での小沢への投票を明言した。小沢は菅直人に敗れた。同年9月に発足した菅第1次改造内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)とともに内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)に就任し、初入閣した。また、国務大臣として宇宙開発担当の補職を受けた。海江田万里 フレッシュアイペディアより)

  • 谷岡郁子

    谷岡郁子から見た小沢一郎小沢一郎

    2006年6月6日、小沢一郎と国会で面談し、出馬の意向を打診されるが、民主党県連が希望者を広く募る選考方法を決めたことに反発。「応募しない」とする記者会見を開いた。しかし、小沢の説得により、8月24日に小沢同伴の記者会見を開き、民主党から出馬することを表明した。谷岡郁子 フレッシュアイペディアより)

701件中 31 - 40件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード

  • 野口みずき杯お伊勢さんマラソン

  • 第50回スポニチ賞ステイヤーズS

  • ひとつでも上の順位、1秒でも速く走ることを目標に頑張りたい