837件中 31 - 40件表示
  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た小沢一郎小沢一郎

    小沢一郎とは新生党時代から政治行動を共にし、小沢と自民党など他党の幹部との連絡役を務めた。自由党時代、小沢側近の中で自自連立に最後まで反対した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 森裕子

    森裕子から見た小沢一郎小沢一郎

    同月11日に国民の生活が第一の結党に参加し、党幹事長代行(参議院担当)兼参議院幹事長に就任。11月28日には、滋賀県知事・嘉田由紀子 が結成した日本未来の党に参加し、党副代表に就任した。 2012年12月27日、日本未来の党が分裂、小沢率いる生活の党に入党。党代表に就任した。2013年1月25日、生活の党代表を辞任、新しい代表には小沢一郎が就任した。森は新設の代表代行に就いた。森裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た小沢一郎小沢一郎

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 中塚一宏

    中塚一宏から見た小沢一郎小沢一郎

    衆議院議員(3期)、民主党副幹事長、内閣府副大臣(野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、復興副大臣(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、内閣府特命担当大臣(金融、「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画)等を歴任した。小沢一郎の側近と言われた。中塚一宏 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た小沢一郎小沢一郎

    吉田茂の側近の一人。新進党、民主党の党代表などを歴任した小沢一郎の父。小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た小沢一郎小沢一郎

    韓国の金大中大統領は1999年から2000年にかけて、韓国の外国人参政権との「相互主義」を掲げて、自民党政権に実現を迫っていた。当時の小渕内閣と森内閣は、自民党単独政権から自自連立政権・自自公政権・自公保政権と連立の道を歩んでおり、連立与党であった自由党や公明党は、韓国の意向を受けて以来、現在まで付与に積極的な姿勢を示している。自由党党首であった小沢一郎(現自由党 (日本 2016-))も付与に賛成していた。自自公政権の際には、連立政権合意書に「付与法案を議員提案し成立させる」との合意までなされた(3党での法案提出をできずに自自公政権は終焉を迎えた。)日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党 (日本)

    自由民主党 (日本)から見た小沢一郎小沢一郎

    自民党は多数の政治家を輩出しており、90年代以降の政界再編で非自民勢力の大物政治家であっても、元をたどれば自民党出身者が多い。内閣総理大臣では細川護熙・羽田孜・鳩山由紀夫、その他では岡田克也・小沢一郎・亀井静香などである。自由民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た小沢一郎小沢一郎

    宮澤内閣の下で政治腐敗防止のために政治資金規正や政権交代を容易にする小選挙区制度導入といった政治改革実現の目途は立たず、1993年5月、ついに首相の宮澤喜一がテレビの特別番組で「政治改革を必ず実現する」「どうしてもこの国会でやる」と断言し、決意を示したものの党内の根強い反対論を覆せず、再び断念に追い込まれた。その結果、宮澤内閣に対する不信任決議案が政治改革を推進する羽田派の賛成により衆議院で可決され、宮澤は解散総選挙を決断。羽田孜、小沢一郎らは自民党を離党し、新生党を結党。また不信任決議案には反対票を投じた武村正義、鳩山由紀夫らも離党し、新党さきがけを結成した。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 野田佳彦

    野田佳彦から見た小沢一郎小沢一郎

    2008年(平成20年)8月に「本当の二大政党なら政策論争をしないと意味がない」と主張して、民主党代表選への出馬をあきらかにしたが、幹部の松本剛明に強く自制を求められるなどみずからのグループをまとめきれず、さらに安住淳国対委員長代理(当時)からいわゆる偽メール問題の責任を挙げられ自省を迫られるなど、推薦人(20人)確保のめどが立たず、出馬を断念。これにより、小沢一郎代表体制の継続が事実上決まった。野田の出馬断念に反発した馬淵澄夫はグループを脱会した。野田佳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年6月に首相に就任した菅直人は7月に第22回参議院議員通常選挙で敗北。その後9月の民主党代表選挙にて小沢一郎元民主党代表を下して代表に再選されたことを受けて内閣改造を行い、第176臨時国会に臨んだ。しかし、参議院選挙の結果で生じた衆参両院のねじれ状態により審議が進まず、尖閣諸島中国漁船衝突事件への対応や小沢の「政治とカネ」を巡る問題について野党の激しい追及を受けた。11月には仙谷由人内閣官房長官と馬淵澄夫国土交通大臣に対して参議院で問責決議が可決され、野党は両名が所轄する議案の審議を拒否。また、仙谷や柳田稔法務大臣(当時)の失言により審議が空転し、政府が提出した法案の成立率が過去10年で最低の37.8%まで低下した。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

837件中 31 - 40件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード