837件中 41 - 50件表示
  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た小沢一郎小沢一郎

    4月7日 - 民主党新代表に、小沢一郎が就任。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た小沢一郎小沢一郎

    このときのメンバーだった橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、小沢一郎、羽田孜、そして田中側近の小沢辰男に近いことから当初参加せず後から参加した奥田敬和、口が軽いとみられ早稲田の後輩ながら誘われなかった渡部恒三は後に竹下派七奉行と呼ばれた。後の幹部に野中広務、綿貫民輔、村岡兼造らがいた。また、のちに民主党代表となる鳩山由紀夫、岡田克也も若手として所属していた。竹下登 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た小沢一郎小沢一郎

    1983年8月7日に、前尾繁三郎、谷垣専一の両衆院議員死亡に伴う衆議院旧京都2区補欠選挙において自民党公認・木曜クラブ新人として、2議席を自民党の宏池会新人谷垣禎一候補(後の自民党総裁)、日本共産党の有田光雄候補(同党京都府委員会役員、後にジャーナリスト・参議院議員になる有田芳生の父)、日本社会党の山中末治候補(元京都府八幡市長。後、衆議院議員)、前尾系無所属林長禎候補(前京都市議会議長)らと争う。開票直後は、野中リードの速報が入るものの、次第に谷垣、有田両候補にリードを許し始めた。谷垣候補が当確し、続いて有田候補が勝利宣言、野中は敗北宣言の準備を始めた。しかし、野中の地元・園部町で未開票の投票箱の存在が判明して、有田候補を逆転し初当選を果たした。野中が一度は敗北を覚悟した選挙結果に、京都府議時代から目をかけていた田中角栄元首相が自民党京都府連会長上田稔参議院議員(後の環境庁長官)に対して激怒したという。なお、当初自民党には2人区に対しては谷垣1人のみ擁立する案があったが、それに対して独占を目指して2人擁立論を自民党総務局長として強硬に主張して谷垣・野中の2人擁立を行ったのが、後に野中と対立することになる小沢一郎であった。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松広隆

    赤松広隆から見た小沢一郎小沢一郎

    2006年、小沢一郎代表の下でも副代表に留任。赤松広隆 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た小沢一郎小沢一郎

    竹下内閣時代に、小沢一郎内閣官房副長官と出会い、その後も小沢と歩調を合わせた猪突猛進の言動で、大宮敏充のデンスケにちなんで、通称、「デンさん」ないし「デンスケ」などと呼ばれた。第2次海部内閣改造内閣時代の1991年1月24日に決定された湾岸戦争への90億ドルの資金供出には、小沢自民党幹事長と共に、石油税と法人税の一時的増税で賄ったのに始まり、主計局長在任中の宮沢内閣時代に、小沢、牧野徹建設事務次官(のちに小泉内閣で内閣総理大臣補佐官)らと練り上げた「国際貢献税」構想を打ち出し、その後の非自民の連立細川内閣時代においても、連立政権のエンジン役を務めた小沢と共に「国民福祉税」構想をぶち上げた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松田賢弥

    松田賢弥から見た小沢一郎小沢一郎

    岩手県北上市出身。出版業界紙「新文化」記者を経てジャーナリストとなり、「週刊現代」を中心に執筆活動を行う。政界について多くの記事を執筆しており、とりわけ小沢一郎について多く取り上げている。2013年、『小沢一郎 淋しき家族の肖像』で第12回新潮ドキュメント賞候補。松田賢弥 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た小沢一郎小沢一郎

    2006年9月、参議院の首班指名選挙において、幹事長の荒井広幸が民主党・小沢一郎、国民新党・綿貫民輔のいずれにも投票せず、10年来の親友であった自民党総裁・安倍晋三に投票した(衆議院の首班指名選挙では新党日本議員の滝実が綿貫に投票している)。新党日本は田中が国会議員でないため自主投票としていたが、この行動に反自民を鮮明にしている国民新党側が反発し、荒井への厳正処分を要求した。田中が荒井を処分しない方針をとったため、10月2日に国民新党は新党日本との統一会派を解消すると発表した。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大鶴基成

    大鶴基成から見た小沢一郎小沢一郎

    東京地方検察庁次席検事のときには、事実上陸山会事件の捜査の指揮を執ったと報じられた。部下の田代政弘らと共謀して虚偽の捜査報告書を検察審査会に提出し、小沢一郎の起訴相当議決をさせたとして、偽計業務妨害罪で健全な法治国家のために声をあげる市民の会から告発されたが、嫌疑なしとして不起訴 となった。。大鶴基成 フレッシュアイペディアより)

  • 米沢隆

    米沢隆から見た小沢一郎小沢一郎

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に民社党公認で旧宮崎1区から出馬し、当選した。以後通算当選9回。1985年、塚本三郎民社党委員長の下で党政策審議会長に就任。1989年、塚本委員長がリクルート疑惑で辞任に追い込まれ、永末英一委員長の下で党書記長に昇格する。1990年、大内啓伍委員長の下でも書記長に再任された。大内の元で自公民路線を取り、自民党の小沢一郎幹事長、公明党の市川雄一書記長と連携してPKO法案成立に協力した。このことから、小沢・市川と親しくなった。米沢隆 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た小沢一郎小沢一郎

    6月22日 - 羽田孜、小沢一郎、渡部恒三、奥田敬和ら羽田派所属国会議員44名が自民党離党。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

837件中 41 - 50件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード