701件中 41 - 50件表示
  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た小沢一郎小沢一郎

    麻布中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業。短期間の弁護士生活を経て、元文相で父・谷垣専一の死去に伴う補選で父の地盤を引き継ぎ、1983年(昭和58年)旧京都2区補欠選挙に自民党より出馬し初当選、選挙区に20日間泊り込んで支援した白川勝彦や亡父も属した宏池会に所属。この補選では前尾繁三郎の死去にともない、同じ2区から野中広務も当選しており、選挙の実務を担当したのが当時党総務局長だった小沢一郎である。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年1月25日の夕刊で、民主党幹事長・小沢一郎の政治資金管理団体陸山会による政治資金収支報告書に関する虚偽・不記載疑惑に関連し、「東京地検特捜部が押収した(元事務担当の)石川議員の手帳には、水谷建設の元幹部らが5000万円を渡したとする04年10月15日の欄に、授受の場所とされるホテル名が記されていた」という記事を掲載した。また、「特捜部はこの手帳の記載を、水谷建設の当時の幹部と面会したことを示す証拠として重視している」と続けた。しかし、実際に手帳に書かれていた数字は「04年」ではなく「05年」であり、さらにホテル名が記載されていた時期も4月だった。読売新聞は翌26日朝刊に訂正記事を掲載し、記事と見出しの当該部分を取り消した。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • ニコニコ動画

    ニコニコ動画から見た小沢一郎小沢一郎

    7月9日 - 民主党・小沢一郎代表のオリジナル動画を、特設コーナーで公開。ニコニコ動画 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た小沢一郎小沢一郎

    1983年8月7日に、前尾繁三郎、谷垣専一の両衆院議員死去に伴う衆議院旧京都2区補欠選挙において自民党公認・木曜クラブ新人として、2議席を自民党の宏池会新人谷垣禎一候補、日本共産党の有田光雄候補(同党京都府委員会役員、後にジャーナリスト・参議院議員になる有田芳生の父)、日本社会党の山中末治候補(元京都府八幡市長。後、衆議院議員)、前尾系無所属林長禎候補(前京都市議会議長)らと争う。開票直後は、野中リードの速報が入るものの、次第に谷垣、有田両候補にリードを許し始めた。谷垣候補が当確し、続いて有田候補が勝利宣言、野中は敗北宣言の準備を始めた。しかし、野中の地元・園部町で未開票の投票箱の存在が判明して、有田候補を逆転し初当選を果たした。野中が一度は敗北を覚悟した選挙結果に、京都府議時代から目をかけていた田中角栄元首相が自民党京都府連会長上田稔参議院議員(後の環境庁長官)に対して激怒したという。なお、当初自民党には2人区に対しては谷垣1人のみ擁立する案があったが、それに対して独占を目指して2人擁立論を自民党総務局長として強行に主張して谷垣・野中の2人擁立を行ったのが、後に野中と対立することになる小沢一郎であった。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡武夫

    西岡武夫から見た小沢一郎小沢一郎

    1990年(平成2年)2月には早稲田大学雄弁会及び三木派の先輩で、同じ文教族である海部俊樹首相の強い意向で自民党総務会長に就任し、党三役入り。幹事長は竹下派の小沢一郎、政務調査会長は安倍派の加藤六月であった。のちに総裁の海部を含めた四人は自民党を離党し、新進党結党に至るが、この時期にその強い関係ができたと思われる。同年12月、党三役にリクルート事件からの謹慎明けの加藤紘一を送り込みたい宮澤派は西岡に総務会長職の交代を求めるが、これを拒否したため、派閥から除名された。西岡武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見た小沢一郎小沢一郎

    毎日新聞の金子秀敏は、小沢一郎が「今円高だから、済州島を買っちまえ。」と発言し、韓国から非難を受けた件 について、麻生が「こういう発想はとてもじゃないけど私には出てこない」と発言したことについて「もしかして麻生首相は、済州島の領有権を買うと勘違いしているのではないか。だとすると、発言した方より勘違いした方のレベルが気になる。小学生レベルの常識もないのではないか」と新聞に寄稿している。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た小沢一郎小沢一郎

    資金管理団体「陸山会」の土地購入疑惑事件で、政治資金規正法違反の罪に問われた民主党の小沢一郎元代表に東京地裁が無罪判決。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部恒三

    渡部恒三から見た小沢一郎小沢一郎

    2009年10月26日、民主党の両院議員総会で最高顧問に再任されなかった。このことについて、小沢一郎幹事長は同日の記者会見で「功成り名を遂げて高いレベルでアドバイスするのが最高顧問だ。ところが、最高顧問だった藤井裕久さんは引退宣言もしていたのに、一番大事な国務大臣(財務大臣)になった。現役でやれる能力のある人は最高顧問のイメージと違う。渡部氏はまだまだ現役として、前線でやれる能力も意欲もある」と、再任に至らなかった経緯を説明した。が、小沢と渡部との間には以前から確執が噂されているため、恣意的人事という声も上がっている。これについては、渡部本人も「小沢の意向により衆議院議長になれず(横路孝弘副議長が議長に昇格)、最高顧問もクビになった」と述べている。鳩山由紀夫首相辞任後、菅直人新執行部で再度、最高顧問に就任した。渡部恒三 フレッシュアイペディアより)

  • 北澤俊美

    北澤俊美から見た小沢一郎小沢一郎

    しかし、新進党内では徐々に第2代党首の小沢一郎への反発が強まり、1996年末、羽田や北澤ら13人が新進党を離党し、太陽党を結成する。その後、1997年末の新進党解党により誕生した細川護熙元首相らのフロムファイブ、鹿野道彦や岡田克也、原口一博ら国民の声が合併し1998年に民政党を結成するが、間もなく民政党は旧民主党に合流し、新たに民主党が結成された。北澤俊美 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た小沢一郎小沢一郎

    岩手県立盛岡第一高等学校、東京大学法学部を経て外務省に入省し、後にジョンズホプキンス大学SAISへ留学。在米大使館書記官、大臣官房総務課課長補佐などを経て、1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

701件中 41 - 50件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード