701件中 51 - 60件表示
  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た小沢一郎小沢一郎

    鳩山由紀夫内閣は、当初、70%を超す高い内閣支持率を得てスタートし、発足直後から国連での一般演説で、温室効果ガスなどのCO2削減目標の引き上げ(1990年(平成2年)比25%の削減目標)、自衛隊インド洋派遣の撤退、公共事業の見直し(いわゆる「コンクリートから人へ」)などの政策転換を積極的に推し進めた。しかし他方で、民主党の小沢一郎幹事長の政治資金収支報告書の虚偽記載問題が再燃し、また、鳩山首相自身にも母親からの多額の生前贈与に対して、贈与税を納めていなかった事実が発覚。自民党政権時代から続く「政治とカネ」を巡る不信に加え、鳩山よりも小沢に実質的な権力が集中する「二重権力構造」や、選挙支援と引き換えに予算配分を行う小沢の政治手法などが党内外で問題視されるようになると、内閣支持率は一転、下降の一途をたどることとなる。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 改革フォーラム21

    改革フォーラム21から見た小沢一郎小沢一郎

    改革フォーラム21(かいかくフォーラムにじゅういち)は、自由民主党の派閥のひとつであった羽田派、別名羽田・小沢派の正式名称。新生党結党により同派が発展的解消された後は、派の中心人物であった小沢一郎の資金管理団体となる。改革フォーラム21 フレッシュアイペディアより)

  • 指揮権 (法務大臣)

    指揮権 (法務大臣)から見た小沢一郎小沢一郎

    2009年、森英介法務大臣の在任中に西松建設事件で民主党幹事長だった小沢一郎の秘書の大久保隆規が政治資金規正法違反で逮捕と起訴された(当時の検事総長は樋渡利秋)。衆院選間近であることなどから与党自民党に有利にするために野党民主党幹部への強制捜査を促す逆指揮権を発動したとする主張が主に民主党支持者から出たが、森は指揮権発動を否定した。民主党の第三者委員会は「強制捜査を中止する指揮権発動もありえた」とする最終報告書をまとめた。指揮権 (法務大臣) フレッシュアイペディアより)

  • 平野貞夫

    平野貞夫から見た小沢一郎小沢一郎

    高知県土佐清水市出身。父は医師。1958年法政大学法学部法律学科卒業。1960年法政大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了。衆議院事務局に入局し、園田直の下で副議長秘書、前尾繁三郎の下で議長秘書を務めた後、委員部総務課長、委員部長を経て退職。参議院議員時代は一貫して小沢一郎と行動を共にし、「小沢の知恵袋」と称される。国会職員出身で国会の実務や運営に通じており、小沢に重用された。2000年より東日本国際大学講師、2004年には客員教授に就任。平野貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松野信夫

    松野信夫から見た小沢一郎小沢一郎

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で熊本県第2区から出馬したが、保守党現職で同党幹事長の野田毅にダブルスコアの大差で敗れる。2003年、第43回衆議院議員総選挙に再び熊本2区から民主党公認で出馬。選挙区では林田彪に敗れるが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選を果たした。2005年の第44回衆議院議員総選挙では自由民主党の野田毅に再び敗れ、落選。落選後も引き続き熊本2区からの出馬に意欲を示していたが、小沢一郎民主党代表(当時)の要請を受けて2007年の第21回参議院議員通常選挙に熊本県選挙区から出馬し、自民党の三浦一水らを破り当選した。松野信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 郷原信郎

    郷原信郎から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年3月、民主党から第20回参議院議員通常選挙への立候補を要請されるも、当時同党代表の小沢一郎が自身の不起訴を「公平公正な検察当局の捜査の結果」と述べたことに対し、「全く信用できない」として断る。郷原信郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川上義博

    川上義博から見た小沢一郎小沢一郎

    2009年9月11日、在日本大韓民国民団の幹部を連れて、与党・民主党の小沢一郎幹事長に面会し、一国も早い在日韓国人への参政権付与を求めた。川上義博 フレッシュアイペディアより)

  • 日本をダメにした九人の政治家

    日本をダメにした九人の政治家から見た小沢一郎小沢一郎

    1993年5月、小沢一郎が著書『日本改造計画』を発表したことを契機に政治家本出版ブームが起こる。こうした中で浜田は1993年7月の政界引退表明時、「暴露本の出版を準備している」と発言。本書は出版前から話題となっていた。日本をダメにした九人の政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 司法のあり方を検証・提言する議員連盟

    司法のあり方を検証・提言する議員連盟から見た小沢一郎小沢一郎

    初会合は2010年4月28日に開かれた。その前日の4月27日には陸山会事件で不起訴処分とした小沢一郎に対し東京第5検察審査会が審査員11人の全会一致で「起訴相当」を議決をし、仮に検察が不起訴としても再度検察審査会が「起訴相当」議決をした場合は、強制起訴制度によって小沢一郎が強制的に起訴されることが報道される中で結成された。司法のあり方を検証・提言する議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 嘘つき解散

    嘘つき解散から見た小沢一郎小沢一郎

    この造反劇は、前年に党内最大派閥・経世会の会長・金丸信が東京佐川急便事件で逮捕された事に端を発している。金丸が去った後、派内人事や金丸の処遇を巡って、小渕恵三・橋本龍太郎・梶山静六らと、小沢一郎・羽田孜・奥田敬和・渡部恒三らとの対立が表面化し、竹下派七奉行による激烈な主導権争いを繰り広げた。最終的には派閥オーナーである竹下登の工作もあって、小渕が経世会会長に就任。小沢らは小渕派経世会を脱会して羽田を先頭に改革フォーラム21(羽田派)を結成した。これによって党内最大派閥は完全分裂し、小渕派は党内第4派閥、羽田派は第5派閥に転落した。嘘つき解散 フレッシュアイペディアより)

701件中 51 - 60件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード