701件中 61 - 70件表示
  • 江田五月

    江田五月から見た小沢一郎小沢一郎

    1992年、自民党内では羽田孜、小沢一郎らを中心に改革フォーラム21が結成されたほか、大前研一の平成維新の会、細川護煕の日本新党が相次いで誕生。江田は政策集団シリウスを結成し、社会党右派も巻き込んだ改革派勢力の結集を図る(社会党内でも赤松広隆ら、若手改革派の台頭の兆しが見え始めていた)。江田五月 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見た小沢一郎小沢一郎

    6月22日 - 羽田孜、小沢一郎、渡部恒三、奥田敬和ら羽田派所属国会議員44名が自民党離党。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た小沢一郎小沢一郎

    竹下内閣時代に、ときの経世会の小沢一郎内閣官房副長官と出会い、その後も小沢と歩調を合わせた猪突猛進の言動で、大宮敏充のデンスケにちなんで、通称、「デンさん」ないし「デンスケ」などと呼ばれた。第2次海部内閣改造内閣時代の1991年1月24日に決定された湾岸戦争への90億ドルの資金供出には、小沢自民党幹事長と共に、石油税と法人税の一時的増税で賄ったのに始まり、主計局長在任中の宮沢内閣時代に、小沢自民党幹事長、牧野徹建設事務次官(のちに小泉内閣で内閣総理大臣補佐官)らと練り上げた「国際貢献税」構想を打ち出し、その後の非自民の連立細川内閣時代においても、連立政権のエンジン役を務めた小沢と共に「国民福祉税」構想をぶち上げた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島一正

    岡島一正から見た小沢一郎小沢一郎

    党内では保守系の議員の一人ではあるが、イラク日本人人質事件が発生した直後の2004年4月10日、生方幸夫、小林千代美らとともに民主党衆参27名の署名を集め、イラクから自衛隊を撤退させるよう声明を出した。また、署名はしなかったものの、小沢一郎や横路孝弘も賛同していることを明らかにした。岡島一正 フレッシュアイペディアより)

  • 川島智太郎

    川島智太郎から見た小沢一郎小沢一郎

    川島 智太郎(かわしま ともたろう、1964年3月20日 - )は日本の政治家、空手家。日本未来の党元衆議院議員(1期)。小沢一郎への非常に強い忠誠で知られる。国際空手道連盟極真会館(松井館長)関東本部(山田雅稔本部長)東京城北支部練馬関町同好会責任者。川島智太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た小沢一郎小沢一郎

    4月7日 - 前執行部総退陣に伴い、民主党代表に小沢一郎が就任。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 松崎哲久

    松崎哲久から見た小沢一郎小沢一郎

    平成22年(2010年)9月14日執行の民主党代表選挙では小沢一郎支持を明確にし、メディアに多数出演して小沢支持を訴えた。しかしお膝元の民主党埼玉10区総支部においては党員サポーター票は僅差ではあったが菅直人に1ポイント入る結果となり「面目ない結果」とHP上で感想を述べた。2012年、野田佳彦内閣総理大臣が消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した。衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、党の公約を守るため反対票を投じた。そして小沢一郎に従って民主党に離党届を提出したが、受理されずに7月9日除籍処分となり、11日の国民の生活が第一の結党に参加した。同年11月、国民の生活が第一の解散にともない日本未来の党に合流。12月16日の第46回衆議院議員総選挙に未来の党公認で埼玉10区から重複立候補するが選挙区で3位、比例復活もならず落選した。松崎哲久 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た小沢一郎小沢一郎

    4日 - 民主党の小沢一郎代表が大連立構想に伴う党内の混乱の責任を取って辞任を表明。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫内閣

    福田康夫内閣から見た小沢一郎小沢一郎

    憲政史上、親(福田赳夫)子(長男、福田康夫)がともに内閣総理大臣になった初めての例である。また、対する野党第一党の民主党代表小沢一郎が、父福田赳夫の最大の政敵である田中角栄の「懐刀」「秘蔵っ子」であるという点でも注目されている。福田康夫内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 漆間巌

    漆間巌から見た小沢一郎小沢一郎

    麻生内閣誕生のおりには、漆間のほか、嶋津昭・地域総合整備財団理事長(元総務事務次官、旧自治省出身)、香山充弘・自治医科大学理事長(元総務事務次官、旧自治省出身)も官房副長官候補として有力視されていた。各省庁の事務方の調整を担う事務担当の副長官は、旧自治省・旧厚生省の出身者が任命されることが多かったが、あえて警察庁出身の漆間が起用された理由として、拉致問題などに関する漆間の姿勢が評価されたためと報じられた。また、漆間が警察官僚出身であることから警察情報が得られ、小沢一郎民主党代表の持病である狭心症の状態や、民主党大物議員のマルチ商法スキャンダルを調査させるという目的であることも取りざたされた。漆間巌 フレッシュアイペディアより)

701件中 61 - 70件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード