837件中 71 - 80件表示
  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た小沢一郎小沢一郎

    森田高国民新党政務調査会長代理は、『朝日新聞』へのインタビューで、「陳情ルートは今までとは全く変わる。野党である自民党議員が陳情をしても、役所が全く相手にしない状況を小沢一郎氏が作った」と政権交代の結果を説明した。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 松野信夫

    松野信夫から見た小沢一郎小沢一郎

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で熊本2区から出馬したが、保守党現職で同党幹事長の野田毅にダブルスコアの大差で敗れる。2003年、第43回衆議院議員総選挙に再び熊本2区から民主党公認で出馬。選挙区では林田彪に敗れるが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では自由民主党の野田毅に再び敗れ、落選。落選後も引き続き熊本2区からの出馬に意欲を示していたが、小沢一郎民主党代表(当時)の要請を受けて2007年の第21回参議院議員通常選挙に熊本県選挙区から出馬し、自民党の三浦一水らを破り当選した。熊本県選挙区で自民党候補者の敗北は平成元年(1989年)の第15回参議院議員通常選挙以来のことだった。松野信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の政治

    2011年の政治から見た小沢一郎小沢一郎

    31日 - 民主党の小沢一郎元代表の資金管理団体の土地購入疑惑で小沢元代表を強制起訴。2011年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本未来の党

    日本未来の党から見た小沢一郎小沢一郎

    選挙直後、党内最大勢力の小沢一郎グループ(「国民の生活が第一」出身議員)が公然と嘉田と対立する。嘉田も地盤の滋賀県議会から代表兼任の解消を要求されるなど八方塞がりとなり、12月28日、わずか1ヶ月で左派新政党としての命運を終えた。嘉田らを離党に追いやった小沢系は党名を「生活の党」に改称、2014年に「生活の党と山本太郎となかまたち」、2016年には「自由党」と改め、法規上は小沢が主導する形で政党の系譜が続いているが、一連の事態は「小沢一派による政党乗っ取り」とみなされており、以降の政党は実質的に別物(国民の生活が第一の系譜)として扱われている。日本未来の党 フレッシュアイペディアより)

  • 石川知裕

    石川知裕から見た小沢一郎小沢一郎

    足寄町立西小学校・足寄町立足寄中学校・函館ラ・サール高校では野球部に所属し、小・中ではプロ野球選手の三井浩二と同級生でかつ同じチーム。早稲田大学商学部在学中から、小沢一郎の私邸に書生として住み込み、卒業後は私設秘書を務める。石川知裕 フレッシュアイペディアより)

  • 漆間巌

    漆間巌から見た小沢一郎小沢一郎

    また、漆間が警察官僚出身であることから警察情報が得られ、小沢一郎民主党代表の持病である狭心症の状態や、民主党大物議員のマルチ商法スキャンダルを調査させるという目的であることも取りざたされた。漆間巌 フレッシュアイペディアより)

  • 郷原信郎

    郷原信郎から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年3月に、民主党から第20回参議院議員通常選挙への立候補を要請されるも、当時同党代表の小沢一郎が自身の不起訴を「公平公正な検察当局の捜査の結果」と述べたことに対し、「全く信用できない」として断る。郷原信郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横粂勝仁

    横粂勝仁から見た小沢一郎小沢一郎

    小沢一郎の資金管理団体を巡る陸山会事件に関しては、2010年1月18日にテレビ出演した際、現時点では説明責任を果たしているとした上で、国民の納得が得られるまで説明を重ねるべきだと述べた。 この発言について、翌日の民主党国対全体会議後に国対幹部から叱責を受けた。同年5月11日の民主党代議士会で小沢幹事長と執行部に対する発言をすると予告していたが、発言機会を与えられながら結局何も発言しなかった。その後、報道陣には「私の思いは変わっていないが、諸先輩方や地元・横須賀の人々のアドバイスに従い、しかるべきときに、しかるべき方法で行動できるように準備している」と撤退理由を語り、「圧力が掛かったのか」という質問に対しては「『言っていることは分かるが、先に街頭やメディアで言うのは問題がある。もっと違うやり方があるのでは』といった建設的なもので、圧力はない」と否定した。2010年9月の民主党代表選挙では菅直人に投票した。横粂勝仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡利勝

    松岡利勝から見た小沢一郎小沢一郎

    党内では、安倍晋太郎派→三塚博派→亀井グループを経て1998年に江藤・亀井派結成に参加していた。当初は小泉改革に反対する立場だったが、衆議院予算委員会理事、衆議院郵政民営化に関する特別委員会理事を経て、小泉を積極的に支持する姿勢に転換、郵政国会を機に長年仕えてきた亀井静香・平沼赳夫らと事実上訣別した。同年の通常国会では、2003年に解党された自由党の政党交付金を同党の党首を務めていた小沢一郎が着服したとされる疑惑を追及した。また、同年8月に郵政関連法案が参議院で否決されたことにより当時の小泉首相は衆議院の解散を決断するが、同日に小泉と改革への決意を首相官邸で語っていた人物は松岡である。他方、これまでの主張であったコメの輸入自由化・FTAへの頑強なまでの反対姿勢を一転させたことは、従来の支持基盤だった農家からの激しい反発を招いた。松岡利勝 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消費税議論

    日本の消費税議論から見た小沢一郎小沢一郎

    結党当初は、新進党が提出した増税中止法案に反対していた。岡田代表時代は、年金目的消費税を主張していたが、小沢一郎が代表に就任してからは、これを凍結。2007年の参議院選挙では、消費税引き上げを否定している。鳩山代表が就任後の2009年の総選挙では、無駄を省けば歳出を大幅に減らせるとして、4年間は消費税率を引き上げないと公約している。しかし、鳩山内閣において歳出の削減は進まず、鳩山の突然の辞任後に成立した菅内閣では一転して消費税引き上げを示唆することとなった。次の野田内閣では、野田首相が財政規律を重視し消費税率引き上げを表明した。民主党内には、小沢派など消費増税反対派が半数を占めていたため、党内採決をとらず前原政調会長がとりまとめを一任するという形で議論を打ち切ったことで党内の溝が深まった。2012年6月、消費税増税法案を自民党、公明党と合同で提出し、党議拘束をかけて衆議院で採決を行い可決された。この動きに対して、党内の最大派閥である小沢派などが造反した。日本の消費税議論 フレッシュアイペディアより)

837件中 71 - 80件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード