837件中 81 - 90件表示
  • 七人の侍 (民主党)

    七人の侍 (民主党)から見た小沢一郎小沢一郎

    七人の侍(しちにんのさむらい)は、日本の民主党の親小沢派・中間派を中心とした中堅若手議員のグループ。七人の侍 (民主党) フレッシュアイペディアより)

  • 愛知和男

    愛知和男から見た小沢一郎小沢一郎

    1990年、第2次海部内閣で環境庁長官に任命され、初入閣した。1992年の竹下派分裂に際しては羽田孜・小沢一郎らと共に改革フォーラム21に参加し、羽田派の政策責任者を務める。1993年、自民党を離党し、新生党結党に参加した。1993年12月、中西啓介防衛庁長官の辞任に伴い、細川内閣で後任の防衛庁長官に任命される。1994年、新生党解党に伴い新進党結党に参加した。1995年、新進党政策審議会長に起用される。小選挙区比例代表並立制導入に伴い、1996年の第41回衆議院議員総選挙では宮城1区から出馬。旧民主党前職の岡崎トミ子らを破り、8選。愛知和男 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た小沢一郎小沢一郎

    4日 - 民主党代表の小沢一郎が大連立構想に伴う党内の混乱の責任を取って辞任を表明。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山静六

    梶山静六から見た小沢一郎小沢一郎

    ロッキード事件で逮捕された田中が出所したときは、「やくざだって親分が出所するときは迎えに行く」と真っ先に迎えに行き、それが祟って落選した経験を持つほど田中に心酔していた。しかし、1985年、田中に反旗を翻す形で竹下登を総裁候補に担ぐ「創政会」旗揚げに参加し、金丸信の命を受け小沢一郎と共に田中派内の多数派工作を担当、竹下派の結成に尽力する。当選同期の奥田敬和、小沢、羽田孜、渡部恒三、2期上の小渕恵三、橋本龍太郎らとともに「竹下派七奉行」と呼ばれ、竹下内閣誕生に大きく貢献した。1987年11月、竹下内閣の自治大臣兼国家公安委員長として初入閣。その後も通産大臣、法務大臣、官房長官などを歴任した。梶山静六 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年9月21日、民主党国会対策委員長代理に就任したが、陸山会政治資金規正法違反事件で強制起訴された小沢一郎元代表に離党を促すべきと発言したことが党内から批判を受け、同年10月5日に辞任。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 増田寛也

    増田寛也から見た小沢一郎小沢一郎

    国政選挙への出馬打診は断っていたが、1994年、岩手県知事選挙への立候補を決意。建設省上層部や妻の反対を受けたが、夫婦に子供がなかったことから落選しても何とかなると妻を説得し、退官した。小沢一郎らの支援を受け、1995年に当選。岩手県知事在任中は、2期目から小沢と決別し、宮城県知事浅野史郎や三重県知事北川正恭、高知県知事橋本大二郎などと親しみ、「改革派知事」の代表格として知られた。県知事時代の最高支持率は78%に達し、同時期の都道府県知事の中では東京都知事石原慎太郎の66%などを抑えて最も支持率が高かった。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • 谷亮子

    谷亮子から見た小沢一郎小沢一郎

    2010年の第22回参議院議員通常選挙で民主党の比例候補として当選し、政界入り。のちに小沢一郎らとともに民主党を離党し、生活の党と山本太郎となかまたち所属となった。党副代表兼参議院幹事長となったが、改選となる2016年の第24回参議院議員通常選挙には立候補しなかった。谷亮子 フレッシュアイペディアより)

  • 山口壮

    山口壮から見た小沢一郎小沢一郎

    新進党幹事長であった小沢一郎の誘いを受け、1995年に外務省を退官。翌1996年の第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で兵庫12区から出馬したが、通商産業大臣や経済企画庁長官を歴任した河本敏夫の子息で、自由民主党公認の河本三郎に敗れ、落選。新進党解党後、2000年の第42回衆議院議員総選挙に再び兵庫12区から無所属で出馬し、前回敗れた河本を下して初当選。その後無所属の会に入党し、2003年の第43回衆議院議員総選挙には同党公認で出馬するが、河本に敗れた。山口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 皇民党事件

    皇民党事件から見た小沢一郎小沢一郎

    竹下はこのことで円形脱毛症になったともいわれる。竹下自身も「後継総裁は無理だ」とこぼしたとされているがその後、金丸信・小沢一郎らが、暴力団とのつながりが強い、東京佐川急便社長の渡辺広康に仲介を依頼し、渡辺は広域暴力団・稲川会に皇民党との仲介を依頼、稲川会と皇民党との2度目の会談で『竹下が田中邸に直接謝罪に行くこと』を条件に、ほめ殺しをやめることで両者の話し合いがついた。竹下は小沢一郎と共にマスコミが詰めるなか謝罪のために、目白にある田中邸へ訪問をしたが、長女の田中眞紀子に門前払いされ、竹下は大恥をかいた。しかし、このことを境に嫌がらせは止んだ。皇民党事件 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県第2区 (中選挙区)

    岩手県第2区 (中選挙区)から見た小沢一郎小沢一郎

    岩手県第2区(いわてけんだい2く)は、かつて存在した衆議院の選挙区。1947年の第23回衆議院議員総選挙から設置された。廃止時の定数は3。第23回(1947年)から 第39回(1990年)までは定数4。現在は岩手2区の一部と岩手3区に分かれている。小沢一郎、椎名素夫、志賀節は小沢佐重喜、椎名悦三郎、志賀健次郎の代から続いて選挙戦で激しく争った世襲政治家である。岩手県第2区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

837件中 81 - 90件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード