615件中 91 - 100件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たDHC

    『平成動乱 小沢一郎の野望』(板垣英憲著、DHC、1993年、ISBN 4887240023)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た福田組

    妻・和子(新潟県の建設会社福田組会長・福田正の長女)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た奥田敬和

    1992年(平成4年)、東京佐川急便事件を巡り、金丸が世論から激しい批判を受け派閥会長を辞任、議員辞職した(東京佐川急便事件に関しては、小沢も1993年(平成5年)2月17日に証人喚問を受けている)。後継会長に小沢は金丸に近かった渡部恒三、奥田敬和らと共に羽田孜を擁立し、竹下直系の小渕恵三を推す竹下、橋本龍太郎、梶山静六らと対立。衆院は数が拮抗していたが、参院は竹下自らが関与して小渕支持を決定。この結果として後継会長は小渕に内定した。小沢はこれを受け入れず、羽田、渡部、奥田らと改革フォーラム21(羽田派)を旗揚げし、派閥は分裂した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た渡辺美智雄

    最大派閥の経世会が独自の総裁候補を立てた場合には宮沢派・三塚派・渡辺派は「三派連合」で対抗する構えを見せていたが、独自候補を立てないことが明らかになると一転し、三派がそれぞれ経世会の支持を求めて争うようになった。10月10日、経世会が支持する候補者を決定するため、出馬表明していた宮沢、渡辺美智雄、三塚博らと自身の個人事務所でそれぞれ面談した(いわゆる「小沢面接」)。当時は竹下派の支持が事実上次の総裁を決定する状況にあり、当選回数あるいは年齢で上回る派閥の領袖たる総裁候補を自分の事務所に呼びつけ、次期首相を品定めするかのような振る舞いは傲慢であると批判されるとともに当時の竹下派の権勢を物語るものと捉えられ、今日に至るまで「経世会支配」「剛腕小沢」の象徴的シーンとして取り上げられている(|平野貞夫によれば、当日ホテルの会場が満室でどこも予約できず、推薦する側の小沢の側から訪問するのも筋が違うため、小沢の事務所で面談することになったという)。宮沢も後に『日本経済新聞』連載の「私の履歴書」の中で、「支持をこちらからお願いしているのだから、出向くのが筋であった」と回顧した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た西郷隆盛

    2009年(平成21年)から国民新党で連立を組み、日本郵政社長に斎藤次郎を登用させる要因にもなった亀井静香は「あの人とは2度喧嘩して2度握手したけど、家臣が止めても桶狭間の戦いに行くような人間。政治手腕は織田信長以上。」と評した。また、評論家の副島隆彦は2009年、「西郷隆盛以上の男」と論評して絶賛した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た梶山静六

    1992年(平成4年)、東京佐川急便事件を巡り、金丸が世論から激しい批判を受け派閥会長を辞任、議員辞職した(東京佐川急便事件に関しては、小沢も1993年(平成5年)2月17日に証人喚問を受けている)。後継会長に小沢は金丸に近かった渡部恒三、奥田敬和らと共に羽田孜を擁立し、竹下直系の小渕恵三を推す竹下、橋本龍太郎、梶山静六らと対立。衆院は数が拮抗していたが、参院は竹下自らが関与して小渕支持を決定。この結果として後継会長は小渕に内定した。小沢はこれを受け入れず、羽田、渡部、奥田らと改革フォーラム21(羽田派)を旗揚げし、派閥は分裂した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た市川雄一

    細川政権下で小沢は内閣とは別に与党の意思決定機関である「連立与党代表者会議」を開き、公明党書記長の市川雄一とともに政権の主導権を握ろうとし(一一ライン)、官邸主導の政治を目論む内閣官房長官の武村正義と激しく対立した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た奥野修司

    フリージャーナリストの奥野修司によると「みちは明治三十四年二月十五日に千葉県の元庄屋の娘として生まれている。実家はかなりの豪農で、生まれたときからお嬢様として育てられたという。九段の精華高等女学校では、のちの鹿島建設会長夫人になる鹿島卯女も同窓だった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た達増拓也

    2007年(平成19年)4月8日に統一地方選挙(前半)が行われ、地元・岩手県の知事選挙で小沢チルドレンの代表格である達増拓也が当選。岩手県議会議員選挙でも、議席を増やし第1党を維持し、その他の道府県議選・政令市議選でも民主党は230議席(合併前の自由党含む)から145議席増え375議席に躍進した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た安倍晋三

    8月8日には、11月に期限切れとなるテロ対策特別措置法(テロ特措法)問題について小沢はアフガン戦争が国際社会のコンセンサスを得ていないとして海上自衛隊の支援活動は認められないと主張し、反対の意向を示した。首相の安倍晋三は事態を打開すべく小沢との直接会談を検討したが実現せず、自身の体調の悪化などもあり、9月12日、辞任を表明した。結局テロ特措法は安倍内閣総辞職の影響もあり、期限の延長ができずに失効した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 91 - 100件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード