615件中 101 - 110件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た依田紀基

    囲碁の腕前はアマ六段で、政界最強とも評されている。依田紀基の指導を受けているとされる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た生活の党

    小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年〈昭和17年〉5月24日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(15期)。生活の党代表(第2代)。学校法人日本大学理事、新しい政策研究会会長(初代)。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た弁護士

    岩手県人の弁護士・政治家小沢佐重喜の長男として東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区)御徒町に生まれた。父佐重喜は当時東京府会議員をしていた。母・みちは元千葉県会議員荒木儀助の四女である。父は44歳、母は42歳と、両親が高齢になってから生まれたため、まるで“孫みたいな”子供だったという。本籍地は岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)袋町。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た裁判

    裁判の進行が遅いことを例に挙げ、訴訟法を改正し、ドイツ、フランス、イタリアなどに導入されている憲法訴訟だけを扱う一審制の裁判所新設を主張する。人選は国会あるいは内閣が指名し、私学助成金記載部分の第89条を改正し、地方分権基本法を制定して、東京一極集中を分散させるとしている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た日本共産党

    1994年(平成6年)9月28日、日本共産党を除く野党各党187人により、衆院会派「改革」が結成された。また同日、衆議院議員186人、参議院議員39人、計225人の国会議員による「新党準備会」が正式に発足し、新党準備実行委員長に小沢が選出された。こうして小沢を中心に新・新党結成が準備され、同年12月10日に新進党結成大会が行われた。海部が党首となり、小沢は党幹事長に就任した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た公明党

    この自衛隊派遣のような懸案を抱える中、ねじれ国会のもとで政権運営を行うためには野党の協力が必要であるため、国対族の金丸のつてで小沢は公明党と民社党に接近する。両党との協力の一環として、第12回統一地方選挙における1991年東京都知事選挙で自民党東京都総支部連合会が推す現職の鈴木俊一に代わり、新人の磯村尚徳を擁立する。しかし自民党都連が鈴木を支援した事もあり敗北。なおこの都知事選公示直前に出馬に意欲的であったアントニオ猪木と会談し、出馬を断念させたが、多額の金銭が動いたと一部メディアに報じられた。小沢が指揮した統一地方選挙全体では自民党の勝利であったものの、小沢は自ら申し出て都知事選の責任を取り党幹事長を辞任。この辞任は公明党・民社党に義理を立てた形にもなり、自公民路線の維持に寄与し、また後のワン・ワン・ライスの背景ともなる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たツイッター

    ツイッターには興味を示すものの、操作が難しいことを理由にアカウントの開設には至っていない。ただ、ツイッターでは小沢を名乗るアカウントが後を絶たず、上杉隆らの取材により成りすましアカウントであることが明らかになっている。ニコニコ動画の番組に出演した際、上杉から成りすましが横行していると知らされ、小沢本人が苦笑する場面もあった。しかしその数日後、成りすましアカウントのつぶやきを真に受けたTBSが小沢がツイッターを始めたと誤報してしまい、直後に謝罪する騒動も発生した。小沢に成りすましたアカウントの中には、9000人以上のフォロワーを集めるアカウントまで出現している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た大連立構想 (日本 2007)

    2007年11月2日、小沢は福田と会談し、連立政権について提案があった為、意見を党に持ち帰り臨時役員会に諮ったが、民主党内の反対を受け連立を拒否した。11月4日、連立騒動の責任を取り代表辞任を表明したが、民主党内の慰留を受け、11月6日代表続投を表明。11月7日の両院議員懇談会で代表続投が承認された(詳細は大連立構想 \(日本 2007\)を参照)。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た統一地方選挙

    2007年(平成19年)4月8日に統一地方選挙(前半)が行われ、地元・岩手県の知事選挙で小沢チルドレンの代表格である達増拓也が当選。岩手県議会議員選挙でも、議席を増やし第1党を維持し、その他の道府県議選・政令市議選でも民主党は230議席(合併前の自由党含む)から145議席増え375議席に躍進した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た政党助成金

    自由党は、小沢を支持する連立離脱派と、野田毅・二階俊博などの連立残留派に分裂し、残留派は保守党を結成した(分裂の結果、自由党は衆院議員18名、参院議員4名の計22名に半減、保守党には26名が参加)。小沢と袂を分かった保守党は政党助成金を半分ずつ分け合うために分党を要求したが、自由党はこれを拒否。保守党議員は離党扱いになり、政党助成金を全く得られず総選挙を迎えることとなった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 101 - 110件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード