615件中 111 - 120件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た地方分権

    裁判の進行が遅いことを例に挙げ、訴訟法を改正し、ドイツ、フランス、イタリアなどに導入されている憲法訴訟だけを扱う一審制の裁判所新設を主張する。人選は国会あるいは内閣が指名し、私学助成金記載部分の第89条を改正し、地方分権基本法を制定して、東京一極集中を分散させるとしている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た特別会計

    民主党による政権交代前は道路特定財源の一般財源化を行い、揮発油税(ガソリン税)の暫定税率を廃止すると主張していた。2008年3月28日にはこれに関して「暫定税率を延長する必要はなく、国民生活のために還元をしたほうが良い」と主張した。廃止に伴う地方財政への影響に関しては、道路特定財源の内で地方へ行くと予定されているのは9000億円であるが、そのうち市町村分の3000億円には手当てが必要であるとの見解を示し、その手当てを一般会計・特別会計の余剰金の利用や無駄の削減で市町村分へ配分することは可能だとした。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た政府開発援助

    世界各国、特に中国、韓国をはじめアジア諸国と平和で自由で開かれた信頼関係の実現を主張した。具体的には、アジア外交の強化、貿易・投資の自由化、政府開発援助ODA)の抜本的見直し等。2009年(平成21年)2月24日には「米国もこの時代に前線に部隊を置いておく意味はあまりない。軍事戦略的に米国の極東におけるプレゼンスは第7艦隊で十分だ…あとは日本が自らの安全保障と極東での役割をしっかり担っていくことで話がつくと思う…米国に唯々諾々と従うのではなく、私たちもきちんとした世界戦略を持ち、少なくとも日本に関係する事柄についてはもっと役割を分担すべきだ。そうすれば米国の役割は減る」と述べた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た朝日新聞社

    『90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論』(五百旗頭真・伊藤元重・薬師寺克行編、朝日新聞社、2006年6月、ISBN 4022501634)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たTBSテレビ

    ツイッターには興味を示すものの、操作が難しいことを理由にアカウントの開設には至っていない。ただ、ツイッターでは小沢を名乗るアカウントが後を絶たず、上杉隆らの取材により成りすましアカウントであることが明らかになっている。ニコニコ動画の番組に出演した際、上杉から成りすましが横行していると知らされ、小沢本人が苦笑する場面もあった。しかしその数日後、成りすましアカウントのつぶやきを真に受けたTBSが小沢がツイッターを始めたと誤報してしまい、直後に謝罪する騒動も発生した。小沢に成りすましたアカウントの中には、9000人以上のフォロワーを集めるアカウントまで出現している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たPHP研究所

    『政権交代のシナリオ―「新しい日本」をつくるために』(菅直人共著、PHP研究所、2003年11月、ISBN 4569631908)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た文藝春秋

    1998年10月、小沢は内閣官房長官野中広務と会談、連立交渉を開始し、同年11月19日、小渕内閣との間での連立政権について合意した。そして1999年(平成11年)1月14日正式に自自連立政権が成立し、党幹事長の野田毅が自治大臣として入閣、小沢は5年ぶりに与党へ復帰した。この連立の間に衆議院議員定数20の削減、閣僚ポストの削減、および政府委員制度の廃止と党首討論設置を含む国会改革が行われた。また、同年発刊された文藝春秋9月特別号に「日本国憲法改正試案」を寄稿し自らの改憲論について語っている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た鹿島卯女

    フリージャーナリストの奥野修司によると「みちは明治三十四年二月十五日に千葉県の元庄屋の娘として生まれている。実家はかなりの豪農で、生まれたときからお嬢様として育てられたという。九段の精華高等女学校では、のちの鹿島建設会長夫人になる鹿島卯女も同窓だった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た森田実

    『「小沢一郎」入門―カリスマの原点 小沢一郎は何を考えているのか』(森田実著、三笠書房[知的生き方文庫]、 2006年10月、 ISBN 4837975887)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た宮澤俊義

    サンフランシスコ講和条約で独立国として承認されたことを契機に、占領下に制定された憲法は無効であると宣言した佐々木惣一や大石義雄と同様に新しい憲法を制定すべきであったと主張している。護憲派学者宮澤俊義の主張に反対し憲法改正論議を支援している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 111 - 120件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード