615件中 121 - 130件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た橋本龍太郎

    1992年(平成4年)、東京佐川急便事件を巡り、金丸が世論から激しい批判を受け派閥会長を辞任、議員辞職した(東京佐川急便事件に関しては、小沢も1993年(平成5年)2月17日に証人喚問を受けている)。後継会長に小沢は金丸に近かった渡部恒三、奥田敬和らと共に羽田孜を擁立し、竹下直系の小渕恵三を推す竹下、橋本龍太郎、梶山静六らと対立。衆院は数が拮抗していたが、参院は竹下自らが関与して小渕支持を決定。この結果として後継会長は小渕に内定した。小沢はこれを受け入れず、羽田、渡部、奥田らと改革フォーラム21(羽田派)を旗揚げし、派閥は分裂した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た号泣

    2006年4月の衆議院千葉7区補欠選挙で党の広告に柴犬の「もも」を起用。「もも」は小沢や候補者たちの応援に出向き話題をさらった。小沢によれば当時の小沢の飼い犬であった柴犬「ちび」と似ているという。2007年10月、「ちび」を失った小沢は涙を流し号泣した。2008年、新たに柴犬の子犬2匹を飼い始め、毛並みの色から「クロ」、「チャイ」と名付けた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た西川太一郎

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た海江田万里

    2011年8月の菅退陣に伴う民主党代表選挙では各候補者が投票権のない小沢に支援を要請、「小沢詣で」と大きく注目された。この際、次期代表による処分の扱いも争点となった。2009年衆議院選挙公約修正反対の立場から鳩山由紀夫と連携を取りながら小沢グループとして海江田万里を支援したが、海江田は決戦投票で野田佳彦に敗れ、小沢の党内における求心力低下が指摘された。2011年8月30日の衆議院の内閣総理大臣指名選挙では刑事被告人ながら1票を獲得した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た副島隆彦

    2009年(平成21年)から国民新党で連立を組み、日本郵政社長に斎藤次郎を登用させる要因にもなった亀井静香は「あの人とは2度喧嘩して2度握手したけど、家臣が止めても桶狭間の戦いに行くような人間。政治手腕は織田信長以上。」と評した。また、評論家の副島隆彦は2009年、「西郷隆盛以上の男」と論評して絶賛した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た大下英治

    『小沢一郎の政権奪取戦略』(大下英治著、河出書房新社、2005年3月、ISBN 4309243347)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た渡辺秀央

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た大久保隆規

    2009年3月3日に小沢一郎の公設秘書である陸山会会計責任者である大久保隆規と西松建設社長の國澤幹雄が政治資金規正法違反で検察に逮捕、起訴された。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たマイケル・アマコスト

    竹下派、特に金丸の意向によって成立した第1次海部内閣では金丸の推薦により47歳の若さで党幹事長に就任。金丸・竹下とともに、政権の実質的な実力者となり、ねじれ国会下で公明党など野党とのパイプを駆使して国会対策にあたった。リクルート事件後初の総選挙で苦戦が予想された1990年(平成2年)の第39回衆院選を、自由主義体制の維持を名目に経済団体連合会(経団連)傘下の企業から選挙資金300億円を集めて勝利。同年8月、湾岸戦争が勃発すると、小沢はペルシャ湾に自衛隊を派遣することを模索した。「アジアへの配慮が必要だ」と反対する外務省や、ハト派である海部の慎重論を抑え、法案を提出させた(なお、この法案は野党の反対で廃案となり、後に国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律(PKO協力法)が成立)。ただしこの際の自衛隊派遣を断念した引き換えに行われた巨額の資金援助は結果的にアメリカ側から謝意が述べられなかったという事態も併せ、左右両派から強く批判されている。この頃は「ミスター外圧」などと呼ばれたマイケル・アマコスト駐日大使が首相である海部を飛び越えて小沢(や金丸)と直接協議することが常態化しており、日米構造協議でも大蔵省の強い反対を抑え、公共投資を10年間で430兆円とすることで妥結させている。こうした、首相を凌ぐ権勢や集金力から「剛腕」と称された。同年9月、金丸を代表とする北朝鮮訪問団(金丸訪朝団)に参加する。また大韓民国の盧泰愚大統領が来日した際には党役員会で強制連行等の戦後補償問題で「これ以上何を謝ればいいんだ。」と補償を拒絶したとも取れる発言したと報道され左派系団体から反発を呼んだ。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たチョ薫鉉

    2009年12月12日、韓国 - 韓国囲碁界のタイトル王・チョ薫鉉九段 - 4子置き - 小沢勝利小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 121 - 130件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード

  • 野党の大同団結の第1歩になればと期待している

  • 憲法を活(い)かすも殺すも、その国の国民次第。

  • 安倍さんの禅譲って何すんだ。古賀君に会おうかと思った