745件中 21 - 30件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た嘉田由紀子

    12月、総選挙の惨敗を受けて、小沢系議員と未来の党代表の嘉田由紀子らとの対立が表面化した。嘉田らが離党する形で生活の党に改称し、側近の森裕子が代表に就任した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た消費税

    竹下派内では先輩の小渕恵三・橋本龍太郎らとともに竹下派七奉行の一人に数えられ、竹下の総裁就任に奔走した。同年発足した竹下内閣では内閣官房副長官に就任した。消費税導入など税制改革を巡る国会審議の目処がたたない中、「事実上の国対委員長」と呼ばれるほどに野党対策に尽力し、民社党を審議・採決に応じさせることに成功した。こうして党内での評価を高めるとともに、この時期は竹下内閣における日米間の建設市場開放協議や、宇野内閣における電気通信協議といった困難な交渉を取りまとめたことで、米政府関係者にも「タフ・ネゴシエーター」として名を知られるようになった。なお、宇野内閣期に経世会の事務総長に就任している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た日本共産党

    1994年(平成6年)9月28日、日本共産党を除く野党各党187人により、衆院会派「改革」が結成された。また同日、衆議院議員186人、参議院議員39人、計225人の国会議員による「新党準備会」が正式に発足し、新党準備実行委員長に小沢が選出された。こうして小沢を中心に新・新党結成が準備され、同年12月10日に新進党結成大会が行われた。海部が党首となり、小沢は党幹事長に就任した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た福田組

    衆院議員2期目だった1973年に田中角栄の後援をしていた新潟県の建設会社福田組会長・福田正の長女である和子と結婚した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た小渕恵三

    竹下派内では先輩の小渕恵三・橋本龍太郎らとともに竹下派七奉行の一人に数えられ、竹下の総裁就任に奔走した。同年発足した竹下内閣では内閣官房副長官に就任した。消費税導入など税制改革を巡る国会審議の目処がたたない中、「事実上の国対委員長」と呼ばれるほどに野党対策に尽力し、民社党を審議・採決に応じさせることに成功した。こうして党内での評価を高めるとともに、この時期は竹下内閣における日米間の建設市場開放協議や、宇野内閣における電気通信協議といった困難な交渉を取りまとめたことで、米政府関係者にも「タフ・ネゴシエーター」として名を知られるようになった。なお、宇野内閣期に経世会の事務総長に就任している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た竹下登

    その後衆議院議院運営委員長を務めるが、当時の慣例に従わずに退任後に入閣できず齟齬をきたす。これは田中が中曽根に入閣しないよう働きかけたものと見られている。騒動の後1985年(昭和60年)に第2次中曽根再改造内閣で自治大臣兼国家公安委員会委員長として初入閣した。当時43歳だったが、初当選から16年を経ており、同期当選者の中では比較的遅い入閣だった。同年、木曜クラブの領袖として影響力を保持していた田中に反旗を翻した竹下登、金丸信らと共に派内勉強会「創政会」を結成し、2年後の1987年(昭和62年)に経世会として独立した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た2009年

    2009年(平成21年)5月11日、西松建設疑惑関連で公設秘書が逮捕された件で、民主党代表を辞任した。自身の後継を決める代表選挙では、側近として共にトロイカ体制を支えた鳩山由紀夫を支持した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た山本太郎

    2014年12月に施行された第47回衆議院議員総選挙の結果、生活の党は政党要件を失った。しかし、12月26日に無所属の参議院議員山本太郎が入党し、政党要件と政党交付金の受給要件を満たした。また、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」に改めた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たテリー伊藤

    『お笑い大蔵省極秘情報』(テリー伊藤著、飛鳥新社、1996年、ISBN 4-87031-293-X)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た小沢佐重喜

    岩手県出身の弁護士・政治家小沢佐重喜の長男として東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区)御徒町に生まれた。父・佐重喜は当時東京府議会議員をしていた。母・みちは元千葉県議会議員荒木儀助の四女である。父は44歳、母は42歳と、両親が高齢になってから生まれたため、まるで“孫みたいな”子供だったという。本籍地は岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)袋町。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

745件中 21 - 30件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード