615件中 31 - 40件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た平野博文

    2009年(平成21年)12月15日の天皇と習近平中国副主席との会見が行われるよう、鳩山由紀夫総理や平野博文官房長官に再三にわたり要請を行い「天皇の政治利用」と批判された。抗弁した羽毛田信吾宮内庁長官に対しては、「公務員の立場で内閣に反対するならば辞表を出してから意見を言うべきである」旨を述べた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た石井一

    途中で現職の菅直人に候補を一本化するなどの動きもあったが小沢は最終的に出馬を決断。現職の総理大臣である菅直人と一騎打ちで対決し、党内を完全に二分する大激戦となった。鳩山由紀夫、羽田孜が小沢支持を打ち出す一方、かつて小沢の盟友と呼ばれた石井一、渡部恒三が菅支持に回った(西岡武夫は民主党籍が残っていたが、完全中立、棄権に回ることを表明)。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た高市早苗

    『小沢民主党は信用できるか』(高市早苗編著、PHP研究所、2008年2月 ISBN 9784569697949)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た中曽根康弘

    1999年10月、公明党が政権に入り、自自公連立政権が成立した。自民、公明両党で参院の過半数を抑えることになったため(野中らは公明を引っ張るために、自由党と連立を組んだという事情もあった)、政権内部での自由党の存在感は必然的に低下した。自自両党の選挙協力も遅々として進まず、小沢は自民党総裁の小渕総理大臣に対して自自両党の解散、新しい保守政党の結成を要求した。中曽根康弘、亀井静香等は小沢の復党を認める方針であったが党内の反小沢勢力は「小沢の復党は認められない、小沢抜きでの復党は認められる。」とし小沢自身も「復党が認められなければ連立解消だ。」と応酬し両者は2000年(平成12年)4月1日に会談するが、合意に達せず結局連立を解消。直後に小渕は脳梗塞で倒れ、5月14日に死去した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た三井辨雄

    環太平洋戦略的経済連携協定については、慎重な姿勢をとっている。記者会見にて「自由貿易には賛成だが、弱い産業部門は突然、『関税撤廃だ、自由競争だ』となったら成り立たなくなる。国民生活を守る対策が取られないうちにやるのは早計だ」と発言し、拙速な参加に懸念を表明している。また、環太平洋戦略的経済連携協定の適用分野が広範囲に及ぶことに言及し「TPP(に参加した場合の影響)は農林水産業の話だけではない。むしろ(米国などの)メーンの狙いは他の分野にある」と指摘するなど、農林水産業以外にも影響が及ぶとしている。2011年(平成23年)10月20日には、民主党の執行部役員である三井辨雄、鈴木克昌らに対して、環太平洋戦略的経済連携協定への参加交渉について慎重な対応をとるよう要請した。野田佳彦が環太平洋戦略的経済連携協定の交渉参加を表明した際には、「国内の体制がきちんと整備できるのか」「対等な交渉をして国民の利益を守れるのだろうか」などの疑問を口にしている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た鳩山邦夫

    また、「剛腕」だと言われたこともあった。ただし、かつての話であるが、2009年、小沢と同じ田中派であった鳩山邦夫の元秘書である上杉隆は、「マスメディア等の「剛腕」「壊し屋」といったイメージは実際の小沢とは正反対のもので、よく地方へ選挙演説に行くと、その腰の低さ、人懐っこさが驚かれる」と語り、「このギャップこそが小沢一郎の政治界での強さを物語っている」と語ったことがあった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た渡辺淳一

    小沢は、囲碁普及を目的として日本棋院週刊碁特別企画のイベントでたびたび公開対局をしている。そのイベントで2007年10月28日、ANAインターコンチネンタルホテル東京・囲碁サロン「Ranca」にて、与謝野馨と対決した。互先コミ6目半、師与謝野が黒を握り、2時間半の激戦の末、小沢が勝負を制した。また、12月29日、同所で開催された同イベントで作家の渡辺淳一と対決し、小差ながらも勝利した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た田中眞紀子

    田中角栄の長男である正法(1947年、5歳で死亡)と小沢が同じ1942年生まれであったため、田中は小沢を息子のように可愛がったとされた。それに対して小沢も角栄を慕い、田中派から独立した経世会に所属した国会議員で唯一、田中の裁判をすべて欠かさず傍聴した。同時に角栄の娘、田中眞紀子との関係もよく(真紀子も小沢を兄のような存在だと認識している)、旧竹下派の中では唯一田中家から許されているため、命日には田中家を訪問した。そのため親交が深く眞紀子の自民党離党、民主党会派入りに小沢は尽力した。また、「政治の父は田中角栄」と公言した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た志位和夫

    天皇特例会見問題について、2009年12月14日の記者会見で記者の質問に対し「君も少し憲法をもう一度読み直しなさい、天皇陛下の国事行為・行動は国民の代表である内閣・政府の助言と承認で行う事なんですよ」という表現を行ったが、15日に共産党の志位和夫委員長から記者団に対し「憲法で定める天皇の国事行為の中に、外国の要人と会う事は含まれていません。小沢さんこそ憲法をよく読むべきだ」と反論される。また、「小沢氏は内閣に入閣していないでしょう?」との指摘もあった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た村山富市

    小沢は羽田の後継として、かつて自民党幹事長としてタッグを組んだ元首相の海部俊樹を担ぐことを決めた。もっとも本人はNHKの収録番組において海部を推すことについては自民党内の調整を理由にこれを否定している(社会党首班に嫌悪感をもつ自民党議員によるものと考えられる)。海部は当時自民党政治改革議員連盟会長で、新政策研究会(河本派)代表世話人でもあった。1994年(平成6年)6月29日、自民党は首班指名選挙で社会党委員長の村山富市に投票する方針を示したため、海部は自民党を離党し、高志会・「自由改革連合」を結成、連立与党の首班候補となった。しかし決選投票で261対214で村山に敗れ、小沢は政治家人生において初めて野党の立場に落ちた。新生党内では小沢の責任を追及する声も出たが、旧連立与党を糾合して新・新党の結成を実現するために、小沢の剛腕が必要とされた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 31 - 40件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード