615件中 41 - 50件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た黄川田徹

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た竹下亘

    竹下亘(政治家、元首相竹下登の異母弟、妻は福田正の二女・雅子)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た東祥三

    2012年8月30日、韓国の『東亜日報』は、小沢が2009年12月に民主党代表として訪韓した際、李明博大統領に「私が総理大臣になれば竹島の領有権を放棄する。ただし島根県漁民の漁業権を保証して欲しい。」と非公式に述べたとされ、大統領は関心を示さなかったと会談に加わった韓国側の外交筋が2012年8月末明らかにしたと報じた。小沢は「私は記者会見などで尖閣諸島と竹島はわが国固有の領土であるということを何度も申し上げている」として、報道内容を否定した。また8月31日、朝日新聞デジタルは韓国大統領府が「東亜日報の報道は誤りで事実無根。大統領府として確認した。」と国民の生活が第一の東祥三幹事長に連絡したと報じた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たオバマ大統領

    2010年8月、小沢は都内での公演で、アメリカ人がオバマ大統領を選出したことを賞賛する発言をしたが、その一方で、「米国人は単細胞」と述べた。この件は前述したキリスト教についての差別発言とともに、アメリカで報道された。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た与謝野馨

    政界には、小沢より高段のアマ七段をもつ与謝野馨がいる。与謝野もまた、数年前まで小沢に碁の指導をしていた(かたちを変えた師弟関係)。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た司馬遼太郎

    田中角榮を「オヤジ」として慕い、政治のイロハと人生の薫陶を受けたと語る。それは「どぶ板」とも言われる、人口密度の低い農村部から始め有権者の家を一戸一戸回っていく地道な選挙活動を決して怠らない事をオヤジから学んだという。歴史上の人物では、福澤諭吉を日本文明の祖として尊敬し、勝海舟や坂本龍馬にも一定の理解を寄せ、西郷隆盛を尊敬するものの、政治家・人物としては大久保利通を目指していると述べた。戦前歴代内閣総理大臣で尊敬する人物は原敬である。また、司馬遼太郎の小説を愛読している。漫画では弘兼憲史『加治隆介の議』やジョージ秋山『浮浪雲』のファンで、特に『浮浪雲』では「選・小沢一郎あちきの浮浪(はぐれ)雲傑作十選」という本も出版されている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た輿石東

    2009年の民主党政権誕生後は、公明党・創価学会との連携を窺わせる言動をしばしばとっている。2010年(平成22年)2月26日に小沢が輿石東参議院議員会長と共に創価学会幹部と会談したことが報じられたが3月3日記者会見でそれを否定したが基本的に菅直人や仙谷由人のような創価学会批判の急先鋒とは一線を画している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た坂本龍馬

    田中角榮を「オヤジ」として慕い、政治のイロハと人生の薫陶を受けたと語る。それは「どぶ板」とも言われる、人口密度の低い農村部から始め有権者の家を一戸一戸回っていく地道な選挙活動を決して怠らない事をオヤジから学んだという。歴史上の人物では、福澤諭吉を日本文明の祖として尊敬し、勝海舟や坂本龍馬にも一定の理解を寄せ、西郷隆盛を尊敬するものの、政治家・人物としては大久保利通を目指していると述べた。戦前歴代内閣総理大臣で尊敬する人物は原敬である。また、司馬遼太郎の小説を愛読している。漫画では弘兼憲史『加治隆介の議』やジョージ秋山『浮浪雲』のファンで、特に『浮浪雲』では「選・小沢一郎あちきの浮浪(はぐれ)雲傑作十選」という本も出版されている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た五百旗頭真

    『90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論』(五百旗頭真・伊藤元重・薬師寺克行編、朝日新聞社、2006年6月、ISBN 4022501634)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た青木愛 (政治家)

    2007年の第21回参議院議員通常選挙で当選した同党の青木愛の選挙運動員が事務所の指示を受け、参院選公示前日の7月11日、業者に依頼して選挙ポスター付きの看板設置に関する契約を1本当たり500円で千数百万円分の契約を結んだ疑いで逮捕された。印刷会社社長が警察からの事情聴取で、小沢の政策秘書に報告しその内容を掴んでいたのではないかとも取れる供述を行なった。これに対し、小沢自身は8月31日の記者会見で「選挙違反に当たるような行為は一切していないという(秘書からの)報告で、私もそう思っている」と捜査や報道を批判し強く不快感を示した。9月14日、千葉地検は逮捕した印刷会社社長らを「選挙違反にはあたるが、違法性の程度が比較的軽かった」と判断して起訴猶予処分とし、小沢の政策秘書も立件せず捜査を終結した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 41 - 50件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード