615件中 51 - 60件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た高橋嘉信

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た舛添要一

    小沢は、2008年12月、福島瑞穂社民党党首(当時)とともに、舛添要一厚生労働相(当時)に対する「非正規労働者支援の緊急申し入れ」の中で、「多くの非正規労働者が雇用保険の加入漏れの恐れがあることがわかった。非正規労働者が、資格がありながら雇用保険に加入していない実態を掌握する措置を講ずること」などを求めており、産経新聞は、「両党とも派遣社員などの労働保険未加入を批判していながら、党首自らの事務所で同様の問題を抱えていたことになる。」と指摘した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た西村眞悟

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た有田芳生

    週刊文春が和子夫人の手紙として公表した文章について、和子夫人の親筆かどうか不明とする見解が、有田芳生のツイッターコメントで紹介されている 。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た鹿野道彦

    1997年(平成9年)、小沢は自民党の亀井静香らと提携する、いわゆる保保連合構想に大きく舵を切った。しかし、新進党内には、こうした保保連合路線に対して二大政党制を志向する立場から反対する勢力も顕在化し、鹿野道彦は政策研究会「改革会議」を結成した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た藤井裕久

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た福島瑞穂

    小沢は、2008年12月、福島瑞穂社民党党首(当時)とともに、舛添要一厚生労働相(当時)に対する「非正規労働者支援の緊急申し入れ」の中で、「多くの非正規労働者が雇用保険の加入漏れの恐れがあることがわかった。非正規労働者が、資格がありながら雇用保険に加入していない実態を掌握する措置を講ずること」などを求めており、産経新聞は、「両党とも派遣社員などの労働保険未加入を批判していながら、党首自らの事務所で同様の問題を抱えていたことになる。」と指摘した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た勝海舟

    田中角榮を「オヤジ」として慕い、政治のイロハと人生の薫陶を受けたと語る。それは「どぶ板」とも言われる、人口密度の低い農村部から始め有権者の家を一戸一戸回っていく地道な選挙活動を決して怠らない事をオヤジから学んだという。歴史上の人物では、福澤諭吉を日本文明の祖として尊敬し、勝海舟や坂本龍馬にも一定の理解を寄せ、西郷隆盛を尊敬するものの、政治家・人物としては大久保利通を目指していると述べた。戦前歴代内閣総理大臣で尊敬する人物は原敬である。また、司馬遼太郎の小説を愛読している。漫画では弘兼憲史『加治隆介の議』やジョージ秋山『浮浪雲』のファンで、特に『浮浪雲』では「選・小沢一郎あちきの浮浪(はぐれ)雲傑作十選」という本も出版されている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た羽毛田信吾

    2009年(平成21年)12月15日の天皇と習近平中国副主席との会見が行われるよう、鳩山由紀夫総理や平野博文官房長官に再三にわたり要請を行い「天皇の政治利用」と批判された。抗弁した羽毛田信吾宮内庁長官に対しては、「公務員の立場で内閣に反対するならば辞表を出してから意見を言うべきである」旨を述べた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た谷垣禎一

    1982年(昭和57年)に自民党総務局長に就任。1983年(昭和58年)の第13回参議院議員通常選挙で(初の厳正拘束名簿式)比例区での順位付けを担当した際、「現職優先」を主張した中曽根らに対し、党員党友の集め具合や後援会の規模などのデータを駆使し、20位以内に新人を9人送り込む筋論を押し通した。その後行われた京都府第2区_(中選挙区)の2人欠員による衆院補選に際し、執行部内では2人擁立を避けて1人擁立に留める意見が大勢を占めていたが、2人擁立論を主張。谷垣禎一と野中広務の2人を擁立し、絶妙な票割で2人とも当選、中曽根に「まるで名医の手術を見ているようだ」と絶賛された。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 51 - 60件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード