745件中 61 - 70件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た前原誠司

    2005年(平成17年)9月11日、第44回衆議院選挙で民主党は現有議席を60近く減らす惨敗を喫し、岡田は代表を引責辞任し、小沢も党副代表の職を辞して6日後に行われた党代表選挙にも立候補しなかった。立候補しなかった理由には、政権の座が遠のいたことの他に、同年7月3日に投開票が行われた東京都議会議員選挙の結果次第で、岡田を代表辞任に追い込む党内クーデターを鳩山と画策していたとする一部マスコミ報道も影響したとみられている。岡田の後任代表に選出された前原誠司は、小沢に党代表代行への就任を依頼したが、小沢はこれを固辞した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た井山裕太

    2010年1月10日 民主党青年局主催「成人の日イベント」 - 名人井山裕太(奇しくも20歳の成人) - 3子置き - ジゴ(ドロー)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た河村たかし

    また、小沢と協力関係にあるものの、生活の党に加わらなかった(離党した)者として、河村たかし(減税日本代表、未来の党には参加)、山田正彦(みどりの風に所属、同党解党後無所属)、外山斎(河野談話撤回を主張するなど、生活の党内で最も右派色が強く、現在維新の党所属)、三宅雪子(現在無所属)等がいる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た石井一

    途中で現職の菅直人に候補を一本化するなどの動きもあったが、小沢は最終的に出馬を決断し、現職の総理大臣である菅直人と一騎討ちで対決、党内を完全に二分する大激戦となった。鳩山由紀夫、羽田孜が小沢支持を打ち出す一方、かつて小沢の盟友と呼ばれた石井一、渡部恒三が菅支持に回った(参議院議長の西岡武夫は民主党籍が残っていたが、完全中立、棄権に回ることを表明した)。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た中曽根康弘

    1999年10月、公明党が政権に入り、自自公連立政権が成立した。自民、公明両党で参院の過半数を抑えることになったため(野中らは公明を引っ張るために、自由党と連立を組んだという事情もあった)、政権内部での自由党の存在感は必然的に低下した。自自両党の選挙協力も遅々として進まず、小沢は自民党総裁の小渕総理大臣に対して自自両党の解散、新しい保守政党の結成を要求した。中曽根康弘、亀井静香等は小沢の復党を認める方針であったが、党内の反小沢勢力は「小沢の復党は認められない、小沢抜きでの復党は認められる。」とし、小沢自身も「復党が認められなければ連立解消だ。」と応酬し、両者は2000年(平成12年)4月1日に会談するが、合意に達せず結局連立を解消した。直後に小渕は脳梗塞で倒れ、5月14日に死去した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た三宅雪子

    また、小沢と協力関係にあるものの、生活の党に加わらなかった(離党した)者として、河村たかし(減税日本代表、未来の党には参加)、山田正彦(みどりの風に所属、同党解党後無所属)、外山斎(河野談話撤回を主張するなど、生活の党内で最も右派色が強く、現在維新の党所属)、三宅雪子(現在無所属)等がいる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た三井辨雄

    環太平洋戦略的経済連携協定については、慎重な姿勢をとっている。記者会見にて「自由貿易には賛成だが、弱い産業部門は突然、『関税撤廃だ、自由競争だ』となったら成り立たなくなる。国民生活を守る対策が取られないうちにやるのは早計だ」と発言し、拙速な参加に懸念を表明している。また、環太平洋戦略的経済連携協定の適用分野が広範囲に及ぶことに言及し「TPP(に参加した場合の影響)は農林水産業の話だけではない。むしろ(米国などの)メーンの狙いは他の分野にある」と指摘するなど、農林水産業以外にも影響が及ぶとしている。2011年(平成23年)10月20日には、民主党の執行部役員である三井辨雄・鈴木克昌らに対して、環太平洋戦略的経済連携協定への参加交渉について慎重な対応をとるよう要請した。野田佳彦が環太平洋戦略的経済連携協定の交渉参加を表明した際には、「国内の体制がきちんと整備できるのか」「対等な交渉をして国民の利益を守れるのだろうか」などの疑問を口にしている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た渡辺淳一

    小沢は、囲碁普及を目的として日本棋院週刊碁特別企画のイベントでたびたび公開対局をしている。そのイベントで2007年10月28日、ANAインターコンチネンタルホテル東京・囲碁サロン「Ranca」にて、与謝野馨と対決した。互先コミ6目半、師与謝野が黒を握り、2時間半の激戦の末、小沢が勝負を制した。また、12月29日、同所で開催された同イベントで作家の渡辺淳一と対決し、小差ながらも勝利した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た弘兼憲史

    田中角榮を「オヤジ」として慕い、政治のイロハと人生の薫陶を受けたと語る。それは「どぶ板」とも言われる、人口密度の低い農村部から始め有権者の家を一戸一戸回っていく地道な選挙活動を決して怠らない事をオヤジから学んだという。歴史上の人物では、福澤諭吉を日本文明の祖として尊敬し、勝海舟や坂本龍馬にも一定の理解を寄せ、西郷隆盛を尊敬するものの、政治家・人物としては大久保利通を目指していると述べた。戦前歴代内閣総理大臣で尊敬する人物は原敬である。また、司馬遼太郎の小説を愛読している。漫画では弘兼憲史『加治隆介の議』やジョージ秋山『浮浪雲』のファンで、特に『浮浪雲』では「選・小沢一郎あちきの浮浪(はぐれ)雲傑作十選」という本も出版されている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た竹下亘

    竹下亘(政治家、元首相竹下登の異母弟、妻は福田正の二女・雅子)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

745件中 61 - 70件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード