615件中 61 - 70件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た森裕子

    12月、総選挙の惨敗を受けて、小沢系議員と未来の党代表の嘉田由紀子との対立が表面化。嘉田らが離党する形で生活の党に改称し、側近の森裕子が代表に就任した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    この自衛隊派遣のような懸案を抱える中、ねじれ国会のもとで政権運営を行うためには野党の協力が必要であるため、国対族の金丸のつてで小沢は公明党と民社党に接近する。両党との協力の一環として、第12回統一地方選挙における1991年東京都知事選挙で自民党東京都総支部連合会が推す現職の鈴木俊一に代わり、新人の磯村尚徳を擁立する。しかし自民党都連が鈴木を支援した事もあり敗北。なおこの都知事選公示直前に出馬に意欲的であったアントニオ猪木と会談し、出馬を断念させたが、多額の金銭が動いたと一部メディアに報じられた。小沢が指揮した統一地方選挙全体では自民党の勝利であったものの、小沢は自ら申し出て都知事選の責任を取り党幹事長を辞任。この辞任は公明党・民社党に義理を立てた形にもなり、自公民路線の維持に寄与し、また後のワン・ワン・ライスの背景ともなる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たさいとうたかを

    『劇画 橋本龍太郎VS小沢一郎?激闘譜』(さいとうたかを著、日本フローラルアート出版局、1991年、ISBN 4930831008)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た細川護煕

    7月18日、第40回衆院選において自民党は過半数割れし、新生党、日本新党、新党さきがけの3新党は躍進した。宮沢内閣は総辞職した(後任の自民党総裁に河野洋平が選出)。小沢は総選挙直後から日本新党代表の細川護煕と非公式に会談した。細川は自民党との連立を検討していたが、小沢から首相就任を打診されたことで非自民勢力へと傾斜した。8月9日、8党派連立の細川内閣が成立した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た小池百合子

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た松沢成文

    『拝啓小沢一郎党首殿』(松沢成文著、ごま書房、1997年、ISBN 4341017748)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た盧泰愚

    竹下派、特に金丸の意向によって成立した第1次海部内閣では金丸の推薦により47歳の若さで党幹事長に就任。金丸・竹下とともに、政権の実質的な実力者となり、ねじれ国会下で公明党など野党とのパイプを駆使して国会対策にあたった。リクルート事件後初の総選挙で苦戦が予想された1990年(平成2年)の第39回衆院選を、自由主義体制の維持を名目に経済団体連合会(経団連)傘下の企業から選挙資金300億円を集めて勝利。同年8月、湾岸戦争が勃発すると、小沢はペルシャ湾に自衛隊を派遣することを模索した。「アジアへの配慮が必要だ」と反対する外務省や、ハト派である海部の慎重論を抑え、法案を提出させた(なお、この法案は野党の反対で廃案となり、後に国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律(PKO協力法)が成立)。ただしこの際の自衛隊派遣を断念した引き換えに行われた巨額の資金援助は結果的にアメリカ側から謝意が述べられなかったという事態も併せ、左右両派から強く批判されている。この頃は「ミスター外圧」などと呼ばれたマイケル・アマコスト駐日大使が首相である海部を飛び越えて小沢(や金丸)と直接協議することが常態化しており、日米構造協議でも大蔵省の強い反対を抑え、公共投資を10年間で430兆円とすることで妥結させている。こうした、首相を凌ぐ権勢や集金力から「剛腕」と称された。同年9月、金丸を代表とする北朝鮮訪問団(金丸訪朝団)に参加する。また大韓民国の盧泰愚大統領が来日した際には党役員会で強制連行等の戦後補償問題で「これ以上何を謝ればいいんだ。」と補償を拒絶したとも取れる発言したと報道され左派系団体から反発を呼んだ。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た伊藤元重

    『90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論』(五百旗頭真・伊藤元重・薬師寺克行編、朝日新聞社、2006年6月、ISBN 4022501634)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た胡錦涛

    「私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」2009年12月10日北京市内の人民大会堂で胡錦涛中国国家主席との会談において。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た野田佳彦

    2011年8月の菅退陣に伴う民主党代表選挙では各候補者が投票権のない小沢に支援を要請、「小沢詣で」と大きく注目された。この際、次期代表による処分の扱いも争点となった。2009年衆議院選挙公約修正反対の立場から鳩山由紀夫と連携を取りながら小沢グループとして海江田万里を支援したが、海江田は決戦投票で野田佳彦に敗れ、小沢の党内における求心力低下が指摘された。2011年8月30日の衆議院の内閣総理大臣指名選挙では刑事被告人ながら1票を獲得した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

615件中 61 - 70件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード