745件中 71 - 80件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た輿石東

    2009年の民主党政権誕生後は、公明党・創価学会との連携を窺わせる言動をしばしばとっている。2010年(平成22年)2月26日に小沢が輿石東参議院議員会長と共に創価学会幹部と会談したことが報じられたが3月3日記者会見でそれを否定したが基本的に菅直人や仙谷由人のような創価学会批判の急先鋒とは一線を画している。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た藤井裕久

    池上彰によると、説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘されているという。渡部恒三は「小沢君の周りからいつも人が離れていくのは人間性のせいだ。小沢君が「五+五=は七だ」と言った時いいえ「五+五=十」ですよと言い返す相手とは付き合わなくなる。ずけずけ言い返したりコントロールできるのは僕だけだった。新しい党を作る時は小沢君が必要だ。しかし党が出来ていれば小沢君は邪魔になる。その繰り返しだ。」と評している。小沢から離反した者として、杉山憲夫・熊谷弘・船田元・岡田克也・二階俊博・野田毅・小池百合子・西川太一郎・高橋嘉信・渡辺秀央・大江康弘・西村眞悟・藤井裕久・中塚一宏・階猛・黄川田徹・平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た福島瑞穂

    選択的夫婦別姓制度導入について、福島瑞穂の質問に対し、「基本的に賛成である」と述べた。一方、2014年の朝日新聞による調査では、「どちらとも言えない」としていたが、2017年の同調査では、「どちらかといえば賛成」としている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た勝海舟

    田中角榮を「オヤジ」として慕い、政治のイロハと人生の薫陶を受けたと語る。それは「どぶ板」とも言われる、人口密度の低い農村部から始め有権者の家を一戸一戸回っていく地道な選挙活動を決して怠らない事をオヤジから学んだという。歴史上の人物では、福澤諭吉を日本文明の祖として尊敬し、勝海舟や坂本龍馬にも一定の理解を寄せ、西郷隆盛を尊敬するものの、政治家・人物としては大久保利通を目指していると述べた。戦前歴代内閣総理大臣で尊敬する人物は原敬である。また、司馬遼太郎の小説を愛読している。漫画では弘兼憲史『加治隆介の議』やジョージ秋山『浮浪雲』のファンで、特に『浮浪雲』では「選・小沢一郎あちきの浮浪(はぐれ)雲傑作十選」という本も出版されている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た森裕子

    12月、総選挙の惨敗を受けて、小沢系議員と未来の党代表の嘉田由紀子らとの対立が表面化した。嘉田らが離党する形で生活の党に改称し、側近の森裕子が代表に就任した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たアントニオ猪木

    自衛隊海外派遣のような懸案を抱える中、ねじれ国会のもとで政権運営を行うためには野党の協力が必要であるため、国対族の金丸のつてで小沢は公明党と民社党に接近する。両党との協力の一環として、第12回統一地方選挙における東京都知事選挙で、自民党東京都総支部連合会が推す現職の鈴木俊一に代わり、新人の磯村尚徳を擁立する。しかし粕谷茂をはじめ、当時の自民党都連幹部が鈴木を支援したこともあり、90万票近い大差で敗北した。なお、この都知事選公示直前に出馬に意欲的であったアントニオ猪木と会談して出馬を断念させたが、多額の金銭が動いたと一部メディアに報じられた。小沢が指揮した統一地方選挙全体では自民党の勝利であったものの、小沢は海部に自ら申し出て、都知事選の責任を取り党幹事長を辞任した。この辞任は公明党・民社党に義理を立てた形にもなり、自公民路線の維持に寄与し、また後の非自民連立政権におけるワン・ワン・ライスの伏線ともなった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たさいとうたかを

    『劇画 橋本龍太郎VS小沢一郎?激闘譜』(さいとうたかを著、日本フローラルアート出版局、1991年、ISBN 4930831008)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た姫井由美子

    2009年11月10日、姫井由美子らをともなって高野山・金剛峰寺を訪問し、当時の全日本仏教会会長で高野山真言宗の松長有慶管長と会談した際、キリスト教とイスラム教が共に排他的であると断じ、「(排他的な)キリスト教を背景とした文明は、欧米社会の行き詰まっている姿そのもの」と批判すると同時に、「仏教はあらゆるものを受け入れ、みんな仏になれるという、非常に心の広い度量の大きい宗教・哲学」だと述べた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た松沢成文

    『拝啓小沢一郎党首殿』(松沢成文著、ごま書房、1997年、ISBN 4341017748)小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た胡錦涛

    「私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」2009年12月10日北京市内の人民大会堂で胡錦涛軍委主席との会談において。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

745件中 71 - 80件表示

「小沢一郎」のニューストピックワード