前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示
  • スチャダラパー

    スチャダラパーから見た小沢健二小沢健二

    1994年、小沢健二と共演した「今夜はブギーバック」が50万枚を超える大ヒット。「タモリのボキャブラ天国」のエンディングテーマにも採用され、お茶の間にラップ/ヒップホップを浸透させるきっかけを作った。スチャダラパー フレッシュアイペディアより)

  • Have a nice day!

    Have a nice day!から見た小沢健二小沢健二

    カップリングには、スチャダラパー&小沢健二の「今夜はブギー・バック」のカバーが入っている(HIPHOPアーティストでありながら、小沢健二の歌の部分だけを歌っている)。Have a nice day! フレッシュアイペディアより)

  • 今夜はブギー・バック (nice vocal)

    今夜はブギー・バック (nice vocal)から見た小沢健二小沢健二

    「今夜はブギー・バック (nice vocal)」(こんやはブギーバック ナイスヴォーカル)は、日本のミュージシャンである小沢健二 featuring スチャダラパーのシングル。今夜はブギー・バック (nice vocal) フレッシュアイペディアより)

  • 蘭華

    蘭華から見た小沢健二小沢健二

    愛し愛されて生きるのさ(作詞・作曲:小沢健二、編曲:綾部健三郎) - 小沢健二のカバー。蘭華 フレッシュアイペディアより)

  • ヒックスヴィル

    ヒックスヴィルから見た小沢健二小沢健二

    神奈川県出身。小沢健二やノーナ・リーヴス、キリンジ、ホフディランなど多くのミュージシャン、バンドのライブ及びレコーディングなどにコーラスで参加している。ヒックスヴィル フレッシュアイペディアより)

  • 木暮晋也

    木暮晋也から見た小沢健二小沢健二

    大阪で生まれ、小3から親の仕事の転勤により福島県郡山市に移住。高校1年時、エレキギターとカセットMTRを購入後すぐ自宅録音でオリジナル曲を製作。学友らとエレクトロポップユニットを結成するがすぐに解散。上京後1986年に宗像淳一、高桑圭、白根賢一とワウワウ・ヒッピーズを結成。ネオGSシーンの中ではサイケデリック且つニューウェーブな存在でジーザス&メリーチェイン初来日公演(芝浦インクスティック)の前座を務めるなど多くのライブを行ったがメンバーの脱退などにより短命で解散。ワウワウ・ヒッピーズのメンバーを母体とした形で1989年に真城めぐみ、中森泰弘、片寄明人、高桑圭、白根賢一らとロッテンハッツを結成。カントリー、モダンフォーク、ジャグバンドなどアメリカンルーツミュージックを土台としたアコースティックサウンドでシーンに登場。音楽性を広げながらアルバム3枚をリリースした。1994年のロッテンハッツ解散後、真城、中森と共にヒックスヴィルを結成。同バンドでは作詞作曲を多く手がけ、ソニーレコードから発売された1stアルバム「TODAY」はエバーグリーンミュージックと評され各所で話題に。3rdアルバム「マイレージ」には元はっぴいえんどの松本隆とかせきさいだぁが詞を提供。(片寄明人、高桑圭、白根賢一はGREAT3を結成)また2000年にはフィッシュマンズの茂木欣一らとMariMari rhythmkiller machinegunを結成。2012年にはかせきさいだぁとのユニット、トーテムロックの作品をリリース。近年はカフェやフェス、台湾などで自身のソロLIVEも行いながら、ギタリストとしてフィッシュマンズ、オリジナル・ラブ、小沢健二など多くのアーティストらのサポートギタリストとして活動中。セッション参加作ではスライドギターの名演も多い。2015年には15年振りとなるヒックスヴィルのアルバムをリリースした。木暮晋也 フレッシュアイペディアより)

  • フリッパーズ・ギター

    フリッパーズ・ギターから見た小沢健二小沢健二

    原型は、小山田圭吾(当時は「圭悟」、ボーカル、ギター)と井上由紀子(本名「由起子」、キーボード)の二人で結成したバンド「Pee Wee 60's」。この二人以外のメンバーが脱退したことを機に「ロリポップ・ソニック(Lollipop Sonic)」へ改名し引き続きライブハウスなどで活動。二人でのライブを数回、行なった後に吉田秀作(ベース)、荒川康伸(ドラムス)が加入。最後に小沢健二(ギター、サイドボーカル)が加わり、五人編成となる。当初はネオGSの枠で捉えられていた。メジャーデビューの際、「フリッパーズ・ギター」と改名した。フリッパーズ・ギター フレッシュアイペディアより)

  • でんぱれーどJAPAN

    でんぱれーどJAPANから見た小沢健二小沢健二

    「でんぱれーどJAPAN」(でんぱれーどジャパン)は、でんぱ組.incの楽曲。小沢健二が1995年に発表した楽曲「強い気持ち・強い愛」のカバーと両A面で、でんぱ組.incの4枚目のシングル「でんぱれーどJAPAN/強い気持ち・強い愛」としてMEME TOKYOから2012年5月23日に発売された。でんぱれーどJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

    アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)から見た小沢健二小沢健二

    「アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)」(アルペジオ (きっとまほうのトンネルのさき))は、日本のシンガーソングライター小沢健二の21枚目のシングル。2018年2月14日にVirgin Musicよりリリースされた。アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先) フレッシュアイペディアより)

  • 強い気持ち・強い愛/それはちょっと

    強い気持ち・強い愛/それはちょっとから見た小沢健二小沢健二

    「強い気持ち・強い愛 / それはちょっと」(つよいきもちつよいあい / それはちょっと)は、小沢健二の7thシングル。1995年2月28日に東芝EMIより発売。強い気持ち・強い愛/それはちょっと フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示