125件中 21 - 30件表示
  • 落下女

    落下女から見た小沢健二小沢健二

    オープニング曲(CM前にも流れていた) 「ラブリー」小沢健二落下女 フレッシュアイペディアより)

  • グラスハート

    グラスハートから見た小沢健二小沢健二

    読者の間では藤谷直季のモデルは小沢健二説と小室哲哉説が大半だが、若木未生は特に実在人物の想定はしていないと述べている。グラスハート フレッシュアイペディアより)

  • 音楽と人

    音楽と人から見た小沢健二小沢健二

    また、対談企画も多く行っており、大槻ケンヂ×小沢健二のダブルけんじ対談、hide×小山田圭吾の美学系vs渋谷系対談、SOFT BALLET解散後に行われた森岡賢×藤井麻輝。近年では、清春×ken、甲本ヒロト×峯田和伸、浅井健一×チバユウスケ、yukihiro×藤井麻輝×今井寿など、他誌ではやらないような異色対談を実現させた。音楽と人 フレッシュアイペディアより)

  • Aira Mitsuki

    Aira Mitsukiから見た小沢健二小沢健二

    2010年11月17日、3rd Album『???(スリークエスチョン)』を新レーベルD-TOPIA UNIVERSEよりリリース。「HAN JAE HO,KIM SEUNG SOO,AN JUN SUNG」が楽曲提供し、「環ROY」とのアーティストコラボを実現。さらに、小沢健二の「愛し愛されて生きるのさ」をカヴァーしている。そしてAlbum発売に伴い、TOWER RECORDS限定店舗企画「はてなショップクローリング」、Aira Mitsuki LiVE TOUR 2011 「???」を6都市で開催した。Aira Mitsuki フレッシュアイペディアより)

  • スウィート・リヴェンジ

    スウィート・リヴェンジから見た小沢健二小沢健二

    ヴォーカルはアズテック・カメラのロディ・フレイム。音が「70年代初期」の印象を与えている。製作中の仮タイトルは「OZAKEN」(小沢健二の意)。ループしているように聞こえないが、実はループさせている。当時、ループしながらの録音は珍しく、時代を先取りした手法であった。スウィート・リヴェンジ フレッシュアイペディアより)

  • さかいゆう

    さかいゆうから見た小沢健二小沢健二

    5. 今夜はブギー・バック (NICE VOCAL) (小沢健二 featuringスチャダラパー)さかいゆう フレッシュアイペディアより)

  • CAMERA TALK

    CAMERA TALKから見た小沢健二小沢健二

    前作と違って全曲日本語詞となり、小山田圭吾と小沢健二の二人の手によって制作され、これ以降の作詞・作曲はすべて二人名義の「Double K.O. Corp.」となる。録音はイギリスのAIRスタジオで行われ、海外のミュージシャンも多数参加している。音楽的には、ネオアコ寄りだった前作よりもさらにポップな音になり、様々なジャンルの音楽を取り込むことに成功している。本作の「恋とマシンガン」はドラマ「予備校ブギ」の主題歌に使用された。また最近では日産のマーチのCMでも使用されている。CAMERA TALK フレッシュアイペディアより)

  • GROOVE TUBE

    GROOVE TUBEから見た小沢健二小沢健二

    一方の小沢健二も、「ただね、ある日決意して悔い改めて作ったっていうんではないですよ。あくまでも自然の流れでこれが出てきたという」「だから、……僕らもともとネオアコだっていう意識ないし、もちろん“ロックは骨がなきゃあ”とか考える人たちではないし、“やっぱりオリジナリティ!”方面の人でもないでしょ? だからそういうフニャモラーな形でチンタラやってて今回みたいに“これは!”っていわれる時がくるっていう。これがフリッパーズですよ」と、インタヴューで答えている。さらに「この『グルーヴ・チューブ』はまだワキ毛を出しただけって感じなんですよ。これが出て、次のアルバムが出るまでの間っていうのはフリッパーズ・ファンは一番スリリングだと思う。その間にいろいろと考えてくれればいいなあ、と思う」「今までフリッパーズにピンと来た人って6万人いるんですよ、悪いけど。でも、ピンと来てるわけないんだよね、ただ売れただけで、絶対。だから……僕らが今までやってきた事に飽きたという、それ以外ないですよ。だけど、このシングルでようやく、ホント“ようやく”って感じですよ、わかる人がバッと増幅するっていうのはね……いよいよ次のアルバムは! ってとこなの。そうなんです、ホント」と、このシングルの真意について答えていた。GROOVE TUBE フレッシュアイペディアより)

  • three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった

    three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかったから見た小沢健二小沢健二

    なお、本アルバム収録曲は、ほとんどがロリポップ・ソニック時代の曲で構成されている。このアルバムを出した直後にメンバー3人が脱退し、小山田圭吾と小沢健二の2人のみが残った。three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった フレッシュアイペディアより)

  • Singles (フリッパーズ・ギターのアルバム)

    Singles (フリッパーズ・ギターのアルバム)から見た小沢健二小沢健二

    KENJI OZAWA guitars and vocalsSingles (フリッパーズ・ギターのアルバム) フレッシュアイペディアより)

125件中 21 - 30件表示

「小沢健二」のニューストピックワード