125件中 51 - 60件表示
  • 恋愛ディストーション

    恋愛ディストーションから見た小沢健二小沢健二

    同2巻第1話のサブタイトル『不意打ちガール暴走』 - 小沢健二の曲名『カウボーイ疾走』より。恋愛ディストーション フレッシュアイペディアより)

  • ROCKIN'ON JAPAN

    ROCKIN'ON JAPANから見た小沢健二小沢健二

    二代目編集長は山崎洋一郎。山崎が編集長を務めていた頃はバンドブームであり、編集長の山崎がフリッパーズギター、ニューエスト・モデルなどのいわゆる『硬派』なアーティストを取り上げ、同時期に在籍していた市川哲史がXやBUCK-TICKなどの後に『ビジュアル系』と呼ばれるアーティストを取り上げており、誌面は両極端な2種類のアーティストのページの取り合いとなってしまった。そのため、ロッキング・オン・ジャパンはパチパチやGBなどの当時の音楽雑誌の中ではマイナーな存在だった。まもなく市川はロッキング・オン社を退社し音楽と人を創刊。山崎の独裁体制となったロッキング・オン・ジャパンは1994年に判型をA5判に縮小し大リニューアルを行い、掲載アーティストを一気に絞った。リニューアルと同時のタイミングで起こった渋谷系ブームもあり、小沢健二、Cornelius、電気グルーヴ、ORIGINAL LOVE、スチャダラパーなどを積極的に取り上げ、部数を伸ばす。またデビュー当時からプッシュを続けてきたエレファントカシマシが1994年にレコード会社と契約を切られた上、所属事務所が解散してしまったときにはエレカシ復活のため一役かい、ブームのきっかけを作る。1990年代後半のヴィジュアル系ブームを殆ど無視し、THE YELLOW MONKEY、thee michelle gun elephant、くるり、中村一義、SUPERCAR、ナンバーガールなどを積極的に取り上げた。ROCKIN'ON JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • Miss YOKOHAMADULT

    Miss YOKOHAMADULTから見た小沢健二小沢健二

    のちに小沢健二がこの曲へのリスペクトを込めて、カバーでは無く同タイトルのオリジナル曲「いちょう並木のセレナーデ」を作った。1994年リリースの小沢のオリジナルアルバム『LIFE』に収録。Miss YOKOHAMADULT フレッシュアイペディアより)

  • 東大一直線

    東大一直線から見た小沢健二小沢健二

    ミュージシャンの小沢健二など、本作を読んだことが東大志望する動機になった学生がいた。東大一直線 フレッシュアイペディアより)

  • ワイルドリーガー

    ワイルドリーガーから見た小沢健二小沢健二

    芸大出身の異色の選手で、語尾に「?なのサ(ハートマーク)」とつける。過去の名選手をリスペクトしており、近藤和彦の天秤打法や、山森雅文のサーカスキャッチといった技を使いこなす。大人しい優男風の物腰だが、実は浅野や秋葉にも劣らぬ熱血漢の一面を持つ。モデルはミュージシャンの小沢健二ワイルドリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 下河辺孫一

    下河辺孫一から見た小沢健二小沢健二

    弟の下河辺三史は芦田均の娘婿で日製産業(現・日立ハイテクノロジーズ)の社長を務め、次女の牧子はドイツ文学者の小沢俊夫に嫁いだ。ミュージシャンの小沢健二は俊夫・牧子夫妻の次男なので下河辺孫一の孫にあたる。山下汽船(現・商船三井)常務や山栄船舶社長等を歴任した漆野寿一は孫一の義弟。下河辺孫一 フレッシュアイペディアより)

  • 下河辺建二

    下河辺建二から見た小沢健二小沢健二

    孫に下河辺牧場代表の下河辺俊行、心理学者の小沢牧子、元嘉悦大学助教授の下河辺元春、音楽プロデューサーの下河辺晴三らがおり、曾孫にはミュージシャンの小沢健二らがいる。下河辺建二 フレッシュアイペディアより)

  • Olive

    Oliveから見た小沢健二小沢健二

    小沢健二 - 1990年代の本誌によく登場していた。1994年(平成6年)から1997年(平成9年)まで「DOOWUTHYALIKE」を連載。Olive フレッシュアイペディアより)

  • 下河辺元春

    下河辺元春から見た小沢健二小沢健二

    ミュージシャン・小沢健二の母・牧子(心理学者)は、下河辺の従姉にあたる(牧子の父・下河辺孫一は元春の父・三史の兄にあたる)。下河辺元春 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢牧子

    小沢牧子から見た小沢健二小沢健二

    慶應義塾大学文学部卒業。筑波大学名誉教授・ドイツ文学者の小澤俊夫と結婚、次男が小沢健二。義弟に小澤征爾がいる。国立精神衛生研究所を経て千代田区立教育相談室に勤務。のちに和光大学非常勤講師を務める。夫とともに小澤昔ばなし研究所を運営。2000年から「下河辺牧子」の名で『子どもと昔話』に連載もしている。カウンセラーやセラピストの必要性に疑問を投げかけている。小沢牧子 フレッシュアイペディアより)

125件中 51 - 60件表示

「小沢健二」のニューストピックワード