169件中 71 - 80件表示
  • プラダ

    プラダから見た小沢健二小沢健二

    痛快ウキウキ通り (小沢健二の楽曲。歌詞に「プラダ」が出てくる)プラダ フレッシュアイペディアより)

  • カジヒデキ

    カジヒデキから見た小沢健二小沢健二

    小沢健二 - プライベートでも親交が深い。カジヒデキ フレッシュアイペディアより)

  • ワンカップ大関

    ワンカップ大関から見た小沢健二小沢健二

    1971年(昭和46年)にはワンカップの好調を見た他の清酒業者が続々とカップ酒を発売した。大関は、1973年にはラベルの裏側に日本の風景などの写真をカラー印刷した「ワンカップフォト」が入った商品を発売し、TVCMには当時若者に人気が高かった田宮二郎、萩原健一などのタレントを登場させた。1990年代は田村正和と中島みゆきが共演したCMも話題になった。この他、田村は小沢健二、かとうれいことそれぞれCMで共演した。ワンカップ大関 フレッシュアイペディアより)

  • DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-

    DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-から見た小沢健二小沢健二

    PERFORMED BY FLIPPER'S GUITAR; KEIGO OYAMADA (vo,g) and KENJI OZAWA (g,vo)DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔- フレッシュアイペディアより)

  • GROOVE TUBE

    GROOVE TUBEから見た小沢健二小沢健二

    一般的に“ネオアコ”とカテゴライズされていた前作『CAMERA TALK』からの大幅な路線変更と解釈された今作について小山田圭吾は「べつにそんなこと言ったら『カメラ・トーク』だってネオアコかっつったら、べつにネオアコじゃないっていう……。わかんないけど。それよりも、もっとなんか、僕らの手法とかそういうことがもっと明確になったなあっていう」「だから、あれはサンプラーを駆使して作ったっていう。今回はもうヒップ・ホップの方法論みたいなのがばっちり僕らにハマッちゃったなって気がして。すごい、いい加減なんですけどね。イメージ・サンプリングって言うか」と、インタビューで答えている。また、小山田が雑誌『WHAT's IN?』“SELF LINER NOTES”掲載のために「『このフリッパーズ・ギター史上最もパワフルなシングルは、激しく腰をシェイクするB'zのリズム。布袋を思わせるハードエッジなギター・サウンド。時にクールで、時には熱くハートを締めつけるヴォーカルは氷室のようだ。巷で話題のマンチェスター・サウンドの取り入れ方は、日本一のマンチェスター通ゴーバンズか電気グルーヴか。どこかコミカルで裏がありそうな歌詞はユニコーンのと肩を並べ、それでいて骨太なところが往年のパンタを思わせるが、ロックという型に納まりきらないザ・ブームに通じ、大江千里のような隣のお兄さん的素顔がのぞく。BUCK-TICKゆずりの頽廃美とも相まって、KANのに勝るとも劣らない、“頑張れよ、寂しいのはお前だけじゃないんだぞ!”と万人にアピールする優しさをよりリアルにかもし出す1曲となっており、宇都宮美穂さえバンドブームに巻き込むことでしょう。買って』(フリッパーズ・ギター)」という文章を執筆している。一方の小沢健二も、「ただね、ある日決意して悔い改めて作ったっていうんではないですよ。あくまでも自然の流れでこれが出てきたという」「だから、……僕らもともとネオアコだっていう意識ないし、もちろん“ロックは骨がなきゃあ”とか考える人たちではないし、“やっぱりオリジナリティ!”方面の人でもないでしょ? だからそういうフニャモラーな形でチンタラやってて今回みたいに“これは!”っていわれる時がくるっていう。これがフリッパーズですよ」と、インタヴューで答えている。さらに「この『グルーヴ・チューブ』はまだワキ毛を出しただけって感じなんですよ。これが出て、次のアルバムが出るまでの間っていうのはフリッパーズ・ファンは一番スリリングだと思う。その間にいろいろと考えてくれればいいなあ、と思う」「今までフリッパーズにピンと来た人って6万人いるんですよ、悪いけど。でも、ピンと来てるわけないんだよね、ただ売れただけで、絶対。だから……僕らが今までやってきた事に飽きたという、それ以外ないですよ。だけど、このシングルでようやく、ホント“ようやく”って感じですよ、わかる人がバッと増幅するっていうのはね……いよいよ次のアルバムは! ってとこなの。そうなんです、ホント」と、このシングルの真意について答えていた。GROOVE TUBE フレッシュアイペディアより)

  • 下河辺俊行

    下河辺俊行から見た小沢健二小沢健二

    祖父は日本鉱業(現・JXTGエネルギー)の社長を務めた下河辺建二。叔父は日製産業(現・日立ハイテクノロジーズ)の社長を務めた下河辺三史。三史の妻は元内閣総理大臣・芦田均の長女。姉・牧子はドイツ文学者の小沢俊夫と結婚した。ミュージシャンの小沢健二は俊夫・牧子夫妻の次男で、俊行の甥にあたる。下河辺俊行 フレッシュアイペディアより)

  • ラブリー (曲)

    ラブリー (曲)から見た小沢健二小沢健二

    「ラブリー」は、小沢健二の5枚目のシングル。1994年11月23日に東芝EMIより発売された。ラブリー (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 下河辺孫一

    下河辺孫一から見た小沢健二小沢健二

    父・建二は大阪府の医師・下河辺俊斎の次男、弟は芦田均の娘婿で日製産業(現・日立ハイテクノロジーズ)の社長を務めた下河辺三史。妻・敏子は三沢信一の次女。三沢の三女はイギリス文学者の藤島昌平に嫁いだため、孫一と昌平は義兄弟となった。小説家・評論家の藤島泰輔は昌平の甥。孫一・敏子夫妻の次女・牧子はドイツ文学者の小沢俊夫に嫁いだ。ミュージシャンの小沢健二は俊夫・牧子夫妻の次男なので下河辺孫一の孫にあたる。山下汽船(現・商船三井)常務や山栄船舶社長等を歴任した漆野寿一は孫一の義弟。都市計画家の下河辺淳は従弟。下河辺孫一 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢牧子

    小沢牧子から見た小沢健二小沢健二

    筑波大学名誉教授・ドイツ文学者の小澤俊夫は夫。夫の間に2男。長男はキヤノンに勤務、次男はシンガーソングライターの小沢健二。義弟に指揮者の小澤征爾がいる。小沢牧子 フレッシュアイペディアより)

  • GOOD MUSIC

    GOOD MUSICから見た小沢健二小沢健二

    R・ケリーや、小沢健二など数々の作品を手掛けてきたエンジニア、Herb Powers Jr.によるマスタリング。GOOD MUSIC フレッシュアイペディアより)

169件中 71 - 80件表示