前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見た東京スカパラダイスオーケストラ

    グランプリ(東京スカパラダイスオーケストラ。2曲目で小坂忠の「しらけちまうぜ」にボーカルとして参加。1995年6月1日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小泉今日子

    JR東日本・房総バケーション(房総ビューエクスプレス)(1993年) - 小泉今日子、NARGOと共演。CMで歌っていた曲は未発売。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小澤征悦

    父はドイツ文学者の小澤俊夫。父方の親族は、祖父に戦前の民族主義者・小澤開作、伯父に彫刻家の小澤克己、叔父に指揮者の小澤征爾および俳優の小澤幹雄、従弟に俳優の小澤征悦、従妹に作家の小澤征良(どちらも征爾の子)らがいる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た田村正和

    大関・ワンカップ大関(寒い冬編、さんま、正月)(1996年) - 田村正和と共演。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小澤征爾

    父はドイツ文学者の小澤俊夫。父方の親族は、祖父に戦前の民族主義者・小澤開作、伯父に彫刻家の小澤克己、叔父に指揮者の小澤征爾および俳優の小澤幹雄、従弟に俳優の小澤征悦、従妹に作家の小澤征良(どちらも征爾の子)らがいる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小山田圭吾

    小さい頃から音楽や文学に熱中し、特に当時放送されていた歌番組『ザ・ベストテン』は下位20位までチェックする熱の入れようだった。兄が通っていたという理由により、私立和光中学校へ進学し、小山田圭吾と出会う。系列の和光高等学校には行かず、神奈川県立多摩高等学校を受験して進学。部活動ではバンドを組んでいた。当時家庭でのしつけが厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めると小遣いのようなものが出たこともあって、勉強は頑張った。現役合格した早稲田大学には入学せず、一浪して東京大学文科III類に入学。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たスチャダラパー

    フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル「天気読み」でデビュー、1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。これによって小沢の名が一層広く知れ渡ったほか、日本でのラップ・ミュージックやヒップホップのポピュラー化を促すこととなった。日本のヒップホップも参照。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たウゴ・チャベス

    1998年2月8日放送の番組『知ってるつもり?!』(淡谷のり子特集)にコメンテーターとして出演して以降、テレビへの出演は一切行っていない。一度は再開したかに見えたミュージシャンとしての活動も事実上引退状態となっており、現在はアメリカを生活の拠点に南米などで環境問題に基づくフィールドワークを行っているという。実際、たとえば父・小澤俊夫の責任編集による季刊誌『子どもと昔話』で小説『うさぎ!』を執筆しているが、その内容は現代の資本主義末期の欺瞞に満ちた社会を風刺するもので、子どもたちが主人公となっている。ベネズエラのウゴ・チャベス大統領やプラスチックの再利用など、重いテーマが選ばれている。25号(2005年10月発売)から連載を開始し、1話目のみ公式サイトで公開されていたが、2007年に同サイトが閉鎖された。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た東日本旅客鉄道

    JR東日本・房総バケーション(房総ビューエクスプレス)(1993年) - 小泉今日子、NARGOと共演。CMで歌っていた曲は未発売。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た幻冬舎

    小谷野敦 著 『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集』幻冬舎〈幻冬舎新書〉、2007年9月30日第1刷発行、ISBN 978-4-3449-8055-6、47-49頁小沢健二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示

「小沢健二」のニューストピックワード