120件中 91 - 100件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見たテレフォンショッキング

    2014年3月20日には『森田一義アワー 笑っていいとも!』に「テレフォンショッキング」ゲストとして16年ぶりにテレビ出演し、「ぼくらが旅に出る理由」「さよならなんて云えないよ」「それはちょっと」「ドアをノックするのは誰だ?」の4曲をギターで弾き語り演奏した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たアンビエント

    2006年3月8日、『Eclectic』以来約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムとして、全曲ボーカルレスの『毎日の環境学: Ecology Of Everyday Life』をリリース。エレクトロニカ、クラブ・ジャズ、ラウンジ・ミュージック、インストゥルメンタルR&B、アンビエントといったジャンルに分類される作風。参加ミュージシャンは、Vincent Chancey、Marty Ehrich、Erik Friedlander、Arron Heick、Steve Kahn、Steve Nelson、Adam Rogers、Benjamin Love、Kenny Seymourなどのジャズミュージシャンのほか、Mike Hampton(ファンカデリック)等のメンバーが名を連ねる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たある光

    ある光※ (SCD:1997年12月10日、12inch:1998年1月1日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た刹那 (小沢健二のアルバム)

    刹那 (2003年12月27日) - アルバム未収録曲集小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たポンキッキーズ

    子ども向けTV番組『ポンキッキーズ』にて発表した曲。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た今夜はブギーバック

    フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル「天気読み」でデビュー、アルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たVILLAGE "the video"

    VILLAGE "the video"(1995年9月20日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た大分県立美術館

    「魔法的」ツアーの最中、金沢21世紀美術館と大分県立美術館でのみ行われた小沢による弾き語りのみのライブ。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た富士見高原スキー場

    1997年8月23日・24日、富士見高原スキー場(長野県)で開催されたジャズ・フェスティバルの24日の公演に、渋谷毅オーケストラをバックバンドに従え出演した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た東京大学大学院総合文化研究科・教養学部

    小さい頃から音楽や文学に熱中し、特に当時放送されていた歌番組『ザ・ベストテン』は下位20位までチェックする熱の入れようだった。兄が通っていたという理由により、私立和光中学校へ進学し、小山田圭吾と出会う。系列の和光高等学校には行かず、神奈川県立多摩高等学校を受験して進学。部活動ではバンドを組んでいた。当時家庭でのしつけが厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めると小遣いのようなものが出たこともあって、勉強は頑張った。現役合格した早稲田大学には入学せず、一浪して東京大学文科III類に入学。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示