3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
120件中 111 - 120件表示
  • 小沢健二

    小沢健二から見た暗闇から手を伸ばせ

    暗闇から手を伸ばせ (1993年12月1日)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た幻冬舎新書

    小谷野敦 著 『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集』幻冬舎〈幻冬舎新書〉、2007年9月30日第1刷発行、ISBN 978-4-3449-8055-6、47-49頁小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た器楽曲

    2006年3月8日、『Eclectic』以来約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムとして、全曲ボーカルレスの『毎日の環境学: Ecology Of Everyday Life』をリリース。エレクトロニカ、クラブ・ジャズ、ラウンジ・ミュージック、インストゥルメンタルR&B、アンビエントといったジャンルに分類される作風。参加ミュージシャンは、Vincent Chancey、Marty Ehrich、Erik Friedlander、Arron Heick、Steve Kahn、Steve Nelson、Adam Rogers、Benjamin Love、Kenny Seymourなどのジャズミュージシャンのほか、Mike Hampton(ファンカデリック)等のメンバーが名を連ねる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たバースデイ ボーイ

    バースデイ ボーイ(c/w「夜と日時計」)(1992年5月21日) - 表題曲、カップリング共に小沢健二の作。フリッパーズ・ギター解散の翌年、ソロデビュー前の仕事である。なお、カップリングの「夜と日時計」はシングル「暗闇から手を伸ばせ」のカップリングとしてセルフカバーされている。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た神奈川県

    1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の父・小澤俊夫と、心理学者の母・小沢牧子の次男として生まれ、父親の仕事の都合ですぐにドイツへと引っ越す。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た長野県

    1997年8月23日・24日、富士見高原スキー場(長野県)で開催されたジャズ・フェスティバルの24日の公演に、渋谷毅オーケストラをバックバンドに従え出演した。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たプラスチック

    1998年2月8日放送の番組『知ってるつもり?!』(淡谷のり子特集)にコメンテーターとして出演して以降、2014年まで16年間テレビ出演がなかった。一度は再開したかに見えたミュージシャンとしての活動も事実上引退状態となっており、現在はアメリカを生活の拠点に南米などで環境問題に基づくフィールドワークを行っている。実際、たとえば父・小澤俊夫の責任編集による季刊誌『子どもと昔話』で小説『うさぎ!』を執筆しているが、その内容は現代の資本主義末期の欺瞞に満ちた社会を風刺するもので、子どもたちが主人公となっている。ベネズエラのウゴ・チャベス大統領やプラスチックの再利用など、重いテーマが選ばれている。25号(2005年10月発売)から連載を開始し、1話目のみ公式サイトで公開されていたが、2007年に同サイトが閉鎖された。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た小澤克己

    父はドイツ文学者の小澤俊夫。父方の親族は、祖父に戦前の民族主義者・小澤開作、伯父に彫刻家の小澤克己、叔父に指揮者の小澤征爾および俳優の小澤幹雄、従弟に俳優の小澤征悦、従妹に作家の小澤征良(どちらも征爾の子)らがいる。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見たApple Music

    Tokyo, Music & Us 2017-2018 (Apple Music)小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た南アメリカ

    1998年2月8日放送の番組『知ってるつもり?!』(淡谷のり子特集)にコメンテーターとして出演して以降、2014年まで16年間テレビ出演がなかった。一度は再開したかに見えたミュージシャンとしての活動も事実上引退状態となっており、現在はアメリカを生活の拠点に南米などで環境問題に基づくフィールドワークを行っている。実際、たとえば父・小澤俊夫の責任編集による季刊誌『子どもと昔話』で小説『うさぎ!』を執筆しているが、その内容は現代の資本主義末期の欺瞞に満ちた社会を風刺するもので、子どもたちが主人公となっている。ベネズエラのウゴ・チャベス大統領やプラスチックの再利用など、重いテーマが選ばれている。25号(2005年10月発売)から連載を開始し、1話目のみ公式サイトで公開されていたが、2007年に同サイトが閉鎖された。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
120件中 111 - 120件表示